2008年09月16日 (火) | Edit |
宇野千代著「天風先生座談」二見書房より (67)


それは泥棒もした。詐欺もした。それは、お国のために
しなければならないことだから、軍事探偵に、泥棒するな、
詐欺するなと言ったら、軍事探偵を止めっちまわなきゃ
ならない。

軍事探偵というから、何かあなた方、派手に聞えるけれど
も、詐欺して、泥棒することだけが、軍事探偵なんですよ。

あきれた顔して、私の顔を見られても、私こまりますけれ
ども、したことはしたと申しあげますよ。


だって、国際法上、疑わしきは殺せ、というんだから。
いまの日本の刑法は、疑わしきは罰せず。

ところが国際法だけは、スパイらしいな、スパイじゃないかな、
と思ったら、うむと言わせず、調べる必要はない。すぐにポン
と殺せばいいわけです。

ですから、能うかぎりの手段で、いわゆるじぶんが軍事探偵で
あることをカムフラージュする、つまり詐欺しなければならな
い。苦力になってみたり、大道商人になってみたり、豚買いに
なってみたり、これ詐欺ですよ。

詐欺とは詐(いつわ)り欺(あざむ)くと書く。そうして、泥棒は
もうしょっちゅう。敵情の偵察。敵の軍備の状態の一切をこち
らに、そのままを司令部に報告するように、調書をしたため、

特に重要な秘密に関する書類や地図類は、能うかぎりの手段を
講じて、それをこっちにちょうだいしなければならない。

ちょうだいするという言葉は非常にきれいな言葉ですが、ふん
だくるんでありますから。ね、ふんだくらなければとれやしな
いもの。

「恐れいりますが、手前は日本のスパイでございますが、お客
様の持っていらっしゃるこの地図ですがな、これはどうも、日
本の方で欲しいんでございます、ちょうだい出来ませんか、」
なんて言ったら、一ぺんに殺されてしまいます。

私のこの五年間に、こんなことは自慢になりませんけれども、
加藤清正以上に、人を殺した数は多いだろうと思います。です
から、私のことを人斬り天風だといった。

ほかには取りえはないが、そうだな、人を斬ることだけは、
普通の人間が魚を切るよりも上手だなんて。つまらないことを
自慢させられちゃって、

そんな時ははべつに、顔は赤くはならないけれども、
こまったな、と思います。やむにやまれずなんだもの。




次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
墓におしっこをしたら罰が当たるか
「人斬り天風」という異名をとった天風さんは
実際のところ傷ついたでしょうか?


ご批判を恐れずにろくろくの考えを述べるとすれば、
天風さんは殆ど傷つかなかったのではないでしょうか。

広島に原爆を落としたアメリカ人のパイロットは、
一瞬にして約二十万人の命を奪ったわけですが、
特に傷ついた風もなく元気で長生きをしている様子を
TVで見たことがあります。

私のごく身近に、第二次大戦中パイロットだった人が
いますが、河を渡っている敵の隊列を発見して、銃撃
を加えたところ「河が見る見る真っ赤に染まっていった
のを鮮明に覚えている」と話していましたですね。

「お前なんか大嫌いだ」と言っただけで、自責の念に
さいなまれて自殺する人もいれば、天風さんや、原爆を
落としたパイロットのように沢山の人を殺戮しても平気
な人もいるのではないでしょうか。

私は、人殺しを決して是認しているわけではありませんが
「事実は何か」ということを、冷静に観察する必要がある
と思うのです。

福沢諭吉でしたか「墓におしっこをしたら罰が当たる」と
言われて、密かにお墓におしっこをかけてみたがなんとも
なかった、と語っていました。

問題は外にあるのではなく、自分の内側にあるということ
だと思います。「罰が当たる」と思ったら罰が当たるのだ
と思います。「罰が当たらない」思っている人は当たらな
いのです。

そういったところを、天風先生は自らの体験を通して完全
に掴まれたのだと思うのです。



2008/09/16(Tue) 18:03 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
映画の中ではないのですね・・
ものすごい人は何をやっても ものすごいのですね。

泥棒や詐欺、はては殺人が仕事をまっとうするためには仕方なかったとはいえ、魂は相当傷ついていたことでしょうね。たとえ意識に昇らなくても・・・・。

痛々しいことを聞きました。

しかし、これだけのことをしてきたからこそ、生きる方向が劇的に変化した時、多くの人を救いに導くことができたのでしょうね。世の中の仕組みは計り知れません。

聞いてるだけで、血のりが体中べっどりした感じがしてきました。遠いところで、口をカーと開け、その中が真っ赤な人が、突然やさしい顔をして、「おいしいものをあげるから、こっちにおいで」といわれて、足がすくみ、立ち往生している子供みたいな感覚がして、悪い夢の中みたいな気分になりました。

気分を変えようっと。外はきれいな青空。思い切り空気をすってきますね^^
2008/09/16(Tue) 08:19 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック