--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年01月10日 (火) | Edit |
川北義則著 こころが軽くなる「ひと言」処方箋 より

…こういう話がある。
車椅子生活の男の家に強盗が入った。
強盗はピストルを向けて
「壁に向かって立て!」と命じた。
男は足が不自由だと説明したが、
強盗は聞き入れなかった。
「立て!でないと撃ち殺す!」


こころが軽くなる「ひと言」処方箋―もう一つの生き方200の秘訣こころが軽くなる「ひと言」処方箋―もう一つの生き方200の秘訣
(1997/06)
川北 義則

商品詳細を見る


強盗の決意が固いことを男は肌で感じた。
とたん奇跡が起きた。
男は立ち上がって強盗の支持に従ったのだ。

人間の心の状態が、
いかに肉体に影響を及ぼしているかの
好例である。

われわれも考え方、心構えひとつで、
どんな人生も手に入れられる。

いまもし自分の人生が不本意だったら、
観点(考え方)がわるいのである。

「この世ではすべては観点にかかっているのである」
ウィリアム・ジェームス

↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング

スポンサーサイト
テーマ:♪元気になる♪
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。