--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月27日 (水) | Edit |
ティク・ナット・ハン著「微笑を生きる」春秋社より (45)


慈(与楽)のこころは、他人にも自分自身にも、
平和や喜びや幸福をもたらします。

理解という木を育てるのは気づきの観察であり、
慈と悲のこころは、その木に咲く最も美しい花です。

自分のなかにだれかへの慈が芽ばえていることに
気がついたら、すぐにその人のところへ行ってみて
ください。

そうすれば慈のこころは、単なる想像上の出来事でなく、
具体的に世界に働きかける力の源泉となります。


慈の瞑想とは単にじっと坐って、音波や光のように
ひろがってゆくのをただ思い描くことではありません。

音や光がどこへでも染みこんでゆくように、
慈悲のこころも、その対象のなかに浸透してゆくはずです。

しかし慈が単なる想像上のものにとどまれば、
対象を動かす力にはなりえません。

他人への慈というものは、私たちが毎日その人たちと
実際に出会うなかから生まれてくるものなので、
その実際の触れ合いのなかで、

本当に自分に慈のこころがあるのか、それがどれくらい
確かなものかを知覚することができるのです。

もしも慈が本物なら、生活のなかに、あるいは他人や
世界との関わりのなかに、必ずその証がすがたを現して
くるはずです。

慈の種はだれのこころにもあって、
ほかの人に幸福を気づかせる力を
もっているのです。

ちょっとした言葉や行動、
思いやりでも他人の苦しみをやわらげ、
喜びを与えることができます。

ほんのひと言が相手をほっとさせ、
自信を取り戻させることもあるし、
猜疑心を取り去って過ちを犯さないようにしたり、
喧嘩を仲裁したり、こころの扉をひらくことも
できるのです。

小さな行為が人のいのちを救ったり、
チャンスを逃さずにつかめるようにすることもできます。
小さな思いやりも同じような力を持っています。

その理由は、思いこそつねに言葉や行動に先立って、
行動や言葉を喚起するものだからです。

こころに慈があれば、思いも、言葉も、行動も、
奇跡を生みだせるのです。

理解するこころが慈の基盤なので、
慈から生まれてくる言葉や行動は、
いつも人を助け、励ますものになるのです。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:自己探求
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
ろくろくさまの他力
 ろくろくさまの考えだと、ろくろくさまの他力の概念は、私のではありませんから、私が理解できるはずがないでしょうね。

 純粋に私でつくったものがないとしたら、私という存在は一体何なのでしょうか?

 是非、ろくろくさまに応えていただく必要がありますね。
2008/02/28(Thu) 09:19 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
微妙な捕らえ方の違い
ここにきて、

錬金術者さんと
わたくしと、微妙な捕らえ方の違いが出てきています。

1つは、「他力」の捕らえ方。
1つは、「教え」をお金で買うということ。


「他力」の捕らえ方については、わたしもガチガチの
「自力主義」でしたから、そう簡単にはいかないとも
思いますが、錬金術者さんは私よりはずっと賢いですから、
理解することは難しくはないと思います。

今見ている、コンピュータの画面も自分で作ったのでは
ありませんよね。流れている音楽はiPodにBOSEのスピ-カー
を繫いだもの。これらも私が作ったものではありません。

いま和室でコメントを打っていますが、この畳も私が
作ったものではありません。机の横のポット、スタンド、
ストーブも私が作ったものではありません。

今着ている服も、靴下も、眼鏡も、私が作ったものでは
ありません。先ほど食べたご飯も、おかずも、それらを
のせた食器も私が作ったものではありません。

当たり前のように住んでいるこの地球も、
この家も私が作ったものではありません。
夕方散歩した犬は私が作ったものではありません。
二台あるある車も私が作ったものではありません。

今使っているWindowsXPも私が作ったのではありません。
今使っている日本語も私が作ったのではありません。
私の肉体も私が作ったのではありません。

私が作ったものはどこにもありません。
しいて言えば、今書いている文章は、私が作ったものかも
しれません。しかし、それも錬金術者さんや、やまんばさん、
その他の多くのみなさんがいるから書いているのです。

わたしが書いているのは、皆さんという「他力」がいるから
書いてるのですから、これも厳密には「自力」ではない、
と思うのです。

純粋に自分だけで作ったものなぞ、存在しないのでは
ありませんか?



「教え」をお金で買うということ。については
また別の機会にお話できたら・・・と思います。


2008/02/28(Thu) 07:44 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
直感
推理・考察などによらず、感覚的に物事をとらえること。
類語に、霊感、第六感、インスピレーション、ぴんと来る、
などがあります。

やまんばさんのは、インスピレーションに近いものかも
しれません。

インスピレーションの説明に「直観的なひらめきや、
瞬間的に思い浮かんだ着想」とあります。


わたくしの場合、最近までは「推理・考察」などと
いうものは殆んどなかったようにも思います。

インスピレーションというか、ぴんと来たから
思いついたことをやった。ということの連続であった。

物事は、感覚によってとらえるものだと思ってました
から、かなりいいかげんな部分もあったのではないか
と、思います。



2008/02/27(Wed) 19:19 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
肉体は神殿なりき
 生兵法は怪我の素といいますが、カバラの曲解や、俗解釈が蔓延しているようですじゃ。

 これらの思想がなぜ、秘されたかといえば、所詮、猫に小判で、悪徳の人格の持ち主は、なんでも利己的に用いては、結局、蒔いた種が、自分にかえってきて、自分の存在を刈り取らなければならなくなり、悪魔に魂を売る羽目になるからですじゃ。

 魂の自由意志を薄弱にし、魂を迷わせ、非常に危険なわけですじゃ。

 特に、現実逃避を生じ、いま、忍耐をもって生きるという最重要な人生の課題を、安易に投げ出し、他の意志に委ねてしまうような危ない傾向を生み出していますじゃ。

 科学者のいう、スピリッチャル(心霊主義)の罪悪の点は、上記の傾向を指摘しているといえる。

 思想や教義、教条を金で売るものは、金で買われる宿命に身を投げ出すことになるわけですじゃ。魂を金で買われる宿命に身を投げ入ることで、自殺よりも、更に罪深いことになるわけですじゃ。

 自殺は、肉体を失って後悔するが、更に、魂を金で売ることは、もはや天国への扉を開くことができない、永遠へと進化することを止めてしまったことになるわけですじゃ。自ら悪に身を落とすことを決意することになるわけですじゃ。

 人間は皆平等であり、人間が、他からなんらかの権威をもって、自由意志を奪われることはあってはならず、また不可能であるじゃ。

 束の間に他者に委ねることはあっても、必ず、将来、それが何倍にもなって、自分への試練として訪れるでしょうじゃ。

 特に大きな間違いは、霊魂が本体だからといって、肉体を疎かにすることですじゃ。肉体は、霊魂の鏡であり、神殿のない所に、神の啓示がないように、肉体は、霊魂を霊魂足らしめるのに必須の生命の証ですじゃ。

 霊魂は、肉体を通して、自己を磨き、才能を開花させ得るのですじゃ。肉体を通さずして、霊魂は進化できないわけですじゃ。

 俗に、悪魔は鏡が嫌いといいますが、それは悪魔が肉体をもてないという意味で、悪魔は、堕天使なので、肉体を通して進化をすることを嫌うわけですじゃ。

 宗教を悪徳商売化する者は、神殿を汚し、盗賊の巣窟にする者で、本当に、地獄に堕ちるので御注意ください!

 救済すべきは、これら他者を救済しますという本人の利己主義的な自覚の方というべきじゃろう。

 もし、真の信仰者であるなら、信仰を商売にしている態度を、神々が見逃すとでも思っているのだろうか?
 
 だから、「助ける」などという人がいたら、お前でやれ、自分で自分をまず助けろというべきじゃろう。

 アダムカドモンは、全ての人間にすでに宿っておるじゃ。自ら問い、自ら答え、経験を積むわけで、これはただ、日常を生きることと全くかわりがない。まず、自力であり、他力本願主義を戒めるべきじゃ。
2008/02/27(Wed) 10:00 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
悪徳商法が蔓延している
 どうも、最近、スピリッチャル(心霊主義)を商売化しようという悪魔的な流れがありますが、御注意くだされ。

 ろくろくさまが検索された「アダムカドモン」は、第7根幹人種などではありませんし、いきなり、第7根幹人種などにはなれません。

 これらは、悪魔的新興宗教の一派ですから、いずれ、最後の審判を受けるでしょう。宗教を商売化することくらい、悪徳なのはないのですじゃ。悪魔は賢く、巧みに人間を欺いてきますから、御用心召され!

 特に、アメリカ大陸で、広がる心霊主義には御注意ください。心霊主義を用いた怪しい会合にはなるべく参加しないように注意すべきですじゃ。

 何度もいいますが、他力本願では、何事も成就できないのでありますじゃ。自らの自由意志でのみ、物事を成し遂げる為の経験の糧が得られるのです。
2008/02/27(Wed) 09:04 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
直感は神様からのメッセージ
直感は神様からのメッセージだと思います。というより、「確信」しますといったほうがぴったりきます。それは夢の中、白昼夢、いきなり、ピ~ンとくるもの。現実実をおびてないこともあり、やまんば、困るなあ(特に人に対すること)と思うことも、あるのですが・・。きちんと行動におこさないと、いけないのです。この世の価値で判断するなら、頭がおかしいとおもわれるようなこともあるのですが、とにかく、神様のお使いを果たすとしかいいようのないことがあります。そういうときは、びっくりするほど、ことがスムーズに運ぶのです。
滅多にないのですが、その時は間髪いれずに行動しなければならないときもあり、やまんばはいそがしいです。が、お使いをし終えた後、なんとも形容しがたい喜びがわいてくるから、不思議です。これって、神様からの、お駄賃だわ^^と、にんまり笑います。
2008/02/27(Wed) 08:11 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。