2008年03月26日 (水) | Edit |
ティク・ナット・ハン著「微笑を生きる」春秋社より (53)


私たちが食卓について、食欲をそそるおいしい料理を
目の前にしているときでも、飢えに苦しむ人々の痛みに
気づくこころを育てることができます。

毎日四万人の子どもたちが飢えで栄養失調になり、
いのちを落としています。この数字は毎日の数字です。

こういった数字を耳にすると、
ショックを受けずにいられません。

自分の食卓の料理を深く見つめたみたら、
私たちをはぐくんでいる母なる大地が見えるし、


土地を耕して穀物を作る農家の人も見えるし、
また飢えや栄養失調に苦しむ人も見えてきます。

私たち北アメリカやヨーロッパに住む人間は、
第三世界から輸入した穀類その他の食べものを
日常的に食べています。

たとえば、コロンビアからコーヒー、ガーナから
チョコレート、タイからおいしいお米といった
ぐあいです。

しかし、これらの国々の子どもたちは、少数の
豊かな家庭の子をのぞいて、いま私たちが口に
しているような上等な食品を一度も見たことすら
ない、ということに気づいてください。

この人たちは、外貨を稼ぐため優良な産物を輸出用
に選別したあとの、あまったものしか食べられない
のです。食いぶちに困って、わが子を食べものがある
家に使用人として売る親だっているのです。

毎日の食事の前に、両手を合わせて日々の食事に
困っている子どもたちがいることに気づいてください。

これに気づいてはじめて、いまの自分の幸運に感謝
できるし、この世界にはびこる不平等の体制を変えて
ゆく方法を見つけてゆくこともできるのです。

……
豊かになりすぎた国の子どもに、どこの国でも、
みんながこのようにおいしくて栄養豊かな食事が
できるのではないことを教えるのは、たいへん
むずかしいことです。

しかし、この事実に気づくだけでも、私たちが持って
いるさまざまな心理的苦痛を克服する手助けとなります。

こころを静めてほかの人々へ思いを寄せる練習をしてゆけば、
助けを必要としている人に、どのように対してゆけばよいか、
やがてわかってくるはずです。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



テーマ:自己探求
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
百円うどん
わたくしも100円ショップファンでありまして
最近は日曜大工用品や事務用品はほとんど100円ショップ
で済ませてしまいます。で~~~いつのまにか我が部屋は
「100円ショップで気軽に買った不用品の山」になりそう
です。


あれ~何の話でしたっけえ~と、
「インドでは100円で三食食べられる」ということですか?

なるほどね~、もっとも香川の讃岐うどんのセルフうどんでは
「百円うどん」というのがありましたよね。確かこれはどんぶりや
箸を持参する必要がありました。でもこのインドの100円で三食
にはかなわないですね。



http://www.kk-report.com/issue/2003/1025e.html



2008/03/26(Wed) 20:05 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
北京2008手錠五輪運動
中国語版の「北京2008手錠五輪」のログマーク
(国境なき記者団提供)
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/07/img/m17460.jpg


わたくし、チベット人は同じ仏教国であるということからなのか
ダライ・ラマ十四世にも親近感があり、なんだかほっとけない気持ちです。

同じ気持ちの日本人は案外多いのではないでしょうか。それに比べると
中国人は今回の餃子事件にしてもどうも信用できません。


先日、ギリシャのオリンピアで24日、
北京五輪の聖火採火式中に妨害行為がありましたよね。
そのときに掲げてたのが「手錠オリンピック」の旗。

騒ぎを起こしたのは パリに本部がある「国境なき記者団」
のメンバー3人。 「国境なき医師団」というのは知って
いましたが「国境なき記者団」というのもあるのですね。

同団体は騒ぎの後、パリで声明を発表し、
「聖火が神聖だというなら人権はもっと神聖だ。
悲惨な人権状況を非難せずに、
中国に平和のシンボルである聖火を渡すことは許せない」
と強調。 機会がある限り抗議行動を続けると警告した。

また、同団体は18日までに、中国チベット自治区などの暴動で、
中国政府が外国人記者らの現場入りを妨げていると非難する声明を
発表している。

声明は、今月12日から同自治区などへの外国人記者らの立ち入りが
認められない上、香港メディアを含む25人の記者が自治区や隣接省
のチベット民族居住区から強制退去させられたと指摘。

こうした行為は中国が北京五輪招致の際に表明した報道の自由に関する
約束に違反するとし「中国政府は目撃者のいない場所で弾圧を準備している」
と批判した。


このような「国境なき医師団」の声明に呼応するかのように
フランスのサルコジ大統領は25日、中国のチベット問題をめぐる
北京五輪ボイコットの可能性について、

「あらゆる選択肢が開かれている」と述べ、
チベット自治区での弾圧が続いた場合、五輪開会式に参加しないことも
あり得るとの考えを示唆した。




2008/03/26(Wed) 19:27 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
百円の価値
インドでは一人のひとが一日三食食べられると聞きました。

毎日毎日四万人の子供たちが飢えで死んでいるのですね。

心を静めてほかの人々へ思いを寄せる練習をしてゆけば、助けを必要としている人に、どのように対してゆけばよいのか、やがてわかってくるはずです。

トホホ。。といえば不謹慎ですが、心の声が聞こえたら実行しなければなりません。小さなことでもはじめねばなりません。ケチると、何倍もの損害を被りますから・・
宇宙の法則はその点、はっきりと動いて作用いたしますから!お目こぼしはありませんものね。
2008/03/26(Wed) 07:17 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック