2008年08月05日 (火) | Edit |
H. サダーティッサ著 桂紹隆・桂宥子訳「ブッダの生涯」立風書房より(25)


ウパーリは、マハーヴィーラの高弟であった。

ブッダが、ナーランダー(後に有名な仏教大学が建った場所で、
今でもその旧跡を見ることができる)の近くに滞在していたとき、
ウパーリはブッダの説法を聞く聴衆の中にいた。

彼はたいへん感銘を受けて、ただちに弟子になりたいと申し出た。

彼のような人物を信者として迎えることは、まるで政府の大臣が
野党に加わるようなものであり、ブッダの側近中、政治的関心を
もつ人びとを興奮させたにちがいない。

しかし、ブッダ自身は、そういう考えに感心せず、
ウパーリを歓迎するどころか、次のように注意した。


「ウパーリよ、よく考えなさい。あなたのように高名な人物は、
早まった決断をしてはいけません。」

ウパーリは、自分の名声についてあまり謙虚でなかったとみえて、
ブッダの反応に驚いたが、なおいっそうの決意を固くしたのであった。

「もし、他の教団に私が加わりたいと申し出たなら、
『あの有名な人物が自分の信条を捨てて、われわれに加わった』
と自慢して、私を連れて町じゅうを行列して歩くことでしょう。
ところがあなたは、『よく考えなさい』と私に注意するだけです。」

ウパーリは、ブッダの率直さを称えて信徒の列に加わった。

もうひとりの劇的な帰依者は、後に熱心な布教者となったブンナである。
ブンナは、スナーパランタ島出身の商人であった(この島の位置はよく
わからないが、一部の学者はインドの西海岸におく)。

ブッダがサーバッティーのジェータヴァナ僧院に滞在していたあるとき、
ブンナはこの町に隊商を組んでやって来た。一日の仕事を終えて休んで
いると、大勢の人びとが僧院のほうへ行くのを見かけた。

なぜ僧院へ行くのかとたずねると、ブッダの教えを聞きに行くのだとい
う答えが返ってきた。他にすることもなく、ブンナはいっしょについて
行った。

彼の人生を変えたのは、この単なる好奇心からの行動であった。
というのは、ブッダの説法を一度聞いただけで、ブンナは現金も
これから売る商品も相棒の義兄に譲って正式な僧となったからからである。

多くの精神的修行を積んだ後、ブンナはブッダの教えを広めるために故郷
へ帰ろうと考えて、ブッダの許しを求めた。しかし、ブッダはすぐには
同意しなかった。その代わり、次のように少し風変わりな問答でブンナの
決意を試した。

ブッダ 「スナーパランタには未開で野蛮な種族が住んでいる。彼らはよこ
    しまで、獰猛で、乱暴で、残酷だ。また他人をののしり困らせる。
    もし、ののしられたり困らされたりしたら、君はどう思うか。」

ブンナ 「スナーパランタの人びとは善良で、紳士的な人びとだと思います。
    少なくとも私をなぐったり、泥を投げたりしませんから。」

ブッダ 「しかし、もし君をなぐったり、泥を投げたりしたら、どうか。」

ブンナ 「善良で紳士的な人びとだと思います。少なくとも、私を棍棒や刀
    で襲ったりしないからです。」

ブッダ 「しかし、もし君を棍棒や刀で襲ったら、どうか。」

ブンナ 「それでも善良で、紳士的な人びとだと思います。少なくとも、私
    の命を奪おうとしないからです。」

ブッダ 「しかし、ブンナ、もし殺されたらどう思うか。」



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
ブッダの説法
ウパーリにしても、ブンナにしてもブッダの説法を一回聞いた
だけで感銘して、ただちに弟子になりたいと申し出たのですから、
ブッダの説法の仕方が大変上手だったのだと思います。

ブッタとブンナの問答にしても、たたみかけるようにして話を
進めていくので、グイグイ引きこまれていきます。


やまんばさん、ジャイナ・ギャラリーにお気に入りの絵が一枚
見つかったそうで、よかったです。

十四の不可思議な夢の絵(二枚ある)では、円の中に十四の夢が描かれ
ていて、占星術師がその夢を解釈したり?する絵もあったりします。
http://narajin.net/g2data/main.php?g2_itemId=834

どの絵も物語を絵にしているようで、紙芝居みたいにして見せながら
説法したのかもしれません。
http://narajin.net/g2data/main.php?g2_itemId=577


2008/08/05(Tue) 17:35 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
教えを一度聞いたなら・・
このブンナさん自身が劇的に変わってしまったのだから、教えの言葉を一人でも多くの人に伝え、苦しみから救って差し上げたいと心底思われたのでしょうね。自分の幸せだけなら 幸せになれないのでしょうね。

勇気もいるし!聞かなければよかったけど、聞いて覚醒されたのだから・・、もう後戻りは出来ないのでしょうねえ。自分のことのように困りました。


ろくろくさんジャイナ・ギャラリーを開けてみました。一枚気に入ったのがあり印刷しました。定規を当てたような冷たい線ではなく、むしろ可愛い線や暖かみのある形に魅力を感じました。お気に入りにいれました。ありがとうございます。 

2008/08/05(Tue) 14:05 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック