--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月28日 (月) | Edit |
川北義則著「こころが軽くなる「ひと言」処方箋」宙出版より(36)


時には「半死半生」の目にあってみるのも、
クスリになると思われる。

むろん半死半生は言葉のアヤであるが、
いったん底の底まで落ちてそれを切り抜ける
体験をすると人間一皮むけるのは確かだ。

デール・カーネギーの『道は開ける』(創元社)
という本に一皮むける話を見つけた。
憂うつな気分から抜けられない人がいた。


その人が船に乗ってヘトヘトになる重労働を
経験した。そうしたらふさぎ虫などどっかに
吹っ飛んで、ものすごく積極的な人間になった
というのである。

つらいことに出会ったとき、その船での経験と
「どっちが大変か」と比較してみると「どんな
こともあれほどはつらくないと思えて元気が
出てくる」というのだ。

零下二十度の極寒を経験して以来、
寒さにすっかり強くなった友人がいる。

寒いとき、そのときの寒さと比較するのだそうだ。
これも、一種の体得ではないか。



ギブ&ギブ

世の中で生きる最低のモラルはギブ&テイクである。
「してもらったら、こちらもお返しをする」。

ギブ&テイクは契約、約束の類である。
これができないと社会で信用されない。

ただ、ギブ&テイクには欠陥がある。
「してくれないなら、してやらない」
「してやったのに、してくれない」

と問題が生じることである。
トラブルの多くはここから発している。

ギブ&ギブは一方的支出である。
見返りを求めず、「こっちがしてあげる」
のみである。

だが相手も同じ気持ちになれば結果的に
両方ともハッピーになれる。
こっちのほうがはるかに上等である。

みんながギブ&ギブでいくようになれば、
世の中はもっと住みやすくなる。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
毘盧遮那仏
密教の中心本尊の大日如来に同じく、
太陽を毘盧遮那と名づけたといわれます。

毘盧遮那がすべてを生み出した・・・


太陽こそ究極のギブ&ギブですよね。



2007/05/28(Mon) 21:06 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ギブ&ギブ
人によってギブ&ギブ だったりギブ&テイク
だったりしてませんか?

上客の場合はテイク&テイクですし、
すしわたしの友人はわたしには、ギブ&ギブ&ギブです。
母親からはもらってばかりだし、
子どもには与えっぱなしですし、
ホントにギブ&テイクの方が少ないようにも
思えます。



2007/05/28(Mon) 20:10 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
誕生の時
わたくしも、底の底から蘇ったひとりです。

出産時逆子の上、へその緒が首に巻きついて
仮死状態で生まれてきたのだそうです。

どのように蘇ったかというと、お医者さんが
お尻をパンパンパンと叩いたら「ふんぎゃぁ~」
と泣き出したのだそうです。

まぁあっけなく蘇ったというか、生まれたのです。



2007/05/28(Mon) 19:59 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
自由は自らに由る
 マリアさま、土日は休みますじゃ。しかし、後で、ブログの内容等は読んでおりますんで、御勘弁くだされ。
 宇宙の全てのものは、自らという場所を基点とし、自分以外の宇宙全体との関係を模索しておるじゃ。全ての存在は、何らかの意味をもって、宇宙のなかに配されておるじゃ。
 自分側からみれば、つまり、全世界(神々)と自分の存在をなんらかの法により規定すれば、契約、約束の類のギブ&テイクの信頼性に依存するようになるじゃ、しかし、宇宙全体からみれば、宇宙全体があくまで、一人一人に、全宇宙から、ギブ&キブで、進んでおるじゃ。
 ギブ&ギブは止まりがない永遠じゃ。ギブ&ギブは終わりがない、生のもので創造性のものじゃが、その逆のテイクは、終わりをつくってしまい、死を意味するものとなるじゃね。やがて、永遠から一時のものとなり、全体から離れて孤立していくじゃね。
2007/05/28(Mon) 15:09 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
ギブ&テイク
おはようございます☆

なかなか難しいみたいですね☆

大概、どちらかが与えっぱなしか貰いっぱなしになるのが常ではないかな、と。

あっ、『目には目を歯には歯を』はギブ&ギブでつね(笑)
2007/05/28(Mon) 12:10 | URL  | マリア #-[ 編集]
底の底に落ち込んだとき
これは、やまんばなら、誕生の時ではないでしょうか^^。だから、今いろんなことがあっても切り抜けられるのではないかと思います。短い人生、こうして縁があってつながっている私たち。互いに思いやり、互いの心が温まる言葉を駆使して、毎日を生きててよかったなあと思える人生であってほしいと願っています。
2007/05/28(Mon) 09:07 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。