2007年04月28日 (土) | Edit |
川北義則著「こころが軽くなる「ひと言」処方箋」宙出版より(28)


「いままで数多くのタレントを育ててきて、
つくづく思うことは人間、
欠点を気にしだしたら、
まず評価を誤るということである。

そうではなく、長所だけを見て、
長所を伸ばすことを考えると、
欠点は消えてしまう。
少なくとも気にならなくなるものだ」

ーー芸能界の大手プロダクション「ホリプロ」
を創った堀威夫さんの言葉である。


長所と欠点は背中合わせというが、
ほとんど同じものである。

同じものが正反対に見えるのは、
プラス思考で見るか、
マイナス思考で見るかの差なのである。



プライドを保つコツ

九十歳でアメリカ人男性から求婚された
と言う伝説を持つ宇野千代さん。

その生き方はいま流行りの「プラス思考」の
権化のような人だった。その彼女のプライド論。

「プライドを横にそらしなさい。
いろんなものが広く見えてくるから。
なくしなさいとか捨てなさいではなく、
ちょっと横にそらすのよ」

人間、腹が立つのはプライドが傷つけられた
ときだ。だが、ストレートに怒って
損をするのは自分だ。

といって、プライドをそのままにしておけない。
「怒りたくなったら十数えよ」というのに
一脈通じる忠告である。



運を左右するもの

人間は昔から占いが好きだった。
当たる占い師のところは門前市をなす
賑わいである。

運とは本当にあるのだろうか。
たしかに「ない」とはいえない。
だが運の正体は明らかだ。

それは自分の性格からくる。
運命とはその人が一生をかけて自分でつくり出す
ものなのである。

だから運のよい悪いは、
その人が自分をどう考えるかにかかっている。

「自分は運がよい」と思えばよくなるし
「自分は運が悪い」と思えば悪くなる。

よい運に巡り合いたければ、自分の性格を
「プラス思考」に持っていくことだ。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いままでのペース
が大きく変わったのは、ほんの1ヶ月前のことでした。
私の場合。

「いままでのペース」はそれまで20年近く
続いたものでしたが、いとも簡単に
音をたてて崩れていったものでした。

その間何度か
「ブログが続けられなくなるかもしれないなぁ」という
ところまで来ましたが、
こうして続けることが出来ています。

これもみなさまのご声援のおかげだと思います。
それと、無理であればいつでも止めようと
覚悟をしていたからかもしれません。



2007/04/28(Sat) 21:23 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
生活の変化
いままでのペースが音をたてて崩れていく。
「長所と欠点は背中合わせ・・人にはそう思えていたけど、今はやまんば自身にその目を向けてあげよう。」それと、「怒りたくなったら十数えよ」
これは特効薬となりそうです^^。
2007/04/28(Sat) 09:56 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック