--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月14日 (月) | Edit |
五木寛之・帯津良一 著「健康問答」平凡社より(61)
 

五木 さっきお話しましたが、このあいだブータンに
行ってきたのですが、ブータンはヒマラヤ山脈のはじ
にある国ですから、いちばんの心配は高山病でした。

帯津 大丈夫だったんですか。

五木 ええ。行く前に、呼吸法とか、いろんなことを
研究して、準備していったんです。行く前に富士山に
登っておくと体か慣れる。

一、二度、予備に登山しておくだけで、
ずいぶんちがうという説がありましてね。
まあ、それはやりませんでしたけれど、


とりあえず、高地というのは酸素が薄いわけだから、
やっぱり呼吸法に関係あるだろう、体内の酸素の消費
を抑えておいて、大量にとりこむ。

細胞にたくさん酸素を供給するという方法が必要だろう
と思って、それなりの準備はして行ったんですけれども
……。

飛行機から降りたところが、標高二千四百メートルの
パロという空港なんです。機内は加圧されていますから、
気圧が相当高いんですよ。

帯津 ええ。

五木 ドアを開けて、タラップを降りるときに、
一瞬フラッとした。全員そうでした。薄い空気を吸った
だけで、足もとがふらつくんです。

なんとなく頭が重い、体がだるいという状態が、
すぐに入国管理手続きのときから出てきたので、
しっかりと酸素を吸って、ゆっくりと吐き出す
という呼吸法を、ていねいに一生懸命やって、

体の末端の部分をいろいろと、少し摩擦したり
動かしたりしながら、慣らしていきましたけれども。

帯津 ああ、いいですね。体の末端を動かして、
呼吸法を心がけるというのは。

五木 ある呼吸法の大家の方の本に、自分は、
ネパールで五千メートル級の山に登ったけれど、
なんともなかった。

こういう高山では、はしゃいで動きまわったり、
大声でしゃべったらいけないと注意されたけど、

隣りのイギリス人の婦人が話しかけてくるので、
しかたなしに大声でしゃべったり、あとこち
カメラを撮ってまわったり、うろうろしたけれど、
なに一つ悪くならなかった。

それは呼吸法のせいであると、お書きになって
いたんです。

すごいな、一度お会いしたいなと思っていたら、
その人が亡くなられたというので、やっぱり呼吸法
だけをやっていてもだめなのか、と一瞬思いました
けれど(笑)。

帯津 なるほど。

五木 有名な岡田式静座呼吸法は、明治末から大正
にかけてでしたか、ものすごい大ブームを起こして、
ありとあらゆる人が飛びついたそうですね。

政界、財界、それから文壇をふくめて、ものすごい
数のファンかいた。中村屋の創業者の奥さんの、
相馬黒光さんも傾倒してたとか。

帯津 ああ、そうですね。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
得度(とくど)
歴史的な意味はWikipediaなどをご覧いただくとして
ごく簡単に申し上げるとすれば、
「仏教の僧や尼になるための出家の儀式」。

出家の儀式というのは、剃髪と受戒の儀式で戒を授かり
誓うことにより(法名・戒名)を頂きます。

以前にもふれましたように仏教の葬式はこの出家の儀式
を行うものであります。

日本では故人は仏教の信仰があろうとなかろうと
仏教に帰依させ、授戒作法で出家者になるわけです。
そして戒名を授かるのです。



得度 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%97%E5%BA%A6

得度レポート
http://mandalaya.com/s_tokudo.html



2008/01/14(Mon) 18:31 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
病弱で美人な奥さん
やまんばも呼吸法が上手であったらよかったのだろうなあ^^と思いました。

昔、親戚のおじさんがお見合いをしたのだそうです。ものすごい美人でおじさんは一目できにいりました。
が、とても体の弱い女性で、周囲から反対されたそうなのですが、「明日、彼女が死んでもいいから一緒になりたい!」といわれ、思いを通されたそうです。
そのおばさんはかなりの年になられましたが、今でも生きておられ、おじさんに大切にされておられます^^^。
寿命は本当にわからないものだと思います。

それから、昨日いそがしかったので、ろくろくさんに質問できなかったのですが、12日のコメントで、「昔、坊さんをやっていたことがある」と書かれてありましたね。どうりで仏教に詳しい方だなあと思っていました。ところで、お坊さんって自由になったり、やめたりできるのですか?それから、得度(とくど、、漢字がちがうかも)を受けると聞くのですが、得度ってなんですか?調べなさい!といわれるかもしれませんが、ごめんなさい、教えてください。
2008/01/14(Mon) 08:03 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。