2007年03月04日 (日) | Edit |
玄侑宗久著「禅的生活」ちくま新書より(3)


一切唯心造 新訳「華厳経」
(一切はただ心が造るもの)


前節で「体」と「心」と「意識」というふうに
分けて申しあげたが、最も悩ましいのが「心」
だと云えるだろう。

「心」と「意識」の区別は難しいかもしれないが、
どうしようもないのが「心」で、どうにかできるのが
「意識」と考えることは可能だろう。

そして「心」にアプローチするための手がかりが
「意識」なのである。


主に梵語の「チッタ」が「心」と訳され、
「マナス」が「意」と訳された。

語根の「チット」も「マン」も共に「考える」
というような意味だが、一応言葉が違うわけだから
違うものという認識は必要である。

人間の苦悩が成立する因果関係を表した「十二因縁」
では、「識」というのは胎としての発生によって宿る
人間の第一念とされる。

現代的には遺伝子と考えてもいいのかもしれない。
「意」と「識」が合わさって「意識」だから、
必ずしも意識のすべてがコントロールできる
ものではないと考える立場はある。

しかし唯識仏教で最も深層の意識とされる「アーラヤ識」も、
その上層にある「マナ識」も、ヨーガによって意識化し、
コントロールが可能だとされる。

その方法論を、座禅によって推し進めたのが禅なのである。
つまり意識は、無意識をもその射程に入れておくことが
できるはずなのである。

ところで意識化すればなぜコントロールできるのか。
それは会社や学校などで悪さをする人を考えてみれば
解るだろう。

「つらいんだろうね」「苦しんだろうね」と
何人かがその人の呻吟する心を意識してあげるだけで、
場合によっては信じられないくらいおとなしくなって
しまうことがある。それと同じである。

意識されていなかった心も、
意識化されるだけでおとなしくなる。

それは現代の心理学でも通用する
人間心理学の法則である。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
怖いくらいよく当たる
こんばんは☆

どうりで。。。

私も昔やりましたが「怖いくらいはずれ」まくりましたわ

最初、AB、次はB・・・という結果で、全然期待外れもいいいとこでした
2007/03/04(Sun) 23:36 | URL  | マリア #-[ 編集]
一切はただ心が造るもの・・だが
私たちは自由意志をもって、一切の目の前の現実を造っているのでしょうが、(今までは全て運命と思っていました。自分の意志にそれだけの力があるとは思っていなかった。自分の思いが現実を造っている。すばららしいことです!)でも、それも全ては大きな神仏、宇宙の法則の中にあると思うのです。だから、あながち昔からの占いがやまんばにはまちがっているとは思えません。このブログに集まる人も、なんとなく似通った人の集まりなのではないでしょうか。原子にはそれぞれ動きや性質に特徴があるように・・・。占いの言葉に縛られるのではなく、特徴を知って、自分の道を良き方向に選んでいけばよいのだと思いました。うまくいくなら、天の法則に叶う道。いかないなら、天の道に反するのだと思って・・・。
2007/03/04(Sun) 16:56 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
究極の血液型心理検査
究極の血液型心理検査↓
http://www.senrigan.net/bloodmind/
昨年6~9月の97日間に483万人が訪れ、
9割近い432万人が検査結果を「当たっている」と答えたという。


昨夏、「怖いくらい、よく当たる」と、インターネットで話題になったサイトがある。「究極の血液型心理検査」。指示に従っていくつかの質問への答えと血液型を入力すると、「あなたの性格」が表示される。6~9月の97日間に483万人が訪れ、9割近い432万人が検査結果を「当たっている」と答えた。

 実はこれは「だまされる心理」を巧みに使ったニセ検査だった。現在は、ニセ検査であることも含めて「種明かし」が載せられている。仕組みは占いの本に出ている「性格」を適当に組み合わせ、回答者の答えに関係なく表示するだけ。このように、誰にも該当するようなあいまいな内容を「自分に当てはまる」と思い込む現象は、心理学用語で「バーナム効果」と呼ばれる。

理系白書’07:第1部 科学と非科学/3 根拠ない血液型性格判断
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/rikei/news/20070214ddm016070128000c.html


四柱推命も宿曜占星術もすべての占いは
上記の「究極の血液型心理検査」に同じ「バーナム効果」
なのではないかと思うのです。



2007/03/04(Sun) 14:12 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
占いは結局関係ないかなぁ~
と思うのは「一切はただ心が造るもの」
と私も考えるからです。
その人のこころが描くことが実現してしまうという、
危険は結構大きいのです。

まあ宿曜占星術は、
自分を客観的にみる参考にはなるかも?しれません。


2007/03/04(Sun) 12:54 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
一切はただ心が造るもの
やまんばがこのブログで学び、最も意識改革ができたのは、このことに気が付いたことだと思います。

実はこのコメントを書く前にたくさんの名文を書いていたのですが、となりに「最近のコメント」の欄があり、右目のはしに「マリア」の文字が入ったのです。前後を忘れて、思わずそこをクリックしてしまい、お陰で全部書きかけのコメントが消えてしまいました。だけど、マリアさん、うれしかったよ。昨日は私の父の命日で、満月だった。お月様からのプレゼントかな?今日はいい日です。
2007/03/04(Sun) 11:49 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック