2008年07月14日 (月) | Edit |
宇野千代著「天風先生座談」二見書房より (43)


いままであなた方。
生まれて始めて天風からこういう話を聞いて
いるんじゃないんだぜ。

天風のような説き方をする人は少ないかも知れないが、
学者や識者の本を読んだ場合にでも、

また、話を聞いた場合にでも、
宗教家のお説法聞いたときにだって、
みんな、一時的には感激したことがありゃしない?

そいつが、この中に(と頭に手をやって話す。)
はいってゃァしないもの。入れないがゆえに、
はいってないんだ。


アパートを借りに行ってからに、空き間がなければ
はいれないのと同じこと。

どんないいことでも、潜在意識の中は、ノー・ベケント・ルーム
なんだ。だから、何をおいても、まず、第一番に、潜在意識、
すなわち心の奥の、大掃除をやらなければいけないんだよ。

それが、観念要素の更改ということなんだよ。
人の顔の異なるごとく、潜在意識の中の観念要素の状態は
違っているけれども、これだけは言い得るんだ。

現代人は一応は、それぞれ違った観念要素をかならず持って
いるけれども、そいつがみんな、消極的な事柄ばかりだ。

だから、そこらでうろちょろ生きている人間どもは、
どんなに学問しようが、どんなに金が出来ようが、
この中を掃除しないかぎりは、

何か事がありゃ、すぐ、いままでの大言壮語はどこへやら、
哀れ惨憺たる状態にその心がなっちまうのであります。

この中に、よくないものがいっぱい詰まっているんだもの。
ね、言われれば簡単明瞭なことが、これほどにながい間、
苦心して研究した結果でないとわからなかった。

わからない筈だろ。あなた方のような、俊敏隼(はやぶさ)
のごとき賢明な頭脳をもっても知らなかったんだもの。

考えてごらん。いままであなた方は、私の話を聞くまでは、
自分自身のことをまんざら馬鹿だとは思ってなかったんだろう。
ねえ、思ってないどころか、まア、仲間の中ではだいたい俺が
一番悧巧だってェ顔していたんだけれどもね。

わたしもそのお仲間の一人だった。まず、俺くらいは、と思って
いた。インドへ行って、ぺしゃんこにされちまった。お前なんか、
形が人間であるだけで、人間らしい心はちっとももっていない、
とね。

腹が立ったよ。腹が立ったけれども、ほんとうだからしょうが
ないやね。しかし、私は決して、腹で思っていても、口では
そんなことは言いませんからご安心下さい。

私は礼儀を知っているから。
とにかく、この中を取り替えましょう。




次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
ゲシュタルト療法
やまんばさん「ゲシュタボセラピー」ではありません。
「ゲシュタルトセラピー」であります。

「ゲシュタルト」(Gestalt)は、ドイツ語で「かたち」「形象」をいう言葉。
直接は「ゲシュタルト心理学」から由来した言葉と思われるが、
その意味づけは参禅体験などと深くつながっている、そうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%88%E7%99%82%E6%B3%95

ですからナチスドイツとはまったく無関係です。

このセラピーでは、過去になにをしたか、それはなぜなのかを問うことはしない、
「今・ここ」で、「いかに」・話しているか、「なにを」・話しているかを問題にする。

それを気づき、体験すること、そこから全身全霊的な気づき、覚醒を目指し、
そこで自分自身であるという自由を取り戻すことを目的とする。



GESTALT GEBET
ゲシュタルトの祈り

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

Frederick Perls
フレデリック・パールズ

http://www.ieji.org/archive/das-gestalt.html


2008/07/14(Mon) 18:02 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ここに来てよかったです^^
一日に約30分~1時間、やまんばはこうしてここに座ります。ろくろくさんと私は、「町のねずみ」と「田舎のねずみ」みたいに感じます^^やまんばは本当に何にもしらない「ねずみ」ですが、こうして毎日いろんなことを教えていただいて、ためになるし、第一楽しいです。
昨日のろくろくさんの紹介の「心理的障害になる四つのメカニズム」 ・パールズのゲシュタボセラピー・
心を観ていくのにとても参考になりそうです。四つの中で、やまんばは特に①の取り込みが人間関係で多いなあと観ました。だから、絵をかいてバランスをとっているのだと理解できます。もちろん絵をかくのはそれだけの理由ではありませんが、やはり、誰からも干渉されず、白い画面に自己の心の思うままに一つの世界を創り上げていくことそのものが、心の解放になっているのだと思います。
本当に感謝です。ありがとうございます。
2008/07/14(Mon) 07:04 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック