2007年03月09日 (金) | Edit |
和尚OSHO講話 「MOJUDモジュッド」説明できない生を生きた人 
和尚エンタープライズジャパンより (5)


ほどなく彼は光明の疑いようのない兆しを見せ始めた。
彼は病人を癒し
ひまなときには店の仲間に仕え
神秘についての彼の知識はますます深まっていった。


聖職に就いている者や哲学者たち
さらにほかの者たちも彼を訪ねて来て聞いた。
「あなたは誰のもとで学ばれたのですか?」



「言うのはむずかしい」とモジュッドは言った。



彼の弟子たちはたずねた。
「あなたの遍歴はどのようにして始まったのですか?」

彼は言った。「小役人としてだよ」
「それで、あなたは禁欲に身を捧げるために
それを放棄されたのですね?」

「そうではない、ただ放棄しただけだ」
彼らは彼を理解しなかった。

その生涯の物語を書こうとして
人びとが彼に近づいて来た。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
石原真理子がストーカー
石原真理子がストーカーで逮捕されていたなんて
マリアさんのコメントにピッタリですね。


2007年3月11日(日)06:13

 女優の石原真理子(43)が米国で97年と03年に
逮捕されていたことが10日、分かった。

97年3月には、外国人ミュージシャンへのストーカー行為で
フロリダの裁判所から18カ月の保護観察処分と
255ドルの訴訟費用を請求された。

03年5月には、別の外国人ミュージシャンへのストーカー行為で、
ラスベガスの裁判所で有罪判決を受け、
125日間服役した。

石原は同日、書面で
「事件は誤解が誤解を生んだ不幸な出来事だった」と釈明した。


問題は、この石原真理子のように
「自分は悪くない、なぜ問題視するのかわからない」

というようなことを、
自分も気づかないでやっているかもしれない
ということです。

わたしたちはいつも
無意識のうちに「善人ずら」している自分を
観察し続けなければならないのです。



2007/03/11(Sun) 10:18 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
さすが!ろくろくさん☆
こんばんは☆

>無自覚の善人こそが1番の迷惑・・・自分は善人だと思っていますから、反省もなく手に負えません。

全く同感です!多いですよねぇ~

どうすれば、そこまで無自覚、鈍感で、うぬぼれていられるんだろう?っていうのが。。
自覚がない分、反省がないので度し難くって救いようがないですし、本当。

「愛を与える」というのもそうですけれど、受け取りたくない「愛」もあるのに、この手の人って、どういうわけか、相手にも選ぶ(拒否する)権利がある、という、極々、当たり前のことを忘れているのか、はなっから眼中にない程、自己陶酔型なのか、「愛」という美名のもとに、「愛の押し売り」しているという現実に気付かないのが不思議!ですよね?

こういう無自覚の、自分は善人と思う手合いほど

>私はこんなにやっているのにといって、不平不満たらたらの、親や、妻や夫の多いこと。

に繋がっていくんですよね。「愛」は自然発生的なもので「与えよう!」とか、力んでするものではないし、受け取る側は重く、うざく感じてしまうと、私もそう思うんですね。恩着せがましいというか。。。

『人の振りみて我が振り直せ』で、おためごかしになることなく、「愛」を表現したいですし、それが出来るようになればいいな、と思います。

2007/03/10(Sat) 23:46 | URL  | マリア #-[ 編集]
モジュッドさんは困ったでしょうね。
なんだか絵本ができそうですね。モジュッドさんと、ヒドウルさんは運命の出会いですね^^。全く知らない人に出会い、一言 言われたことにそのまんま従うのは、運命の出会いとしか思えません。内面の声が魔法でヒドウルさんという人物に化けたみたいです。
それに従っていくと、いろいろ神秘な世界を見せてもらっただけで別に本人は悟ろうなんて思っていなかった(結果的には、声に従って全てを捨てざるを得なかっただけ)本人もわけがわからないのに、どうして人に説明できるでしょう。この光景を想像しただけで、おもしろかったです。モジュッドさんは子供のように純真無垢な魂の持ち主だとやまんばは心から感心しました。


2007/03/10(Sat) 04:38 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
光明の疑いようのない兆し
この「光明の疑いようのない兆し」に
囚われすぎてはいけないです。

ですから、「私も光明の疑いようのない兆し」を
持とう」とか思ってはいけないという意味です。

そう思った瞬間それに一番遠くなってしまう・・・


2007/03/09(Fri) 19:25 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
悪人正機説
これは一筋縄ではいきませんが・・・

ここでの「善人」「悪人」とは、
もちろん法的な善悪を問うているのではなく、

自分がしっかり自省した時、
「ああ~私は善人ではなかった」という
自覚の悪人なんだといえばいいのでしょうか。

無自覚の善人が多いのです。
この無自覚の善人こそが一番迷惑なんです。
自分は善人だと思っていますから、反省もなく
手に負えません。







2007/03/09(Fri) 19:19 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
与えるものと与えられるもの
赤子は、親からほとんど全てを与えられ育つ・・・

では赤子は親に何も与えてないかというと
そうではないと思う。

あの「天使のような笑顔」を与えられていないだろうか?

全身麻痺で寝たきりのご婦人が
「みんなに迷惑をかけるだけの人生なんて意味がない」
と悩んでおられたが、

「このような自分でも皆さんに生かさして頂いていると、
感謝の気持ちが溢れるようになってから
楽に悩まずに生きることができるようになった」
と言われていた。

このご婦人は「感謝の気持ち」を沢山まわりに、
与えていたのではないでしょうか?

私はこんなにやってあげているのにといって、
不平不満たらたらの、親や、妻や夫の多いこと。

どちらが天使で、墜天使なのでしょうか?


2007/03/09(Fri) 19:03 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
マリアさまは悪人を理解されましたか
 マリアさまは、悪人正機説を理解されたとですか、それは素晴らしいことですじゃ。神様のお気持ちに近づいたようですね。いまなら、ヤハウエ神の気持ちもわかるのではないでしょうか? 確かに諦めが肝心ですじゃ。悪は必要です、善を気づかせてくれ、悪の御蔭で、善が理解できるわけですじゃ。悪は必要だから、神様も悪を生んだんですじゃ。
2007/03/09(Fri) 12:04 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
今朝はなんだか幸せです
今、近くのバラ園でバラを10本買ってきました。
これから出掛けてきます。
その前にブログを覗きにきました。
静かな、幸せな気持ちになりました。
では、いってきます。
2007/03/09(Fri) 10:07 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
錬金術者さん
お早いですね(笑)1番乗りかと思って送信したんですけど、既に、先に錬金術者さんがいらしてました(笑)

それはそうと、スェーデンボルグのお話、私的には凄く納得!

経験からして、ひょうたんから駒で、善意が悪意に取られることもあれば、反対に、動機は悪意から始まっても善意で終わることも、ままあって・・・

とかく物事、計算外に動く事がよくあるので、だったら「自分に正直に」生きたほうが、後悔はあっても諦めがつくと思いません?




2007/03/09(Fri) 09:34 | URL  | マリア #-[ 編集]
言うのはむずかしい
おはようございます☆


言葉で相手を説明しつくすのは、簡単なようで実に難しいですよね。

「分りました」と言われても、その実、こちらの的を得ているとは限りませんし、受け止め方って(当然といえば当然ながら)、ほんと、人それぞれで。。

私も正直、何が「善」で何が「悪」か分らないです。

と言うか、最近、親鸞聖人の悪人正機説?(字を覚えていませんのwごめんなさい!)の意味が、身に沁みて、実感として解るようになりましたし。。。
2007/03/09(Fri) 09:01 | URL  | マリア #-[ 編集]
与えるものと与えられるもので世界は成り立つ
 腑に落ちませんか、わが輩の言語表現力が未熟ですじゃ。この世のどんなものも与える側と与えられる側がいて成立するじょ。
 人生も、与えられる人生から、与える人生にかわるのが成長じゃね。
 与える側が、正だとしたら、与えられる側は負といえ、正が善で、天使なら、負が悪で、堕天使じゃ。
 与える側が全体で与えられる側より、多く大きければ、宇宙は進化していき、その逆だと退化していくようぞな。
 カルマにより、人は経験を与えられ、今度は、経験を与える側に立つじゃね。宇宙は、人に応じて、カルマから、体験を与えておるじゃ。
2007/03/09(Fri) 08:44 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック