2008年08月21日 (木) | Edit |
ラマナ・マハリシ著 山尾三省訳「ラマナ・マハリシの教え」めるくまーる社より(41)


弟子 サマーディ(三昧)は何かの役に立つものでしょうか?
また、サマーディにあっては何かの想いが存在するのでしょうか?

マハリシ サマーディだけが真理を示すことができる。想いは、
実在にヴェールを投げかける。それゆえに、サマーディ以外の
状態にあっては、実在が実現されることはない。

サマーディにあっては「私は在る」という感覚だけがあり、
想いはない。「私は在る」という経験は、静かであることである。


弟子 私がここで得るサマーディあるいは静かさの経験を、
どうすればくりかえすことができましょうか?

マハリシ あなたの今の経験は、あなたが自分自身の内に見いだし
た雰囲気の影響によるものである。あなたはその雰囲気の外で同じ
ことを経験できるかね。経験は突発性のものである。それが永遠に
なるまで実修が必要である。

弟子 人はときに、自分の中心がいわゆる自分の外側にあり、しか
もそれが一切を含んでいるかに思われる、生き生きとした意識の閃
光を見ます。哲学的な概念などとは関係なしに、バガヴァン、

この稀有な閃光を自分のものとし、維持し、そして広げてゆくため
にはどうすればよいか、助言していただけましょうか?このような
経験におけるアビャーサ(実践)は隠遁を意味するのでしょうか?

マハリシ 外側とは! 誰に内側があり外側があるのかね。それら
は、主体と客体があるかぎりにおいて存在できるものである。
もう一度言うが、誰に対してその二つがあるのかね。

調べてみればすぐ、それがただ主体の中に溶けてしまうことがわか
るだろう。その主体が誰であるかを見よ。そのように探究すれば、
主体の彼方にある純粋な意識へと導かれてゆく。

いわゆる自分とは、心である。その心は限定されている。純粋な意
識は限定の彼方にあり、今述べた探究によって到達される。

「自分のものにする」――自己はつねにそこにある。あなたはただ、
自己の現われを妨げているヴェールをはぎ取らねばならぬだけのこ
とである。

「維持する」――ひとたびあなたが自己を実現すれば、それはあな
たの直接の即時の体験であり、けっして失われることはない。

「広げる」――自己には広げるということはない。それは常在であ
り、縮んだり広がったりするものではない。

「隠遁」――自己に住むことは孤独である。なぜなら、自己にとって
異郷的なものなど何もないからである。隠遁とは、ある一定の場所
あるいは状態から、他の場所あるいは状態に移ることにちがいない。

自己以外には、一定の場所もなければ他の場所もない。すべては自己
であるから、隠遁などは不可能であり、想像することもできない。

アビャーサ(実践)とは、本来の平和を妨げるものに対して予防処置を
とることを意味している。

アビャーサを講じようと講じまいと、あなたはつねにあなたの内なる
自然状態である。問いや疑いを棄て、あなたのあるがままにあること、
それがあなたの自然状態である。

次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
あなたのあるがままにあること
あるがままとは

「物事を変えようとしたり、何かあるいは誰かを、
あるがままとは別のものにしようとしないこと」

であります。ですからやまんばさんにとっての
あるがままとは

「いろんな色に染まっている思い込みの中にいる」
のが、あるがままということになるのではないで
しょうか? 

不自由でも、楽でも苦しくても、執着を手放すのは
本当にむつかしいし、勇気のいることであっても、
そうでなくても、自分の心の曇りを見つけるのは
根気のいることであってもなくても、

「あなたのあるがままにあること」

でよいのだということなのであります。




実践を講じようと講じまいと、あなたはつねにあなたの内なる
自然状態である。

問いや疑いを棄て、あなたのあるがままにあること、
それがあなたの自然状態である。


2008/08/21(Thu) 18:46 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
あるがまま
問いや疑いを捨て
あなたのあるがままにあること
それがあなたの自然状態である

あるがままにいる・・ことより・・案外いろんな色に染まっている思い込みの中にいるほうが 不自由ではあるが、楽かも?ふと、そう思いました。執着を手放すのは本当にむつかしいし勇気のいること。まして自分の心の曇りを見つけるのは根気のいること。

でもそういうことをいっては始りませんね^^
手放すことは苦しみを伴うけど、一度それをしたあと、気持ちはうんと楽になることを知りましたから・・(それがないと生きてはゆけないとさえ思っていましたが^^^)

あるがまま・・・捉えどころのない あるようでないようで  ぷわぷわ くにゅくにゅ びーろんびろん
 ころころ変化 ^^^^
        
2008/08/21(Thu) 07:16 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック