2008年03月13日 (木) | Edit |
河合隼雄著「老いのみち」読売新聞社より (60)


ユダヤのお話だったと思うが、
私の好きな話がある。

ある長老はいつも有り難い教えを
話されるので、多くの人が弟子と
なってそれを聴いた。

この長老があるとき、
「吠える犬は怖くはない」という
話をされた。


よく吠える犬はもともと臆病者なのである。
だから、ワンワン吠えたてる犬がいても、

それは決して噛みついてきたりはしないので
怖がることはない、と言われ、さすがに先生
はいいことを言われると関心した。

あるとき、長老が弟子たちと散歩をしておられると、
突然に大きい犬が現れて、ワンワンと吠えかかって
きた。

弟子たちは恐ろしいと思ったが、
先生の言われたことを思い出して
平静をたもとうとした。

ところが、長老の先生は弟子たちを置いて、
スタコラと第一番に逃げられたので、弟子たちも
びっくり、一緒になって必死に逃げた。

逃げおおせた後で、弟子の一人がどうして
長老が逃げたのか、おずおずとお尋ねした。

すると長老は、「吠える犬は噛みつかぬことは、
知っているし、私の教えは君たちもよくよく聴いて
いる。

しかし、ひょっとして、あの犬が私の教えを知らない
のではないか、と思うと不安になってきたので、
逃げたのだ」と言われた。

長老の教えは有り難いものであるが、
いつもそのとおり従う必要はなさそうである。




次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:哲学/倫理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
スノードロップ~春の予感~
スノードロップ(ガランツス・エルウィジー)
「今にも滴りそうな雪のしずくに似た純白の花を咲かせる植物」

なんてかわいい花でしょう。すっかり気に入ってしまいました。
いろいろ調べているうちに、高田美苗「妖精のかくれ家」という
ステキなサイトを見つけました。

そのなかに「スノードロップ~春の予感~」という妖精の絵が
ありましたよ。これがまたステキです。ほかに桜、水仙、
チューリップ、スイート・バイオレット、アイリスなどどれもよいです。



妖精のかくれ家
http://www002.upp.so-net.ne.jp/minae/

「スノードロップ~春の予感~」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/minae/iroiro/yousei/l/snowdrop-l.jpg

スノードロップ(ガランツス・エルウィジー)
http://aquiya.skr.jp/zukan/Galanthus_elwesii.html


2008/03/13(Thu) 18:20 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
笑った 笑った^^^^
吠える犬は怖いです。特に歯をむき出して「ウウ~~」なんていう犬はいやですね。
「ひょっとして、あの犬は私の教えをしらないのではないか?と思うと不安になって逃げた」いいですね。正直で^^。愛すべき先生ですね。
弟子はこのことで、たくさんのことを学ばれたことでしょう^^^^。
ろくろくさん、昨日のユングの夢解釈の紹介、おもしかったです。ありがとうございました。あの頃の夢もまた、私の大切な思い出です。

春ですね。我が家の庭に春を告げてくれる花があります。毎年一輪、とても可愛い花です。けなげに風に揺れながら、結構長い期間咲いてくれるのです。その名は「スノードロップ」。さあ、今年も満開の春が始ろうとしています^^^^。うれしいです!
2008/03/13(Thu) 07:47 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック