2007年10月27日 (土) | Edit |
ティク・ナット・ハン著「微笑を生きる」春秋社より (2)


いきいきと楽しく暮らしてゆくための
呼吸法のお話をしましょう。

最初の練習はとても簡単なものです。
息を吸ったら、「息を吸いながら私はいま息を
吸っていることに気づいている」。

息を吐きながら、「息を吐きながら私はいま息
を吐いていることに気づいている」と、こころ
のなかでつぶやきます。これだけの練習です。


入息を入息として、出息を出息として
気づいてゆきます。慣れてきたら、このように
ながながとつぶやく必要もありません。

「吸う」、「吐く」の二語で十分です。
これはあなたのこころを呼吸につなぎとめておく
練習です。

この練習をつづけてゆくと息が静まり穏やかに
なってゆき、こころと体も鎮まり穏やかになって
ゆきます。

むずかしいことは何もありません。
ほんの数分間で瞑想の成果が現れます。

息を吸うことと吐くことはとても大切なことで、
しかも楽しいことです。

私たちの呼吸はこころと体をつないでいます。
よくこころで考えていることと、体で行っている
ことが、ちぐはぐになっていることがあるでしょう。
こころと体がばらばらなのです。

「吸う」、「吐く」と呼吸に意識を集中すれば、
こころと体がひとつに合わさって一体となります。
意識的な呼吸はこころと体をつなぐ架け橋です。

私にとって呼吸はかけがえのない喜びです。
毎日小さな瞑想室にこう墨書して意識的呼吸の練習
をしています。

「息を吸って!ほらあなたは生きている!」と。

このように呼吸をし、
微笑むだけで私たちは幸せな気持ちになります。

呼吸に気づくことによって完全に自分を回復し、
いま、ここの私に出会えるからです。




次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビルマの僧侶、既に「成功」
スマナサーラさんの記事を紹介するブログ
「ひじる日々東京寺男日記」↓に
http://d.hatena.ne.jp/ajita/20071025/p1

「ティック・ナット・ハン老師の言葉」
として、ティック・ナット・ハンさんが、
ミャンマー僧侶の行動について語ったインタビュー
記事が紹介されています。


ビルマの僧侶、既に「成功」
http://d.hatena.ne.jp/Huma/



2007/10/27(Sat) 18:24 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
やまんばさん
お帰りなさい~

そうなんです。
目を閉じて意識的呼吸をやると
眠くなることがあります。

座禅の場合でも目を閉じないで半眼に
するよう指導されます。

「息を吸って!ほらあなたは生きている!」
いい言葉ですよね。

このティク・ナット・ハンさんと
A・スマナサーラさんとは、同じような
瞑想法を提唱しておられます。

ティク・ナット・ハン THICH NHAT HANH
http://www.ne.jp/asahi/bodhipress/way/religion/tnh/tnhtop.html

ティク・ナット・ハン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3


2007/10/27(Sat) 18:23 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
おはようございます
「息を吸って!ほら あなたは生きている!」
何日か前から、「今日の言葉」に登場していましたね。
「ほんと ほんと!生きてるわ^^」
そう  思ってましたよ。

呼吸に気づくことによって 完全に自分を回復する。
今の自分に出会える。
呼吸は心と体をつないでいる。

これから、
悲しいこと 苦しいこと パニックに遭遇したら
目を閉じて呼吸を意識していくことにします

感情の雲が自然にまかすより、早く去っていくかもしれない

吐く 吸う 吐く 吸う・・・・

自分と一つになる
自分と一つになる

自分と一つになる

あれ?起きたばかりなのに 眠くなってきましたよ・・・

2007/10/27(Sat) 10:09 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック