2007年11月29日 (木) | Edit |
ティク・ナット・ハン著「微笑を生きる」春秋社より (15)


電話はとても便利ですが、
ときには電話の犠牲になることもあります。

うるさい呼びだしのベルや、
ひっきりなしにかかってくる電話には
閉口してしまいます。

ついつい長電話をして、
貴重な時間とお金をむだにすることも
あります。

くだらないことをながながと話してしまい、
あとで料金の請求書を見てその額に
ぞっとすることもあるでしょう。


電話のベルを聞くと、びくりとして、
何か不安な気持ちになったりします。
「だれだろう? いい知らせかな、それとも……」。

どんなに不安に思っても、
結局は電話のところに引きつけられて
受話器を取ってしまう。

私たちは自分の電話のえじきになってしまって
いるのです。

今度電話のベルが聞こえたら、
すぐには受話器を取らないで、
その場で意識的に息を吸って、吐いて、
そっと微笑んでからこう唱えてみてください。

「お聞きなさい。お聞きなさい。
このすばらしいベルの音が、
私を本当の自分に連れ戻してくれます」。

もう一回ベルが鳴ったら、
この言葉をもう一度唱えてください。
微笑みは前よりももっとやわらいでいるはずです。

あなたが微笑んだら、顔の筋肉も緩んで、
緊張はすぐに消えてしまいます。電話を前にして、
こういった呼吸と微笑みの練習をしてみてください。

受話器の向こうにいる人に大切な用事があるのなら、
三回のベルくらいは待ってくれるはずです。

三回目のベルがなったら、ゆっくりと電話のほうへ
歩いてゆき、しっかり自分に気づきながら呼吸と
微笑をつづけます。

あなたを動かすのは、ほかのだれでもない、あなた自身です。
こうなれば、あなたは自分のためだけでなく、受話器のむこう
の人のためにも微笑んでいることに気づくでしょう。

もしあなたがイライラしたり、腹を立てたりしていたら、
相手にあなたのいやな気分が伝わってしまいます。

でも、あなたは呼吸にこころを合わせて微笑んでいるのですから、
マインドフルネス(気づき)のなかにいるのです。そんなあなたが
電話に答えたら、相手はどんなに気持ちよく話ができるでしょう。

自分のほうから電話をかけるときにも、
三呼吸してからダイヤルをまわしてください。

呼びだし音が鳴るのを聞いてるときも、あなたは、
友だちも呼吸と微笑みの練習をしていて、
三度目のベルが鳴るまでは電話に出ないのを心得ているので、
自分にこう言って聞かせます。

「あちらも呼吸の練習をしているのだから、
私も一緒にやってみよう」。

このように電話のあちらがわとこちらがわで一緒に
呼吸の練習ができたら、すばらしいことではありませんか。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
錬金術者さん曰く
霊光というのは、
この選択の意志を与えるもの、物質感覚を超えて、
物質の創造を与えるものといえるじゃね。
この霊光は、自我の意志によりつくられているわけじゃね。
霊光は、生き物の源流といえるじゃね。


「霊光は、自我の意志によりつくられている」
仏教では「自我」をかなり蔑視してますから、
ちょっと引っかかりますです。

「霊光は、生き物の源流」?
錬金術者さんここのところも是非ともご説明
お願いします。



2007/11/29(Thu) 18:43 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
霊光って何ですか?
Googleなどで検索しますと・・・

霊光殿天満宮, 小林霊光, 霊光寺, 霊光郡(韓国の郡の名)
成田山霊光館, 霊光弾, 五井先生の霊光写真,
霊光 クルビ, 霊光鏡反衝, (有)霊光社(葬儀)
霊光波動拳, 霊光院,霊光殿天満宮
霊光院 ご案内,おしゃれのエキスパート霊光企画
霊光(白黒 無声映画)

などが出てきて、やまんばさんの疑問に答えられそうも
ないなぁ~ちょっと関係ありそうなのがこれ↓


天使が見える方から 聞きました。霊光というのがあり
霊光1というのは 9次元の太陽の光の1だそうです
8次元以下の人は ゼロとなります

霊光1から100までありますが 大人の9割の方は
0だそうです もちろんわたしも 0です

0は 古い霊体だそうです。
10次元が地球神界オーバーソウル分裂する前 
 9次元は霊体の1番下になるそうです

http://www.econakoto.net/lamulia/article/93


うううぅぅぅぅぅ~~益々わからなくなってきた。
これはやはし錬金術者さんに説明して頂くしか
なさそう~~~し~か~し~錬金術者さんの説明が
私たちに分かるかなぁ~



2007/11/29(Thu) 18:42 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
悩みの電話相談
参考意見を言うと、

「答えを聞きたいから、電話をしてるのではない。
黙って聞いてくれたらそれでいいの!」との返事。


やまんばさんすごいことです。
意見を一切言わないでひたすら聴き続ける
ことはそう簡単にできることではありません。

たいしたもんです。


2007/11/29(Thu) 18:41 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
自我が肉体の内にあるか外にあるか?
 人間については、「私」と呼べる部分の、自我のことを、霊と呼んでいるようじゃ。

 自我は、起きているときは肉体の内にあり、寝ているときは、肉体の外にあるじゃ。だから、寝ているときは、一種の瞑想状態といえるじゃね。

 しかし、起きているときの物質的感覚に、現代人はあまりにも馴れてしまったので、寝ているときも、起きているような物質的感覚でいるので、何も感じることはないが、物質的感覚で、不可視の存在の精霊等の霊たちをみてしまうと、夢のような矛盾した象徴イメージの体験をもつわけじゃね。

 起きているときも、精霊たちは存在しているが、自我が肉体のなかにいて、物質的感覚の方が、占有してしまうので、精霊たちを感じることはないじゃ。誰かと電話している間は、他の誰かとは話ができないのと同じじゃね。

 しかし、人間は気がついていないが、精霊たちは、呼吸を通して、交信を送っているじゃ。そのことは、地球の呼吸、つまり季節を通して、自然のなかの生命の進展に現れているわけじゃね。ただ、人間が気がつかずに、聞く耳をもっていないだけじゃ。

 例えば、TVをみて、TV自身が考えているなどと誰がいうだろうかね? TVはただ、電波を受信しているだけじゃね。

 これと同じように、人間が思考するというのは幻想で、ただ、精霊たちが送ってきた交信を、呼吸を通して、選択したというだけじゃね。

 しかし、何を選択するかの、思考を選択する意志は、人間の自由に委ねられているじゃ。つまり、これが呼吸の極意じゃね。

 自我が、肉体のなかにいるときは、物質世界しかみないので、選択が、利己的に偏ってしまうわけじゃ。だから、できるだけ、自我が肉体の外にいるようなとき、つまり睡眠中の感覚を発展させると、この偏りをなくすことができるわけじゃ。

 だから、瞑想は、思考のバランスを取り戻すのによいわけじゃね。この事を仏教では、止観と呼んでいるのじゃろうね。肉体に捉われない思考じゃね。正確にいえば、自由意志による思考の選択といえるじゃね。

 人間は、物質感覚を、外の太陽光のなかの物質光の反射を通して、肉体から受容し、身に着けているが、それだけでは、単なる情報処理機械で、選択の意志を持たないじゃね。

 霊光というのは、この選択の意志を与えるもの、物質感覚を超えて、物質の創造を与えるものといえるじゃね。この霊光は、自我の意志によりつくられているわけじゃね。霊光は、生き物の源流といえるじゃね。
2007/11/29(Thu) 09:36 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
電話
前にもコメントに書いたけど、やまんばはおよそ十年間位、ある人からの悩みの相談の電話を毎日をうけました。参考意見を言うと、「答えを聞きたいから、電話をしてるのではない。黙って聞いてくれたらそれでいいの!」との返事。やまんば耐えました。それができたのは彼女の心の底に美しい宝石が泥で隠されているのを知っていたからです。彼女のそこが大好きだから、耐えることができました。もう電話はきません。きてもとても爽やかな声が聞こえます^^。

あなたを動かすのは、ほかのだれでもない。
あなた自身です。

この言葉、やまんば、とても気に入りました!
2007/11/29(Thu) 08:27 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック