--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月07日 (木) | Edit |
五木寛之著「不安の力」集英社文庫より (1)


このごろ、心療内科に行ったという話しを
若い女性からしばしば聞くようになりました。

それは、編集者であったり、学校の先生であったり、
テレビのアシスタント・ディレクターであったり、
ブティックの店員さんであったり、いろいろな人たちです。

むかしは「心療内科」という言葉が、
これほどひんぱんに使われることはありませんでした。

その代わりに「精神科」とか「精神神経科」が
ありましたが、これらは患者の側でもあまり自慢げに
気楽に口にできる言葉ではなかったように思います。


それに対して、いま心療内科に行く人たちは、
そのことを声をひそめて言うことはありません。

まるでエステティックサロンに行ったかのように、
「昨日治療を受けたおかげで、今日はずいぶん楽です」と、
ごくふつうの口調で話すのです。

それがきっかけで、いったい心療内科というのはなんだろう、
とにわかに関心をもち始めました。聞くと、

大きな病院にはほとんど心療内科があるそうです。
しかも、知人の話によれば、「意外に若い女医さんが多い」
とのこと、それも容姿端麗で、やさしくて、

人間的にも魅力があり、
きちんと患者の話を聞いてくれるらしい。
まあ、彼はたまたま運がよかっただけかもしれませんが。

もしかすると、一方的に患者のほうがしゃべっている
のかもしれないのです。医者の方では、それをうなずきながら
聞いているだけなんじゃないか、という気もします。

ただ、その話のなかで印象的だったのは、
患者に対して医師がどんな指示のしかたをするか、
ということでした。

「そんなにがんばらなくてもいいんてすよ」とか、
「そういうことに気づくのはすごいですね」とか、
なかなか上手にほめてくれるらしいのです。

そして、もちろん精神安定剤などの処方はするけれども、
「あまり薬にたよらないほうがいいですよ」
というアドバイスもあるらしい。

それを聞いてちょっとびっくりしました。
『こころ・と・からだ』でも提案しているように、ぼくは
ずいぶん前からそれと同じことを言い続けてきたからです。

いまは、若い優秀な医師たちが心療内科の現場に
たくさんいて、患者にきちんと向きあっている。
薬に頼らないように、とも言っている。

これはやはり、時代の移り変わりというものを
感じないわけにはいきません。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
相手の話を、否定せず聞く
マリアさんのおっしゃるとおり
相手の話を、否定せず聞き続けるだけでも
名カウンセラーになるのかもしれません。

しかし、これは想像よりずっ~と難しいことです。
ほとんどの人が、しゃべりたがり屋ですから・・・
人の話なんか聞きたくないのです。


2006/12/08(Fri) 09:14 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
マリアさん
質問の意味がわかりません。見習いたいと書いてあるのですが・・何を?ごめんなさい。わかりません。
2006/12/08(Fri) 07:02 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
こんばんは☆

あたくしも興味深々ですわ。

やまんばさん、是非、お教えください。

見習いたいので、私。
2006/12/07(Thu) 17:58 | URL  | マリア #-[ 編集]
名カウンセラー
こんにちは☆

相手(患者)の話を、否定せず聞き入る。同調する。「それで?」「それから?」

悩み相談も心療内科も、精神内科の患者の大半ですら、多くの人が求めているのは「理解」と「慈しみ」

今日のろくろくさんみたい人が廻りにいたなら、カウンセラーは必要ないんでしょうね。きっと。。


2006/12/07(Thu) 13:26 | URL  | マリア #-[ 編集]
ひょんなこととは・・
お金持ちの家に養子に入ったことです。後の二人は主人に先立たれ、子供のいない人たちです。もう、かなりのお年寄りになられました。お金以外の話は普通に出来るのですが、とにかく禁句です^^。お金は回りまわって、いろんな人の思いを経ているので、怨念や、執念がつきまとっているのではないでしょうか?きたら、必要なだけいただいて、(貯金もね)あとは出したほうが、身のためと最近ますます思います。だから、やまんばは宝くじは買いません。たくさんいただいたら、最初の日は半分寄付しよう、翌日は、まあ、三分の一かなあ?もう、三日目には、髪が逆立ち{修羅になっていること疑いなし}自分で独り占め^^ 。こわいです。今なら、千円もたせたら、機嫌よく遊べる人ですから、カハカハ
2006/12/07(Thu) 12:46 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
お金は魔物

倹約で夜も電灯を使わない?
すごいなぁ~

お金がないときは、親切でやさしかった人が、
ひょんなことで、お金が入ってから、変ったんですか?
へぇ~そういうことなんだ~~

やまんばさん、その「ひょんなこと」って
どんなことですか?わたくしとてもとても興味津々です。
ご存知でしたらお教えください。m(_^_)m

他の身近のお二人についても、できるかぎり詳しく
お教えください。

ホントに人間って変ですね~~

2006/12/07(Thu) 10:56 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。