2008年06月21日 (土) | Edit |
宇野千代著「天風先生座談」二見書房より (40)


いまから五年前に、フランスの生理学者である
セリエ博士が、朝日新聞へ来てストレスの講演をした。

それで始めてストレスというものがあることに気がついた。
それまでは、全然気がつかないで、ただぼうっと生きている
人が多かったのです。

そこで、これから観念要素の更改について話しましょう。
これはまた、あなた方の多くが気がついていない。


人間の心でおこなう、この、思考というものですが、
心の表面では実在意識というものがおこなっている。

しかし、人間が何事を思うにつけても、考えるにつけても、
この心の表面の実在意識だけで、その単一な働きだけで、
ものを思ったり考えたりするものではないのであります。

実在意識の奥にもう一つ、潜在意識というものがある。
俗に心の倉庫と言います。この中で思ったり考えたりする
すべての材料が、観念要素と名づけけられて入っている。

何かものを考えようとすると、すぐこの観念要素が、ひょいひょい
と飛び出てきては、実在意識となる。そして、その思い方考え方に、
一連のアイデアを組み立てるのであります。

この侵すべからざる大きな事実を、静かに考えてみると、
人間の思い方考え方が、尊くなるのも、卑しくなるのも、
強くなるのも弱くなるのも、正しくなるのも清くなるのも、
結局はこの観念要素状態に左右されているということになる。

そういうことにたいていの場合、気がつかない。気がつかない
どころか、中には、自分の思い方考え方の間違っていることに、
同情している奴があるだろう。

「こういうときに、こういう考え方をしちゃいけないかもしれない
が、天風さんのように偉くなれゃいざ知らず、俺ァ凡夫なんだ。
おまけに人の身の上じゃない。自分の身の上だぞ。これが怒らずに
いられるかい。」そういって怒っている奴がある。

真理というものは事情に同情してくれず、また弁護もしてくれない。
「お前の場合は別だから、まァいいわ、心配しろ。しょうがないわな。
そのかわり、体に障らないようにしておけ。」なんて言ってはくれない。

事情はどうあろうとも、われわれの思い方考え方が少しでも消極的
である場合は、直ちに、われわれの生きる肉体のうえに、驚くべき、
よくない変化が現れて来る。これをたいていの人は知りませんよ。

お医者さんがだいいち気のつかない人が多いんだから。素人の気のつか
ないのは無理はないが、すこしでもわれわれの心の中に消極的な感情、
情念が起こるとね。

命を生かす上に欠くべからざる血液と淋巴とが、その性能のすべてが、
消極的な感情、情念の発生と同時に、ディストロイ(破壊)されてしまう。

これをご存じないでしょう。知らないから、平気で怒ったり、
泣いたり、恐れたり、憎んだり恨んだりしているんだよ。

怒ると血液は直ちに黒褐色になって、味わいが渋くなる。どうです。
悲しむと茶褐色になって味わいが苦くなる。恐怖の念が心に生じると、
血液はたちまち丹青色になって、味わいは酸っぱくなる。

色と味の違った血液と淋巴はどうなる。
血液の持っている大事な役目が、完全に遂行されない状態になる。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング





スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
1本に13000個のトマト:驚異のハイポニカ農法 
科学万博85(つくば博)日本館で展示されているのを見て
本当にびっくりしましたですね。たった1本のトマトに
10000個以上のトマトが鈴なりになっていたのですから~。


このハイポニカ農法は、故野澤重雄氏が開発したもので、
植物は本来無限の潜在能力を有しているが、土壌で育てることで、
土自体を含めてさまざまな障害(ストレス)にわざわいされている。

水気耕栽培でこの制約を取り除くことによって、
植物自体が持つ能力を最大限に引き出せるという発想に基づいています。


http://mukago.osakazine.net/e106147.html


もし人間がこのハイポニカ農法のように障害(ストレス)を取り除き、
「プラス思考」だけで能力を最大限に引き出して育てることが出来たら
どんなことになるのでしょうか?



2008/06/21(Sat) 19:58 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
感情で血液の色が変る・・・
不思議!びっくりしました。
怒ると・・黒褐色・・・渋い味
悲しむ・・茶褐色・・・苦い味
恐怖・・・丹青色・・・酸っぱい味

この関係を調べた人がおられるのですか!これがまたすごいです!

消極的な感情、情念の発生と同時に・・・ 命を生かすうえに欠くべからざる血液と淋巴とが、その性能の全てが、破壊されてしまう

プラス思考 マイナス思考、なぜ前者がよくて後者がいけないのか、具体的にわかりました!
昨日のろくろくさんの言葉のプレゼントを噛み締めていけば、血液の色は美しく、よどみなく体中をめぐり、健康維持につながるのですね!人間って不思議な動物なのですねえ・・感動しました。
2008/06/21(Sat) 07:10 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック