2008年06月25日 (水) | Edit |
ラマナ・マハリシ著 山尾三省訳「ラマナ・マハリシの教え」めるくまーる社より(24)


弟子 人間にとって、霊的経験の最高目標は何でしょうか?

マハリシ 自己実現である。

弟子 結婚した人が自己を実現できるでしょうか?

マハリシ もちろん。結婚していようといまいと、
人は自己を実現することができる。
なぜなら自己は、今ここにあるからである。

もしそれが今ここになく、
いつかある時のある努力によって到達できるものであり、

新奇なもので外部から獲得するようなものならば、
それは追求する価値のないものである。


自然でないものは、永遠でもない。
つまり、私が言わんとしているのは、

自己は今ここにあり、
そしてひとりだということである。

弟子 海に飛びこむ塩人形は、防水コートで保護されては
いません。私たちが毎日苦労して生きているこの世は、
その海のようなものです。

マハリシ そうだ。心がその防水コートである。

弟子 そうだとすれば、仕事についている者が欲望を棄てて、
自分の孤独を保ち続けることができるでしょうか?
生活の務めは、瞑想に坐る時間や祈りのための時間でさえも
ほとんど与えてはくれません。

マハリシ そうだ。執着をもってなされる仕事は足枷である。
けれども、無執着でなされる仕事は、その本人に影響を
もたらさない。

彼は仕事をしていながら孤独であれる。あなたの義務に従う
ことが本当のナマスカール(ひれ伏すこと)であり……、
神に住むことが、本当の唯一のアサン(無執着)である。

弟子 私は家庭を棄てるべきではないのでしょうか?

マハリシ そうすることがあなたの宿命だったら、その問いは
出てこなかったはずである。

弟子 それではなぜ師は、青年の頃に家をはなれられたのですか?

マハリシ 神の意志によらずしては何ごとも起こらない。
人がこの世で歩く道は、その人のプラーラブダ(過去の行ない)に
よって決められている。

弟子 私の時間のすべてを事故の探究に捧げることはよいことで
しょうか?それが不可能なら、静寂を保つだけでもよいのでしょ
うか?

マハリシ あなたが他のいかなる目的も追わず、ただ静寂を保ち
うるなら、それは大変よろしい。けれども、他の目的を追いなが
ら静寂を保つのであれば、実現ということに関するかぎり何の意
味もない。人が余儀なく活動しているかぎり、自己を実現しよう
とする努力をあきらめてはならない。

弟子 人の行為は、その人の来世に影響を与えるでしょうか?

マハリシ あなたは今これから生まれるのかね。なぜ次の生のこ
となど考えるのだ。誕生もなく死もない、これが事実である。

生まれた者には、死について考えさせるがよい。
そしてその苦しみを緩和させるがよい。



(訳註)
塩人形――個我が溶解して、神、真理、あるいは自己(アートマン)
と一つになることを示すものとして、塩で作られた人形が本来の海
に溶けて消え去るたとえがよく用いられる。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
自己は今ここにあり、
そしてひとりだということである

根源的気づきである自己は、過去にも未来にもいない、
今ここにのみある不二なる存在だということなんですね。

しかし、このようにラマナ・マハリシの言葉を意訳しよう
とすると、実にしつこい感じになりますですね。

人がこの世で歩く道は、
その人の過去の行いによって決められている。

人がこの世で歩く道が、
過去の行いによって決められているのであれば
いたしかたないですね~

ビデオの件、忘れてください。^^


2008/06/25(Wed) 22:27 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
心に残った言葉
自己は今ここにあり、そしてひとりだということである

神に住むことが 本当の唯一の無執着である。

神の意志によらずしては何事も起こらない。人がこの世で歩く道は、その人の過去の行いによって決められている。

・・・・・

ろくろくさん、アーマラカの実の紹介ありがとうございました。ちょっと、食べてみたいと思いました。おいしそうに感じました。干した杏子みたいかなあと想像しました。それから、ビデオの件は今はあきらめました^^。私に必要があれば、見ることもあるかもしれない・・そう思いました^^。

2008/06/25(Wed) 09:28 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック