2008年08月11日 (月) | Edit |
宇野千代著「天風先生座談」二見書房より (51)


寝るなら寝なさいよ。寝床に何しに行くんだ。
考えに行くんじゃなかろうが。
あそこは考えごとは無用のところだ。

一日じゅう、昼の間に消耗したところのエネルギーを、
一夜の睡眠、夢ゆたけく眠ったときに、また蘇る、
盛り返る力をうけるところだ。

寝ている間、あなた方の命を守っていてくれている
造物主は、ただ守ってくれているばかりでなく、
疲れた体に、蘇る力を与えてくれている。


昔から言うだろう。「寝る子は育つ。よく寝る病人は治る。」
その力を受けようとする前に、眉に皺よせて恨んだり嫉んだり、
泣いたりするなんて、罰当たりなことはしないようにするんだ、
今夜から。

夜の寝がけは、どうせ何も知らない熟睡という境涯に入る前奏曲
なんだから、枕を頭につけているときは、心の中を、もう、共同
便所の壁みたいに汚くして眠るってェことは造物主の力をうけ入
れたいと願っている、人間のすることではない。

体に汚れがついたら、寝床にはいる前に、必ずきれいにしてから
はいろうとするだろう。「おい、おい、お前の鼻の頭に、墨がつ
いているよ。」「有難う。どうせ、明日の朝起きたら顔洗うから、
今夜はこのまま寝るよ。」ってェ奴はねェだろう。

男でも一所懸命、その鼻の頭をこすって、「どうだい、とれたかい」
「とれたよ。」と言うと、安心する。顔についた墨や垢はそれだけ
気にするのに、心の上には平気で垢つけて寝るんだよ。あなた方。

夜の寝がけは、それがたとえ嘘であってもほんとうでも、その考え
方が無条件に、われわれの潜在意識の中に、すっとはいって来る。
そういう作用が、どんな馬鹿にでも、クルクルパーにでもあるのです。

まして頭のいいあなた方のことだ。これを心理学では、特別無条件
同化暗示感受習性という。一ぺん聞いてもわからない。特別無条件
同化暗示感受習性。英語で言うと、スペッシャル・ラポー。

昼間、起きているときには、われわれの暗示感受習性というものは、
われわれが、ああ、いいな、これは共鳴するはわ、と感じたこと以外
のものは、潜在意識の中へはいらない。

やってごらん。気の弱い奴にむかって、いくら天風会の話を聞きたて
だといっても、天風会員でない奴のところへ行ってその話をしてやっ
ても、あなた方のことをきっと笑うだろう。

「何さ、あの人。かぶれているよ。狐でもついたんじゃないかしら」
と、決して受けつけない。むこうのアンテナが違うもの。そのかわり、
天風会員にむかって、世間の奴らのような弱いことを言ったって、
天風会は受けつけない。要するに、精神の持つアンテナが違うんだ。

ところが、夜の世界だけは、特に寝がけに、寝床の中にはいってからは、
この精神のアンテナというものは、無条件に、よいことでも悪いことで
も、もうすべてが、ちょうどあなた方の料簡と同じように、差別なく
はいりこんでしまう。

だから、いいことを考えるんだ。嘘でもいいから、俺は優れた人間だ、
俺は思いやりのある人間だ、俺は腹の立たない人間だ、俺は憎めない
人間だ、俺は焼きもちを焼かない人間だ。こう思えばいい。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
嘘でもいいからいいことを考える
特に夜の寝がけや、寝床の中にはいってからは、
無条件に、よいことでも悪いことでも、もうすべてが、
差別なく入りこんでしまう。


夜の眠りにつくときや、朝の起きがけは、
暗示が入りやすくなっていますから、
プラス的なことを思ったほうが絶対よい
ということですね。ですから、


嘘でもいいから、

俺は優れた人間だ、
俺は思いやりのある人間だ、
俺は腹の立たない人間だ、
俺は憎めない人間だ、
俺は焼きもちを焼かない人間だ。

こう思えばいい。ということですね。


2008/08/11(Mon) 19:38 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
やまんばさん
以前のように「忙しい」と感じなくなっている
自分がいます。今、できることを一つずつ、
味合いながらやっている自分がいます。

ふとんを干してる
ふとんを干してる
草をむしってる
草をむしっている・・・

しみじみうれしいことと感じています。


自分の思考や行動を客観的にながめることができて、
「以前のように忙しいと感じなくなっている」など
いろいろと成果が出てきてらっしゃるようでとても
ありがたいことです。


2008/08/11(Mon) 19:36 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
だから、いいことを考えるんだ!
ああ、いいな、これは共鳴するわな、と感じたこと意外のものは、潜在意識の中へはいらない・・・ここ、共鳴しました。あ~潜在意識にはいったのですね^^^

嘘でもいいからいいことを考える

やまんばはここに毎朝きて、いつもいいことを教えていただき、共鳴した言葉を葉書大に書き、教訓トイレに貼っています。

それでもつまずく時はつまずく!
******これでいいのだ。********


昨日のろくろくさんの紹介された「天才バカボン」の歌。おかしくて、哀しくて、やまんば心から共鳴して涙が出てまいりました。
「人生ノ一番下手ナ生キ方ヲ碌々トイウ(北川省一)」
ろくろくさんはきっといい方なのでしょうね。

今日から、娘の家族が里帰り。
しばらくお休みさせていただきます。
用事はいっぱいあるでしょうが、今現在のあの子たちを、しっかりと心に感じながら、過ごしてまいります。

以前のように「忙しい」と感じなくなっている自分がいます。今、できることを一つずつ、味合いながらやっている自分がいます。
「ふとんを干してる・・・・
ふとんを干してる^^、草をむしってる、草をむしっている・・・」
しみじみうれしいことと感じています。ありがとうございます。
2008/08/11(Mon) 08:54 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック