--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月28日 (月) | Edit |
ラマナ・マハリシ著 山尾三省訳「ラマナ・マハリシの教え」めるくまーる社より(6)


19 無執着とはどういうことでしょうか?

想いが起こったとき、その想いの根をあますところなく
完璧に消滅させてしまうこと、それが無執着である。

真珠採りは腰に石をしばりつけて
海の底に潜り、そこで真珠を採る。

私たちは無執着とともに自分自身の内に潜り、
自己という真珠を手に入れなければならない。


20 神および師(グル)は、魂の解脱をもたらすことは
できないのでしょうか?


神および師(グル)は、ただ解脱への道を示すだけだろう。
神やグルは、自分で弟子を解脱の境地に連れてゆきはしない。

神とグルが別のものではないということは、真実である。
虎の顎にくわえられた獲物逃がれるすべがないように、

グルの慈悲深い目の内に入った者は、グルによって救われ、
見棄てられることはないだろう。

けれどもひとりひとりは、神あるいはグルによって示された道
を自分自身の努力で追求し、やがて解脱を得なければならない。

人はただ自分自身の知識の目によってのみ、自分自身を知ること
ができる。他者の目によってではない。ラーマ神がラーマ神で
あることを知るために、鏡の助けを借りる必要があるだろうか。


21 解脱を願うものにとって、世界の構成要素(タットヴァ)
を探究する必要があるでしょうか?

台所のゴミを棄てるのに、その中身が何であるか調べたり分析
する必要は少しもない。同様に、自己を知ろうとする者には、
世界の構成要素の数をかぞえたりその性質を調べたりする必要
はない。

彼がしなくてはならないことは、自己を覆い隠しているすべての
ものを、構成要素などというものともどもにぬぐい去ることで
ある。世界はひとつの夢のようなものと見なされるべきである。


22 眼が覚めているのと、夢を見ていることに違いはない
のでしょうか?

眼が覚めている状態は長く、夢は短い。この他には何の違いも
ない。眼覚めている間に起こるできごとが真実と思われるように、
夢の中のできごとも夢の中では真実のように思われる。

夢の中では、心は自分のものではない身体に宿っているかのこと
く装っている。眼が覚めている状態と夢の両方の状態にあって、
想い、名前、形が同時に現れてくる。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
おはようございます^^
あれ?今朝はろくろくさんがまだ来ておられないですね。めずらしいことですね。
昨日の無執着のろくろくさんのコメントの中で一番印象に残ったのは
嘘・怠惰・怒り・後悔なども「執着」である・・・・
・・これは執着という正体が見つけやすく入り口になるとおもいました。

執着とは「わがもの」という観念をもち、それにこだわることでもある。

自分のもの わがもの・・この世には一つも存在しないのだなあ・・ココッ わすれないように暮らしていこう
2008/04/29(Tue) 06:22 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
無執着
執着は苦しみの主要な原因と考えられた。


「人々は、わがものであると執着したもののために悲しむ。
所有しているものは常住ではないからである。」

 また、この世の苦しみは死と強く結びついている。

「ああ、この命の短いこと。百歳にならないうちに死ぬ。
かりに、それより長生きしても、いずれは老衰のために死ぬ。」

「世の人が生存への渇望にとらわれ、ふるえているのを、わたしは見る。
世俗の人々は、それぞれの生存への渇望からはなれられず、死に直面
して泣く。」


安らぎへいたる生活を送るために、どのような心をもち、
どのように行動すればよいのであろうか。

たとえば、名声・財産・食物・衣服・異性などに「執着するな」
ということである。
また、嘘・怠惰・怒り・後悔なども「執着」であるからこれらを
よくよく観察せよという。


「世の中の種々さまざまな苦しみは、執着を縁として生ずる。」

「無知なまま、執着する人は、愚か者で、くりかえし苦しむ。
苦しみの生起のもとを観察した智慧ある人は、執着してはならない。」

 執着とは「わがもの」という観念をもち、それにこだわることでもある。
したがって、どんなものについても、「わがもの」という考えをもつことが
否定される。

「(何かを)わがものであると執着して動揺している人々を見よ。
(かれらのありさまは)ひからびた流れの水の少ないところにいる
魚のようなものである。」


「無所有、無執着。それが(老いと死という激流に対して避難所となる)洲に
ほかならない。それを安らぎと呼ぶ。それは老いと死の消滅である。」





2008/04/28(Mon) 18:08 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
肝に銘じる言葉でした。
私たちは{無執着}とともに自分自身のうちに潜り、{自己}という真珠を手に入れなければならない。
2008/04/28(Mon) 15:04 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。