--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月22日 (日) | Edit |
土居 健郎 著「表と裏」弘文堂より(18)


そこで問題は、
どうやってこのようなゆとりを
身につけるかということになる。

すなわちゆとりが大変望ましい状態で、
心の理想的なあり方を示していることは
明らかだが、

どうやったらこの状態を達成できるかは
必ずしも明らかではないのである。


私は1979年、ザルツブルグで開催された世界衛生連盟の
会議でゆとりを英語で説明するよう求められて、
この点を説明するのに一番困った。

それが何が一番大事かを見分けられる能力に関係し、
価値の問題と深くかかわるところまでは説明できたが、

それ以上論ずることは自分のゆとりを
失う怖れがあるから御免蒙りたい、
といって議論を打ち切ってしまった。

これは云わば苦しまぎれに述べたことであったが、
しかし後になって、自分がそこで充分自覚はしなかったが、
大変重要なことを言っていたことに気付いた。


それはゆとりを持つためには、
何が一番自分にとって大事かというところは
秘密にしておく必要があるという点である。

秘密にしておかないと、
自分の自由がきかない。

したがっていざという時に、
ゆとりを生み出すことができない。
すなわち余白や暇をつくり出せない。

恐らく昔の人が、
内に恃むところがあると形容したのも、
同じような精神のあり方をさして云ったのであろう。

そこで、1983年国際価値会議において再び
「ゆとりについて」と題して講演した時には、
世阿弥の「秘せずは花なるべからず」
という言葉を引いて、

ゆとりは生活の花であり、
これは秘密の価値なくしては咲かすことが
できないだろうと結論したのである。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おてんとうさま
は仏教では大日如来ということになるんでしょう。

で、おてんとうさまはどこにいらっしゃるか
というと「みんなそなたの胸のうち」に
あるということになるのです。

おてんとうさまもあなたのご機嫌が悪いと
曇ってしまうし、
ご機嫌がよいと日本晴れになる。

つまり
秘密を持つ基準は自分の直感でしょうか?





2006/10/22(Sun) 15:58 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
あ~っ!早くお迎えきてくれないかしら
って思えるのは
ある意味スゴイです。

わたしはあ~っ早く死にたい!
と思ったことないですから。

やっといろいろ分かってきたのだから
もっと分かりたいとは思いますが
死にたいとは今のところ考えません。

ゆとりは、他人を当てにせず、
ものごとが満足にいかなくても
よしとすることでしょうね。






2006/10/22(Sun) 15:47 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
秘密
何が一番自分にとって大事かというところは秘密にしておく。秘密にしておかないと自分の自由がきかない。・・・わかりました。だけど、やまんばがどんなに巧妙に隠していても不思議と見抜く存在があるのです。それは、おてんとうさま^^。だから、やまんば、おてんとうさまが許してくださるかどうかで、秘密を持つことにいたします。その基準も、きっと、そこから教えてくださることでしょう。
2006/10/22(Sun) 14:57 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
精神的自立☆
おはようございます☆

楽しみは自分でみつけ、他ならぬ自分自身が作り出すもので、誰かを当てにしていては、結局、幸せにはなれない・・・んですよね。

それを、『大前提』にするとありとあらゆる人間関係に、過剰に期待することがなくなりますし、真の意味で精神的に『自立』できるようになり、そうなって初めて、心に余裕「ゆとり」が生まれてくる・・・と、頭では解っていても、時に、寂しくもなるのですが、私(笑)。。

この前も「あ~っ!早くお迎えきてくれないかしら」って、つい願ってしまいましたし。

修行がまだまだ足りませんわ。。。

ゆとり=余裕、って身につけるものではなく、生まれてくるものですものね。本来。。

精神的に『大人』に成長し『自立』ができると、自然と「秘すれば花」の心境になり、その意味するところも理解できるよになるのでしょうね

私も、そうなれるよう、これからも精進していきますわ☆



2006/10/22(Sun) 12:36 | URL  | マリア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。