2008年05月12日 (月) | Edit |
河合隼雄著「老いのみち」読売新聞社より (80)


老人の知恵というとすぐに想起する書物に
「易経」がある。

三千年も昔に中国で書かれた書物であるが、
今読んでもまったく素晴らしいものである。

現在では「易」というと易者のする占いの
ことと考える人が多いと思うが、

「易経」はもともとそのようなことを意図
したものではない。


人間が自然現象を見るときに、
山は山、川は川、
と別々に見るのが普通である。

それをさらに細かく細かく分類していって
区別を明らかにし、それらの関係を明らかに
してゆく、という見方がある。

そのような見方を洗練していったのが西洋近代
に起こった自然科学である。

これに対して、山も川もすべてを全体として把え、
そこに自然の流れとでも言うべき姿を見ようとする
見方がある。

そのような見方によって把握した根源的なイメージが
易経のなかに描かれているのである。これはまさに
老人の知恵と呼びたい性格を持っている。

ところで、易経の六四番目の卦は「未済」で、
文字どおり未だととのわず、話はこれからという
イメージである。

そのひとつ前の六三は「既済」で、ものごとすべて
成るというイメージである。

何だか変な感じだが、よく考えてみると、「既済」を
最後に置かず、あえて「未済」をもって終わりとする
ところに古代の知恵のの深さが感じられるのである。

それにならって、本書も
「未済」をもって終わりにさせていただく。




        完


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:哲学/倫理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
A.T #mQop/nM.さん
はじめまして

A.T #mQop/nM.さんの気持ち私にはとてもよく
わかります。

でもやまんばさんには分からないのだと思います。

昨日、私はやまんばさんのコメントに久しぶりに
憤慨しまして、年甲斐もなく声を荒げてしまいました。
ごめんなさい。

ところで私が何故憤慨したのか、やまんばさんにはまだ
わかっていないのではないでしょうか。

というのはわかっていれば、ここでぐちがでる場面では
ないはずなのですから。

人は多かれ少なかれ自分が考えたり、感じたりすることが
正しいと思ってしまうものです。

特にやまんばさんは思い込みが激しくて、
「そもそも家に一日中居ることが耐えられない」
と私がウイット(気のきいた会話や文章などを生み出す
才知。機知。とんち)のつもりで云ったとしても、

この言葉をやまんばさんはその時の第一印象だけで
受けとめてしまうのだと思います。

「そもそも家に一日中居ることが耐えられない」
というのはどういう意味ですか、とか聞いてみる
ことをしない。

聞かれたら、ろくろくは、ただ「ぬれ落葉」なんて
思われるのがいやだから、その気持ちを強調して
いってみただけなんです。と答えたかもしれません。


しかしながら、やまんばさんがとても純粋であると
いうのは確かだと思います。純粋なのは時に迷惑な
こともありますが、私は嫌いではありません。



ですから、A.T #mQop/nM.さん、やまんばさんのこと
どうぞ許してあげてください。

実年齢はもう還暦近いおばあさん?ですが、
少女のように純粋にわけがわからないのだと思うのです。

A.T #mQop/nM.さんのおっしゃるようにもう少し
コメントを「冷静に読み直していただきたい」のも
たしかですね。


2008/05/12(Mon) 22:39 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
空に白い雲が漂っている
「上を向くと  本当に  雲ひとつない 青空です 」


やまんばさんに私がいま一番気に入っている言葉を
プレゼント。


心をリラックスさせよう。
心をリラックスさせ、広げてみよう。
空と溶け合わせてみよう。

空に白い雲が漂っている。
それに気が付くためには、
何の努力も要らない。

身体のなかに感情が漂っている。
それに気が付くためには何の努力も要らない。

思考が心のなかを漂う。
それにも気が付いている。

雲が漂い、感情が漂い、思考が漂い、
あなたはそれに気が付いている。

ケン・ウィルバー


2008/05/12(Mon) 21:21 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
雲ひとつない 青空です
今日は朝五時に起きて家族で日帰りバスツアー
に行って参りました。で、先ほど帰って来た
ところです。

おお~!A.T #mQop/nMさんという新人が登場
ですね~。

その前に先ずやまんばさんのコメントから・・・・・

おばあちゃんの退院おめでとうございます。
よかったですね。

やまんばさんのコメントは時々私にはわけが
分からなくなるのですが、おばあちゃんの入院
とかがあって大変だったのかもしれません。が、

この「沈黙が金」の意味がよくわかりません。

なんども申し上げているように、ホントにご遠慮なく
「コメントは、休み休みでなさってください」

それとここでなぜやまんばさんがぐちってしまうのか
がわかりません。

マリアさんはマリアさんで、錬金術者さんは錬金術者さん
でまたチャンスがあればコメントされることでしょう。

だからといって、やまんばさんが責任を感じて無理して
がんばらなければならないわけではありません。


2008/05/12(Mon) 21:19 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
いつも楽しみに拝読させていただいております。が、今日の「やまんばさん」さんの

『~やまんばはお友達が出来て、うれしかったのに・・・。なんで!なんで!黙って行ってしまわれたの? 大人って、いろんな事情を考慮したら、「沈黙が金」になるようですね。さみしい限りです。ブログはそういう場所なのですね。黙って去るのがむしろ礼儀だと言われていましたね。変な世界です。実に実に変です。ここでの約束なんて、破られるためにあるのですね。いけない、ぐちってしまいました。皆さんごめんなさい。 上を向いて歩こう、涙がこぼれないように・・ ・』

いろいろな意味で読んでいて非常に不愉快でした。毎日「学んでいます。学んでいます」と、何を学ばれていらっしゃるのでしょうか?また、読み返して点検した上で公にされたのでしょうか?
ろくろくさんの寛容の精神で何を書くのも自由なのかもしれませんが、ここはあなたの日記帳ではないはずです。コメントする以上、せめて冷静に読み直していただきたい。翌日「すみませんでした」はもうよしていただきたい。
また、冷静に判断してもこの内容でアップしたのなら、この素敵な場所を汚さないでいただきたいです。
2008/05/12(Mon) 14:33 | URL  | A.T #mQop/nM.[ 編集]
未済
今朝はからりと晴れて気持ちのよい日の幕開けです^^。
ばあちゃんは二週間入院して、昨日退院。
今朝起きたら、昨日のことはすっかり忘れて唖然としました。
日々新たなり^^
さあ、やまんば、今日もぼちぼちいきますよ。

未済・・希望のある言葉です。
    人生これから!
    未知であるから、生きていけます^^。
    
ろくろくさん、性格が未熟なやまんばを怖がらないでコメントしてくださいね。やまんばも時々コメントはお休みしながら、いきますね^^。
コメントするのがいいのやらどうやら・・・、わからなくなりました。マリアさんも、錬金術者さんも黙っていなくなりました。やまんばはお友達が出来て、うれしかったのに・・・。なんで!なんで!黙って行ってしまわれたの?
大人って、いろんな事情を考慮したら、「沈黙が金」になるようですね。さみしい限りです。
ブログはそういう場所なのですね。黙って去るのがむしろ礼儀だと言われていましたね。
変な世界です。実に実に変です。
ここでの約束なんて、破られるためにあるのですね。
いけない、ぐちってしまいました。皆さんごめんなさい。

上を向いて歩こう、涙がこぼれないように・・

上を向くと  本当に  雲ひとつない 青空です


2008/05/12(Mon) 09:28 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック