2006年03月24日 (金) | Edit |
A・スマナサーラ著「意のままに生きられる」ヴィパッサナー瞑想法 国書刊行会より(6)


・・・・・・
歩くときも何も判断しない。
ただ歩くことに集中するのです。

歩くときに判断しないと言われても
分からないとおもいます。
そこで、こういうふうに心の中で言います。

(小さく言葉を口に出してもいいし、
心に言い聞かすように声を出さなくてもかまいません)

「歩きたい」
「立ちます」
「左足」
「右足」と頭の中で
言葉で言うのです。


「左足」と言ったら
左足に意識を持っていって、
左足を前に出す。

「左足、上げます、運びます、降ろします」
と言って左足を降ろすのです。

それから、「右足」とまた頭の中で言葉で言うのです。
「右足」と言って、右足に意識を持っていく。
そして右足を心に感じながら、

「右足、上げます、運びます、降ろします」
と右足を降ろします。
右足を降ろしたらさらにまた、

「左足、上げます、運びます、降ろします」
とそういうふうに歩くのです。


そうやって三十分間歩くと、
それは立派な三十分の瞑想です。
とても簡単です。

こういうふうに歩くと皆さんは、
ものすごく気持ちがよくなったと
感じるはずです。

歩く瞑想のときには考えたり、
何も判断しないで下さい。

放っておくと人は、
四六時中頭の中であれやこれやと考えたり、
いろいろ判断してしまいます。

だからよけいなことを考えないように
頭をとことん忙しくしてしまうのです。

頭に判断させることをやめさせ
頭を忙しくするために、
自分がそのときにしている動作を
頭の中で言葉できちんと言うのです。

つまり、
左足、上げます、運びます、降ろします
右足、上げます、運びます、降ろします
と言葉で言ます。

目にはいろいろなものが映るでしょうが、
見ようとしないようにします。
ただぼーっとして、先ほど説明した要領で歩く。


もしも皆さんがなにかで悩んだりしたときは、
とりあえず五分間こうやって歩いてみてください。

先ほどまで悩みごとから
頭の中で火が燃えて
熱に浮かされたような感じだったのが、

頭のてっぺんから
すうっと静かになっていきます。
それは集中力なのです。

・・・・・・
このお釈迦様の歩く瞑想では、
大変な集中力がいとも簡単に
できてしまいます。

きょうから皆さんは、
歩くたびにこの瞑想をしてみて下さい。

自宅から駅まで行くときも、
世間話やよけいなことを考えるのではなく、
頭をリラックスさせて下さい。
頭を休ませてあげてください。


我々の頭は一分も休んではいません。
いつでも、欲で、苦しみで、燃えているのです。
歩く瞑想で、この火を消すのですね。

歩く瞑想だけでも実践すると、
皆さんは知らないうちに心が治ってしまって
どんどん元気になります。

心が治るとすごく活発になって、
どんどん智慧の方に心が行くのです。

わざわざ智慧の方に
もって行こうとしなくてもいいのです。
ごく自然に智慧が現れてきます。

この自分のいまのすべてを観察しながら
歩く方法を我々は瞑想と言うのです。
英語で言えば、Walking Meditation
歩く瞑想です。

・・・・・・
ですからきょうからこの歩く瞑想を
ぜひ実践してみてください。

でも皆さん忙しいときは早く歩きますね。
早く歩くときは、
「左足、上げます、運びます、降ろします」
とゆっくり言う時間がない。

その場合はどうするかといいますと、
「左足、右足、左足、右足、左足、右足」
と歩きます。

そうやって速く歩くときでも
やっぱり、心できちんと、
「左足、右足、左足、右足」
と感じないといけないのです。

・・・・・・
だいたい現代人は、
ほとんどみんな睡眠不足です。

でもこの歩く瞑想をやっていると、
脳が疲れなくなって
身体も疲れなくなります。

歩く瞑想ををして心が静かになった人は、
三時間寝ても、二時間寝ても、一時間でも、
もう十分なのです。

夢も何も見ないで、
すっと寝ることができ、
さっと目が覚めます。

低血圧で朝が苦手だなんていう人などの
血圧系のいろいろな症状も、
ぜんぶ治ります。

・・・・・・
心が静かに落ち着くと、
自然と身体は一番いい状態になるのです。

参照 アルボムッレ・スマナサーラ

↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。
にほんブログ村 哲学ブログへ精神世界 ランキング

スポンサーサイト
テーマ:♪元気になる♪
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
わたしは四六時中つまずいています。
やまんばさんいつもコメントありがとうございます。
ヴィパッサナー瞑想法は、いま自分がやっていることを言葉にするといいようです。掃除、掃除とか、ご飯を噛んでる、噛んでるとか、貧乏ゆすり、貧乏ゆすりとかね。気持ちを落ち着かせるのにとても役立ちます。
「一番勝ちたいと思っている人間が勝つ」はWBCの野球で日本が優勝したときの印象です。
2006/03/25(Sat) 14:56 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
最初はつまずくかも
でも、やってみます。それと、今日の言葉=一番勝ちたいと思っている人間が勝つのだ。ーーー今まで一番勝ちたいと思ったことがない、はなから、負けるが勝ちと、逃げていたように思う。今度勝負のチャンスがあったら、一番勝負で、遊んでみます。
2006/03/25(Sat) 08:00 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック