2008年03月17日 (月) | Edit |
宇野千代著「天風先生座談」二見書房より (4)

しかし、そうは言っても、科学時代の人間が、
科学によって研究されている医学を、
無視することは出来ない。

と言われるかも知れない。もちろん、
無視しちゃァいけません。

無視しろと言っているんじゃないんです。
医学に全生命をあずけることが、むしろ、
極めて策を得たものでない、という考え方で、
私は申し上げているのです。


それに、また、千歩万歩をゆずって
病にかかれば医者にかかる。

かかったら直ぐなおっちまったとしても、
だからといって、
何も物好きに病にかかる必要はないでしょう。

「町内にも医者が増えたし、病院も出来たんで、
ものはつきあいだ。あんまり大丈夫でいても、

あんた方に会ったときにきまりが悪いからよ。
たまには患おうじゃァねェか。」

という必要はないと思うがいかがでしょうか。

月に人工衛星が飛んで、
無人の飛行機が戦争しようという現代に、

生命に関する常識が、
いまだにかくのごとくに幼稚であることは、
これでも完全文化といえるでしょうか。

俗に命あってのもの種、と言いますが、
人生、人として生きる以上は、
みだりに死ぬことは許されません。

生きている以上は、あくまで頑健鉄のごとく、
真に強い生命を保ちながら生きるんでなくては、

人間として、ほんとうの生き甲斐は感じられない、
というものです。

これはあなた方ご自身が、ご自分でお考えください。
人生はやせ我慢や、から威張りや、屁理屈や、
ましていわんやドグマの自己断定では解決されない。

この肉体を生かしている瞬間瞬間が人生です。
ごまかしや、ひとりよがりが利かないのが、
この生命です。

この生命を、真に生き甲斐のある状態にするには、
道は法を知って達する、であります。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
医学に全生命をあずける
ことは無謀であると、天風先生はおっしゃっている
わけですね。


現代科学で生命のすべてを解明されている訳ではなく、
医者がすべての病気を治せるのでもないということ
なのです。


「人生はやせ我慢や、から威張りや、屁理屈や、
いわんや独断的な自己断定では解決されない」

「この生命にごまかしや、ひとりよがりは利かない」


この生命を、真に生き甲斐のある状態にするには
どうすればいいのかを、この機会にしっかりと学び
たいと思います。



2008/03/17(Mon) 17:50 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ごまかしやひとりよがりが利かない
この肉体を生かしてる瞬間瞬間が人生。

ごまかしや ひとりよがりが利かないのがこの生命です。
何度もここで目にしてます。
忘れるな!忘れるな!  と、教え導かれているように思います。

昨日のコメント、大変ありがとうございました。
花粉症にかんしては「亜鉛、純粋蜂蜜、葛根湯」なら、すぐにでもやれそうです。

それから、銀猫ページで遊んでみました。
(来世占い)
貴女はオーナー経営者です。
貴女は有名中華料理店のオーナーです。脱税に注意して私腹を肥やしましょう。料理の味は折り紙付きです。値段もリーズナブル、怖いものは税務署だけ。
・・・やまんばは天使に生まれ変わりたいと本気で思っているので、中華料理店に出没する天使になるのかなあ^^^^楽しそうだなあと想像しました。
それから、万物占いは
(あなたは電柱です)
貴方は電柱です。あなたは道路のわきに建ち町を見下ろしています。たまに犬がおしっこをかけていったり、酔っ払いが抱きついて蝉の真似をしていったりします。洪水や強風、自動車の突っ込み事故で倒れたりすることも稀にあります。そんな時は、電線が地面に接触し、放電火花をあげ非常に危険な状況となります。非常に大事な役目をしているわりには、景観を損なうとか、凧上げの邪魔とか言われ大切には思われていませんが本当に役に立つ存在なのです。

そう出ていました・・・^^^
楽しかったです。ありがとうございました。
2008/03/17(Mon) 12:39 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック