--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月11日 (日) | Edit |
和尚OSHO講話 「MOJUDモジュッド」説明できない生を生きた人 
和尚エンタープライズジャパンより (7)


今日、私たちが入って行こうとしている物語は、
もっとも偉大な物語のひとつだ。

それには、スーフィーの物語にしかありえない、
あの独特な香りがある。

それと比較できるものはほかにない。
もし、この物語を理解できたら、
あなたは宗教の秘密そのものを理解したことになる。

もし理解できなかったら
あなたは宗教をまるで理解できないだろう。


これは、宗教的な意識の基盤そのものに属している。
それがなければ、宗教的な変容はありえない。
だから、この物語をできるだけ注意して聴きなさい。

この物語をあなたの実存に沈み込ませなさい。
この物語は、ひとつの扉を開くことができる。
この物語は、あなたの生における非常に根本的な変化になりうる。

そのために、あなたは二度と再び同じではなくなるだろう。
だが、物語はまさに細かいところまで、非常に注意深く、
とても愛にあふれた態度で理解されなければならない。

というのも、これは不思議な物語だからだ。

これはただの物語ではない、
スーフィーの物語はただの物語ではない。
それはあなたに娯楽を与えるためのものではない。

なにか携わるものをただ与えるためのものではない。
それは教えるための仕掛けだ。それはなにかを暗示する。
なにかを指し示す。それは〈指し示すもの〉だ。

未知なるものに的を定めた矢、月を指し示す指。
だがスーフィーのこのことばを覚えておくがいい、

「私の指に噛みついてはいけない。
私が指し示しているところを見なさい」


こうした物語を娯楽として楽しむことは非常に簡単だ。
だが、それが物語の目的ではない。あなたは要点を取り逃がす。
それは〈彼方なるもの〉の反映だ。

それは、言えないことを言う、
表現できないことを表現しようとする。

それは、普通の生活に関するものではない、
世俗的な世界に関するものではない。

それは、真理を求めるもっとも内奥の探求に属している。
あなたの実存の中心に属している。
それはすばらしい仕掛けだ。

もし、あなたがまさに注意を払っていたら、
この物語に瞑想したら、
物語と平行してなにかほかのことが、
あなたの実存のなかに自らを現し始める。

物語はひとつの局面上にある。
が、その顕現はもうひとつの局面上にあるーー物語と並行して、
並行してあるその顕現を味わい始めないかぎり、いいかね、
あなたは要点を見逃したことになる。

そして要点を見逃すのは非常に簡単だ。
要点を見逃すのに知性はいらない。どんな馬鹿にでもできる。
だが、理解するには……大いなる知性が要求される。

だから自分をひとつに引き寄せなさい。
ここしばらくの間は、まとまっていなさい。
できるかぎり全体的に聴きなさい、まさに自分の耳になりなさい。

そこにいなさい。
なにか途方もなく貴いものが、
この物語には分け与えられている。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こうして、いま改めて
「バグアンの指に噛みつくのではなく」

「彼がが指し示しているところを見よう」
と思います。

快いことばの数々に惑わされることなく
真理の探究者としての彼が指し示しているものを・・・


2007/03/11(Sun) 16:38 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
私の指に噛みついてはいけない
私が指し示しているところを見なさい

こうしてバグアンの語りに、誰もが虜になるのです。

プーナに行った人や、オレンジ色の服を着た
バグアンに弟子入りした人たちにも
沢山お会いしたものです。

2007/03/11(Sun) 16:29 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
おはようございます☆

講話っていいですよね。為になるのもさることながら、聴いていて(読んで)心地がよくって、大好きですわ

今回のモジェットのお話も、シンプルでいながら実に深くって、宗教のことはわかりませんが、「人生」を端的に語っていると思いましたし。

どうしても説得力を持たせようと思う余り、余計な装飾を施してみたり、エピソードを面白おかしく脚色したりされるのを、そしてそうすればそうする程、真実や、本質から程遠くなっていくのはよくあることですし。

ところで、一昨日から昨日にかけて、健在の世界的スターの、70年に及ぶ人生の断片を追って読んでいたんですけれど、ムジェットのお話とぴったり重なりあって、感慨深かったです。









2007/03/11(Sun) 11:26 | URL  | マリア #-[ 編集]
この物語はひとつの扉を開く
そこにいなさい
なにか途方もなく貴いものが
この物語にはわけ与えられている

自分をひとつに引き寄せなさい
ここしばらくの間は、まとまっていなさい
できるかぎり全体的に聞きなさい

しーっ、ボードをたたく指までが、ひそひそしてきました
2007/03/11(Sun) 10:35 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。