2006年11月29日 (水) | Edit |
A・スマナサーラ著「運命がどんどん好転する」慈悲喜捨の瞑想法 国書刊行会より(3)


もちろんそうした商品は、
ただお金を出せば買えるという
単純な方法で売るというのではなく、
そこにはちゃんと仕掛けが用意されています。

ある種の行為を促すことによって、
その商品への信用性を植えつけるのです。

シックスセンスと言って、
人間の第六感を開発しようとチャクラを取り入れたり、

そのチャクラも本来のインドの伝統的な瞑想としての
方法ではなく、アメリカから輸入してきた新しい
宗教的概念による方法を売り物にするわけです。


また、ヨーガをやりましょうというのも出てくる。
このヨーガにしたってインドの正式なヨーガではなく、
インドのヨーガをちょっと聞きかじった人間が
考えだした現代的な、

それこそヨーガもどきとも言うべき代物で、
そんなヨーガやチャクラを勉強しょうとすると、
それだけで途方もない高い金額を取られるわけです。

それはそうでしょう、相手はそれが商売ですし、
何といってもこの世の中の常識では考えられない
“奇跡”を売りつけるわけですから、
ちょっとやそっとの金額では買えないわけです。

その金額の高さもまた希少価値というのか、
商品の絶対価値を引き出す役目を
果たしているわけです。

この私などにも過去にそういう勧誘がいくつかあった
わけです。「こんな素晴らしい宗教があるんですよ。
あなたも宗教を信じたらどうですか」とか、

人間はごはんだけでは生きていけないんですよ」
あるいは、「どんな人間にも魂が宿っているんですよ」
などというのもある。

人間には魂が宿っているなどという話は実は驚くべきこと
なんですけれども、だれもあんまり驚かない。

驚くべきことと言うのは、
もしこれが本当に事実ならば、
こんな重大なことは学校で教えるはずですからね。

学校でも、あるいは日本の代表的な三大新聞にも
そんな事実のあることは報道されないのです。

これまでいろんな角度から、いろいろな分野から
人間のことが研究されてきましたが、未だに、
「人間には魂がある」と言う事実は証明されないのです。

それでも魂があると言うのははなはだ
非合理的ではないかと質問すると、

「いいえ、それは宗教の世界だから合理や
非合理では分かりませんよ」とその言葉を、
錦の御旗をかざすように切り札として使ってくるのです。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ろくろくさん♪
こんばんは☆

「女は謎のようにわからないが、一度知ってしまうと興ざめな点では共通している」ですわ☆
2006/11/29(Wed) 20:15 | URL  | マリア #-[ 編集]
おもしろいです^^。
今日のろくろくさんのコメントの{神経衰弱するじゃ}はお人柄が感じられておもしろかったです。それから、やまんばはスウエデンボルグという人をしりませんでした。パソコンで検索してみたら、興味を持ちました。
2006/11/29(Wed) 19:44 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
白髪を染めてるやまんばさん
現在ほとんどのご婦人は髪を
そめていらっしゃるようですね。
お化粧も騙しといえばだましですね。

騙されたいというか、
身だしなみみたいなことでもありますから。

でもたしかに騙しにはちがいないなぁ~~


2006/11/29(Wed) 18:19 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
神経衰弱するじゃ
わたくしはいつもグルグル目が回っていて、
矛盾にたとりついてばかりです。

騙すというか知っててウソをつくことは
しばしばありますし、

知らないで騙されたり、結果騙していたりすることも
けっこうありますね~~ひどいもんです。

オレオレ詐欺とかそういうことはもちろん
しませんし、悪意に満ちた騙しは自分では
したことはないとは思っています。


そして、神経衰弱してるじゃぁ~
というかただの老化かもしれんじゃぁ~(^。^;)



2006/11/29(Wed) 18:11 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
人間には魂はある
かどうか、わたしには分かりません。
死後魂だけが残って肉体が滅びるのかどうか
分からないのです。

ただどちらでもよいように
準備はしておきたいと思います。

信じるとか信じないという問題ではなく
事実としてはっきり納得できなければ
ならないとおもいます。

魂があったらこれはこれで面白いとは
思います。


2006/11/29(Wed) 18:00 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
何度もうざくごめんなさい(笑)

>悪賢い連中を見て、自らが、それを上回り、良い方向に結びつければよい

同感です。私もそう思いますわ。それしかないと。
2006/11/29(Wed) 14:09 | URL  | マリア #-[ 編集]
反省
やまんばはやはり、世間知らず。マリアさんはすごいですね。尊敬します。現に今白髪を染めてる最中、やまんば、完全に世間様を騙していました。カハハ、ごめんなさい。以後、 自分の中にどちらの要素もあることを忘れないようにします。
2006/11/29(Wed) 13:25 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
騙す人は実は自分が騙されている
 騙す人は、自らも騙しているじょ。騙し慣れている人は、自己も同時に騙しているので、真実の自己からどんどん遠ざかっていくじょ。
 他者を偽っておるが、実は自己を偽り、自己を信じることが出来ない弱さにあるじゃ。だから、ありのままの自分が嫌で、仮想の自己に憧れ、それを物質的手段で満たそうとするじゃ。だから人を騙す人は、その分、肉体が蝕まれていくじゃろう。
 これらのことは、魂の存在が証明できないように、証明はできないじゃ。証明というのは、物質的事項に置き換え、論理構築しなければならんじゃから。神の存在だって証明はできんじゃ。
 人間の存在を証明してくれといっても無理じゃろう。他の感覚に捉えられる動物と比べるしかないわけじゃ。漠然とあるとしかいいようないじゃ。
 みたことがないからといって、この世に存在しないとはいえないわけじゃ。しかし、みたものがいて、その存在を信じる人がいることは確かじゃろう。
 魂の存在を信じる信じないかは、その人の意識の問題で、その人の勝手じゃろう。わしは魂の存在が意識できるとしかいいようがないじゃ。だからといって、他の人が、否定しようが、一向に構わんじゃ。
 そうか、そうかというだけじゃ。
 悪賢い連中をみて、自らが、その悪賢さを上回り、善い方向に結びつければよいじゃ。そうすれば、悪も善の為になるじゃ。
 幼子のように、どうして、どうしてと説明を求めればいずれ、辻褄があわなくなってくるじゃろう。論理を続けていくと、グルグル目が回ってきて、矛盾にたとりつくじゃ。そして、神経衰弱するじゃ。
2006/11/29(Wed) 13:10 | URL  | 錬金術者 #-[ 編集]
騙す人、騙される人。。。
騙すのも騙されるのも、両方の部分がありますよね?人間には。

その、自覚があるなしに関わらず誰にでも。

ただ、金銭が絡んでいないだけで、法にふれないだけで。

人の恨みをかうようなマネは勿論いやですけど、騙されるのも嫌ですので、そのためにも「世間知らず」はいけませんね☆



2006/11/29(Wed) 12:23 | URL  | マリア #-[ 編集]
こんにちは☆

「人間には魂はある」のは私にとっては、議論の余地がないほど、厳然たる事実であり、信じる以前の問題なのですが。。。

学校や新聞で教えていない=真実ではない、の発想は、私にはありませんしそれだけが全てではない。

むしろ、学校や新聞で教えらたから「正しい」と、よく考えもせず、無批判で鵜呑みにするのが怖いですし、危険では?と思います。

魂の問題に限らず、新聞や学校では教えてくれることには限度がありますし、何より「正しい」とは限らない。結局は自分で見聞し、その中から真実や真理を見極めるしかないと、そう感じますわ。


2006/11/29(Wed) 12:08 | URL  | マリア #-[ 編集]
騙す人は・・・。
いつか、自分がだまされていくように思えます。何回も何回も言葉に出しているのだから、脳は自然と覚えているのではないでしょうか?本当に怖いことです。「それはウソでした。取り消し」といったところで、間に合わないかもしれません。お互い気をつけましょうね^^。まあ、騙されると本当に悔しいとはおもいますが、やまんばは、騙すより、騙されるほうがよほど救われると、心から思うのです。
2006/11/29(Wed) 11:09 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック