--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月17日 (木) | Edit |
五木寛之・帯津良一 著「健康問答」平凡社より(64)
 

五木 うーん。とりあえず、健康で長生き
ということの目指す目的は、八十歳。

八十歳までは、なんとか健康で生きるという
ことが、現代人の一つの目標になりますね。

私は七十五歳というのを、ずっと前から目標
として掲げていたから、あと一年しかない(笑)。

帯津 でも、お若いですよね。五木さんも、
ほんとうに。そばで見れば見るほど(笑)。


五木 いやいや、見かけだけです(笑)。
ブッダが八十歳というのは、当時、二千五百年前
としては、すごいことですよ。

帯津 ほんとですね。

五木 伝染病も多い。衛生状態も悪い。治療法も
ないというなかで、八十歳はすごいと思う。

親鸞が九十歳です。これもまたすごい。貧しいなか
でね。蓮如は、八十四歳で子どもを産ませたと
いってますが、八十五歳まで生きました。

そういう長命の人たちがたくさんいるなかで、
空海は六十一歳だと思います。空海の場合は入定と
いっていますから、自ら五穀を断ったわけですけれど。

このあいだ、ちょっと高野山の方に聞いたんですよ。
何で空海は、ほかの真宗系の人にくらべて、わりと
早死になのか。

そうしたら、いや、空海はものすごく頭のいい天才的な
人だったから、朝廷をはじめとして、いろんなまわりの
宗教関係の馬鹿ばっかりとつき合うのが、

もういいかげん嫌になって、この世の肉体を脱いで、
高野山の奥の院におはいりになった、といってました。

帯津 ハハハ、なるほど。

五木 こんなアホな世間と、いつまでもつき合っていられ
るか、というので入定されたとおっしゃっていたから、
私は天才に、それもあながち当たっていなくもないと思い
ますね。

こんなアホな世の中と、どうしてまともにつき合っていけ
るか、もういい、という風にね。本物の天才だったら、
そういうことはあるかもしれない。

帯津 ええ。

五木 日蓮も、わりと早かった。六十歳ですね。

帯津 道元も早いでしょう。

五木 道元は、たしか五十三歳ですね。そう考えますと、
宗教家がかならずしも長生きとはかぎらない。

しかし、なんとか生きたいとがんばって、残念ながら
亡くなったんじゃなくて、このへんがいいという風に、
みなさんそれぞれ覚悟した年齢かなと思いますね。

帯津 そうでしょうね。それぞれに、ちょうどいいん
ですね。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。


にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
寿命は比較できないもの
そうですね。人の、一人ひとりの命の長さを
比較することはできっこないですよね。

そもそも一人ひとりの人生を比較しても
意味がないことなのだということでしょう。

やり直しができなくて、このようにしか
生きることができなかった自分の人生を
だれとどのように比較するのでしょう。

であればこのままにするりとありのままに
受け入れてしまうしかないということになりは
しないか。

今日もこうして無事生きることができて
ありがとさんでした、ということなんです。



2008/01/17(Thu) 19:18 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
呼吸数は目安でしかない
 呼吸数は、年齢に応じて変わるじゃね。赤ちゃんのときは、多いが、老人になると少なくなるそうじゃし、運動したり、病気に罹ったりで、血圧が変わるように、つまり、71歳という寿命の目安もほとんど、あてにはならんじゃ。

 長く生きればよいというもんでもない。あくまでも、量より質じゃね。要は体験といえるじゃろうね。

 肝心なことは、我々は起きているときだけが、生きていると思っていることじゃね。確かに、睡眠中は、通常の感覚意識が無いから、起きているときの時間を基にして、何時間寝たというが、寝ているときの、本人の時間意識はなく、時間は、時間が計れる空間や意識を基にしていることに気がつかないといけないわけじゃね。

 だから、厳密にいえば、本質的に、寿命というのは、比較できないものといえるじゃろうね。

 時間は、繰り返しの現象、つまりサイクルを基に算出して、便宜上、定義しているものだが、果たして時間が、定義したように、線形に実際、経過しているどうかは、人間側の思い込みにあるといえるじゃ。

 サイクルだって、厳密にいえば、若干の相違があるものじゃね。地球が自転し、太陽の周りを公転しているといっても、太陽系自体が、銀河系として回転しているのだから、全く同じ場所に戻ってくるわけでもないじゃね。

 原子だって、常に微量に崩壊しているわけで、ただ、それに気がついていないだけじゃね。束の間の安定状態を基準にして尺度を、便宜上定義するから、実は、比較しているようで、比較になっていないわけじゃ。比較というのは、全く同じ状態から生まれるものでなくてはいけないわけじゃ。

 この事は、旅をすればわかるじゃ。時間が線形に経過しているのなら、時差ボケなど生じないだろうね。

 時間が線形に経過すると定義したのは、ニュートンで、絶対時間と呼ばれ、無機質な空間が定義されたわけじゃが、これに対して、アインシュタインは、光速度を絶対とした相対時間を定義したわけじゃね。光速度で旅を続ければ、寿命が延びるというわけじゃ。

 この事は、素粒子のようなミクロの世界では、実際、成立しているわけじゃ。

 だからして、寿命は比較できないもので、寿命がどうとかこうとかはあまり意味のないことだね。何を経験し、何を得たかじゃろうね。 
2008/01/17(Thu) 10:12 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。