--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年02月01日 (木) | Edit |
A・スマナサーラ著「運命がどんどん好転する」慈悲喜捨の瞑想法 国書刊行会より(34)


ここに助けてあげなければならない人がいる、
だが助けてあげなければならないという助ける側の
人間の心は、これで結構大変な問題なのです。

助けようとする人間はそれだけですでに精神的な
力もあるし、素晴らしい人間なのですが、
助けようと頑張るその負荷もまた大変なのです。

この微かな“心の波”も消しましょうというのです。
心の波という負荷を消すことが即ち、
これを平等な心を育てること、
平安な心を育てることになるのです。


“ウペッカー”の解釈もまたちょっと難しくなるので、
あとで卑近な例を持って説明を加えますが、
最初に概念から言えば、生命に対して同じ生命であり、

人の上下関係やら人間の好き嫌い、きれい、きたないも
関係なく、そういう比較的な判断を一切頭のなかから
追い出してしまう、取り払ってしまうというものです。

取り払って、それで生命だ、仏教の言葉で言えば衆生だ、
有生だと言うのですが、これらすべてが生きとし生ける
ものであるという心、感情をいつもつくっておく。

「あっ○○の奥さんだ」
とか、
「あの人の子どもだ」
「友だちだ」

というようにものごとを限定して見ないことです。
「あっ、人間だ」
「犬だ」
と分け隔てて思うのではないのです。

ただ、堂々と生きているひとつの生命だという
感情をつくる。この生命とあちらの生命とは違う
というような区別をつけないことなのです。

分かりにくいとおもいますので、
ここで一例を挙げましょう。

ここに一頭の虎が小さなカモシカを獲物として狙っている
としましょう。それを見て、あなたはいったいどちらの
動物の側の感情でこの光景を見るでしょう。

カモシカのほうがまだ子どもで可哀相だと見るか、
虎のことを可愛がって、
「虎、頑張れ」
とおもうでしょうか。

“ウペッカー”はそういう一切の
ややこしい感情(心の波)を
取りのぞきましょうというのです。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ウぺッカーです
文字が小さいと見にくくてよく間違えてしまいますが
「ウぺッカー」は「べ」ではなく「ぺ」です(^.^ ;

あぁぁ~だめですね~~
ローマ字にしますとBEではなくPEです。^^

そうなんです。とても深い教えです。
次回をお楽しみに~m(_"_)m




2007/02/01(Thu) 19:53 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
一人一人の魂と
置かれた立場とか、役目とか、男とか、女とかではなく、
「ただ、堂々と生きているひとつの生命だという
感情をつくる」

というのはとてもすごいことだおもいます。

やまんばさんの
「友達や知人であろうと、一人一人の魂として接することができつつある」というのもとても素晴らしいと
おもいます。


2007/02/01(Thu) 19:38 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ウベッカーですか
 今回のは非常に深い教えですね。えてして、人間は、自分の立場と同じ、もしくは近い方、類似した側に、気持ちを起きがちですね。やはり体験が偏りをつくっているようで…。いつもの如何わしい魔術師訛りが吹き飛んでしまいましたじょ。
2007/02/01(Thu) 15:06 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
同じ生命、平等な命
今日の内容はとてもよくわかります。
やまんばが ある人を受け入れようとする時、とても苦しんだことがあるのですが、苦しむのは相手の魂を見ているのではなく、置かれた立場とか、役目を通してみていたのだと気がついたのです。それからは、例え家族であろうと、友達や知人であろうと、一人一人の魂として接することができつつあるところです。そこに気がつくまでは、○○だから愛する ○○だから、愛されるのは当たり前。などと、相手に気持ちを押し付けたり、期待し過ぎて、心が必要以上に波立ち、それがつのると、ひとりぽっちとばかり、自分の殻に閉じこもってしまっていたようです^^。まだ、気がついてあんまり時がたっていないので、忘れないようにしなければなりません^^。
2007/02/01(Thu) 11:25 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。