2008年07月16日 (水) | Edit |
宇野千代著「天風先生座談」二見書房より (45)


「その病があるからこそ、同じインドに生まれても、
どんな身分の人でも、ヨガの研究をする家に生まれたもの
でなければ、俺のわきには来られないんだぜ。

それを偶然、旅の道連れにカイロでお前に会って、
私はお前をいかにも哀れだと思って、
ここへ連れて来てやった。

お前が学問のない人間なら、俺は連れてこなかった。
偉そうに、文明の都で相当の学問をして、

文明人から見るてェと、優れた人間である証拠の学位まで
持っている人間が、俺の目に映るてェと、
無学文盲の人間にしか見えない。


こういう人間、世の中に出したら、お前一人の不幸ではなく、
お前の周囲に群がる奴は、みんな不幸にすると思ったから、
俺はお前を連れてくる気になったんだ。

こういうところへ来て、真理によって、お前の魂が目覚める
ということを考えてみたら、このうえもない幸福じゃないか、
罰当たりめ。第一、お前は、喜ばねばならないことが一つある
のを忘れている。」

「何です。私が喜ぶことなんてあるでしょうか。」

「ある。」

「ありませんよ。ご親切に連れて来て下すったことは、有難い
と言えば有難いけれども、これもお頼みして連れて来て貰った
んじゃない。こんな山の中に、」

「お前、恨んでいるのかい。」

「恨みやしませんがね。有難いのとがあるというのが、私には
わからない。」

「あるよ。」

「何です。」

「生きていることだ。」

「えッ、」

「びっくらしたな。お前は死なずに生きているだろうが。熱があろ
うと、血を吐こうと、生きていることに、なぜ感激しないんだ。」

私はそれを反対に考えていた。生きているからこそ、この苦しみだ。
それじゃ死んでしまえばよかったんだが、死なないんですからね。

感謝しなければならないことを感謝しないでいるんだから、有難い
とは思いませんよ。罰当たりだったんだな、私は。

「死なずに生きている。この命に対して、なぜ有難いとは思わない。
もしも人間同士だったら、とおにお前は殺されているわ。」

「えッ、」

「そうじゃないかい。お前が一切のことを頼んだとする。頼んだ
とおりに、使いなら使いを頼んでからに、相手の人がそこに行って
くれなかったら、お前、誉めるかい。

重大な用事を頼んで、その人がよそへ遊びに行っちゃって、
お前の用事をしないで帰って来て、よそで遊んでて行かなかった
と言ったとしたら、

『ああ、いいや、いいや、ついでに気のむいたときに行ってくれ』
って言うかい。




次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
自分にマトを絞る
今日はろくろくさんのコメントが見たくて、夜ここにきました。いやあ、ありがたいコメントでした。なにがありがたいといっても、「相手をよく理解しようと努力するのはナンセンスです、やめましょう。」というところです。「私は私、あなたはあなた。と互いを尊重する」これならできそうです^^。そうしながら「自分の思考と感情を、より深くみつめていきましょう」
最後の、
「自己中心的なゆがんだ印象を(ありのまま)だと錯覚していることがあるぞ~」ドキッ>>>「投影のように無自覚、無意識に自分が抑圧したものを他者のせいにしているものもあるぞ~」困ったなあ、見え難いなあ^^^。ろくろくさんの表現がおもしろいかったです!ありがとうございました。
2008/07/16(Wed) 21:40 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
私は間違ったことが大嫌いです
トラブル・メーキングの元凶は、無自覚、無意識にある
と思います。

「私は間違ったことが大嫌いです」という人が一番の
トラブル・メーカーなんですよね。

なぜなら、その人に何か問題が起きたとき、すべて丸ごと
周りの人のせいになるからです。「間違ったことをしていない」
と思い込んだまま反省する気持ちがまるでないのですから、
迷惑千万です。

また、トラブル・メーカーは当然なことながら、自己観察力が
欠落している人でもあります。

これほどにも自分で自分を理解できていないのに
相手の立場に立とうとしたり、相手をよく理解しようと努力する
のはナンセンスです。やめましょう。

私は私。あなたはあなた。と互いを尊重しながら、自分の思考と
感情を、より深くみつめていきましょう。自分にマトを絞るのです。

自己観察において「ありのままに事実を見る」つもりでいるとき、
自分は「ありのままに事実を見ている」つもりなっていますが、
間違いです。

自己中心的なゆがんだ印象を「ありのまま」だと錯覚していることが
あるぞ~、「投影」のように無自覚、無意識に自分が抑圧したものを
他者のせいにしている場合もあるぞ~、と目を大きく見開いて、
目を皿にして観察をつづけましょう。



2008/07/16(Wed) 18:14 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
生きていればこそ!
起こる出来事や感情、全てじっくり味合っていこうと思います。毎朝ここで目の覚める思いです。忘れても忘れても毎朝意識をたたき起こされます。ありがたいことです。なぜなら、私はいきいきと生きていけるからです^^。
昨日のろくろくさんのコメントのゲシュタルト療法の(投影)、本当に見え難いです。
「他人から不愉快な感情をぶつけられていると感じるとき、自分の方が先にぶつけていることが結構あるものです」要注意ですねえ。本人は相手を傷つける気持ちはないからです。相手の立場に立つ・・むつかしいことです。相手をよく理解していかねばなりません。「私は あなたではなく、あなたは わたしではない」ややこしいかぎりです。
2008/07/16(Wed) 09:22 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック