2008年09月08日 (月) | Edit |
H. サダーティッサ著 桂紹隆・桂宥子訳「ブッダの生涯」立風書房より(39)


経典に記されているような仏教用語で表せば、
ブッダの教えは無味乾燥で、近寄りがたくみえるであろう。

しかし、ブッダが師として、僧団の指導者として日々活動
する様子を伝える逸話や、ブッダ自身が説いた例え話の中で、
彼の教えは生き生きとするのである。

またそこで時折り、もの静かだがよそよそしくなく、
慈悲深いが感傷的でなく、鋭い知性をもちながら
良識に満ちたブッダの人柄に出会うことができる。


ブッダは、毎日の活動の中に思想と行動の統一を見事に
成しとげている。

涅槃を求めるガウタマの出発点は、人生は苦であり、
人はそれを避けることができず、
ただそれを乗り越えるだけだという自覚であった。

このテーマは彼の生涯にたびたび登場する。
そのうちもっとも有名な逸話は、子どもに先立たれた
母親とカラシ種の物語である。

裕福な家庭の娘キサーゴータミーは、サーヴァッティーの
金持ちの商人と結婚した。ふたりの間にできた最初の子どもが、
一歳のころ病気にかかり、医者を呼ぶ前に死んでしまった。

キサーゴータミーは悲しみに我を忘れて、子どもを生き返ら
せる薬を知らないかとたずねながらサーヴァッティーの通りを
さまよい歩いた。

人びとはただ無視するか、気違いだと思って笑うだけで、
彼女を助けようとする者は誰もいなかった。ついに、キサー
ゴータミーはひとりの賢者に会って、次のように教えられた。

「この世にただ一人あなたが求める奇跡を行なえる人がいます。
その人はブッダといい、今ジェータヴァナ僧院におられます。
そこに行って、助けてもらいなさい。」

キサーゴータミーはブッダの許へ行き、子どもの亡がらを彼の
足元に置くと、自分の悲しい物語を告げた。

彼女の話をじっと聞いていたブッダは、次のように告げた。
「友よ、あなたの苦悩をいやす方法が一つだけあります。
町へ行って、まだ死人を出したことがない家を探し、
カラシ種を一粒もらってきなさい。」

キサーゴータミーは、大喜びですぐ町へ出かけた。最初に見か
けた家に立ち寄ると、言った。「まだ死人を出したことがない
家から、カラシ種を一粒もらって来なさい、とブッダに言われ
ました。」

「残念ながら、この家ではたくさんの人が死んでいます。」
次の家に行っても「家では数えきれないほどたくさんの人が死
んでいます。」と答えられた。

三軒目、四軒目と町じゅうをたずねまわっても、ついにブッダ
の条件を満たすことはできなかった。そこで彼女は、はじめて
ブッダが意図したこと、つまり、すべてのものに死は必ずやっ
てくることを悟ったのである。

この悲しい現実を受け入れたキサーゴータミーは、子どもの亡
きがらを墓地に葬ると、僧院にもどって行った。

するとブッダはたずねた。
「カラシ種を持ってきましたか。」



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
するとブッダはたずねた
「カラシ種を持ってきましたか。」

このつづきは、明日までお待ちいただくとして、
やまんばさん。

「ろくろくさんのお人柄も、なんだか(ブッダに?)
似ているなあとやまんばは感じます」

有難いことです。この世にろくろくが釈尊に似ている
なんて言ってくださる人は、やまんばさん以外にはいら
っしゃらないしょう。

でも大丈夫ですよ。褒められても八風吹不動天辺月です
からね。


「 走れ! "RUN!" 」一人の男が人生を30秒で一気に駆け
抜ける爽快デジタルアニメーション!

というのをyoutubeで見つけました。ご覧ください。
なんといっても一人の男の人生が30秒で見れるというのが
ウリですよね。

http://jp.youtube.com/watch?v=Gk3-no1foTE

ついでにといってはなんですが、
「洗面所で寛ぐねこ」もどうぞ
http://jp.youtube.com/watch?v=1rq-JZ86-do

般若心経も沢山あります。
Buddhist Chant - Heart Sutra (Sanskrit) by Imee Ooi
http://jp.youtube.com/watch?v=-c9-XaA2f00

なんと大好きなラビシャンカールのものも沢山ありました。
Ravi Shankar - Raga Anandi Kalyan
http://jp.youtube.com/watch?v=4JjrWxun46M&feature=related


2008/09/08(Mon) 18:22 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ブッダの呼びかけ
昨日の登場人物には、「尼僧よ・・」今日は「友よ・・」そう、人から、呼びかけられると自然と心が開くと思います。本当にそう思っておられるから、なおさらです。
宇宙の法則を悟った人の言葉は智慧に溢れ、凍てついた人々の心を暖めるのですね。
必死で、訪ね歩くこのお母さんの状況が目の前に浮かびます・・・。何軒も何軒も町中を訪ねまわり、悟りの瞬間が訪れる。胸がつまりました。

もの静かだがよそよそしくなく、慈悲深いが感傷的でなく、鋭い知性をもちながら、良識に満ちたブッダの人柄に出会う・・本当にそう思います。

ろくろくさんのお人柄も、なんだか似ているなあとやまんばは感じます^^^。
2008/09/08(Mon) 08:35 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック