--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月26日 (月) | Edit |
花山勝友著「親鸞・悪人のすすめ」大和出版より(10)


こちらが救ってくれと誰も
阿弥陀仏に頼んだ覚えはないのに、
勝手に救うといっている。

好きにすればいいじゃないかと
思っていたが、

ある日、自分が生きている喜びに
気がついたとき、自然に“何かに対して”
感謝の気持ちが湧いてくる。

それが「親のお陰」であり、
「あなたのお陰」であり、
「あの人のお陰」であるわけです。

「ご先祖様のお陰」であるかもしれないし、
「今日のご飯のお陰」であるかもしれません。

それをこのようにいちいちいっておれないから、
まとめて「なむあみだぶつ」という言葉で
あらわしたのです。


親鸞はさんざん苦労した結果、
ハッと気がついたのです。

誰も阿弥陀仏に救ってくれと
いった覚えがないのに、向こうから
大きな光を投げかけてくれている、と。

そのときの、心からの感謝の気持ちを
ひとことであらわしたのです。


ですから、『歎異抄』の最初のところで、
こういっています。

「念仏もうさむとおもひたつこころのおこるとき」

念仏しようと思う心が、“起こすとき”ではなく
“起こるとき”となっているのです。

起こるとき、というのは自然に感謝の念が
出てきているということです。


私は、この親鸞の思想は、
生きることに喜びを感じていない
いまの現代人にとって、相当なインパクト、
新鮮な衝撃を与えるだろうと思います。


いまの人は、ちょうどあの慢心した
孫悟空のように見えます。

ちょっと力を得たら、
己の力を過信して暴れまわり、
お釈迦様にも挑戦します。

「オレはひとっ飛びで地の果てまで来た」
と思ったら、しょせんは掌の中だった、と。

自分ひとりで生きている、
と自分の力を過信している人間は、
どんなに物があふれかえろうと、

どんなにお金を稼ごうと、
いっこうに満足することなく、したがって
感謝の気持ちが湧いてくることもありません。

少なくとも、自分の力だけで生きてきたんじゃ
ないのだ、と気がつけば、思わず、
「お陰さま」という言葉が出てくるはずです。


親鸞の南無阿弥陀仏は、
この「お陰さまで」
というのと同じなのです。

感謝の気持ちの象徴なのです。
さらにいえば、
この言葉を使う必要もないのです。

「お陰さま」でもいいし、
「ありがとう」でもいいのです。

アメリカの三歳の子どものように、
「サンキュー」でも同じことです。

大事なのはそうした言葉が
自然に出てくる心のほうです。


次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング

スポンサーサイト
テーマ:哲学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
おかげさまです
そういえば「ありがとう」と書いた御札やシールを
貼った食べ物が腐らないとかありましたね。

私も「ありがとう」シールをを貼った封書をいただいた
ことがあります。あれはなんでしょう。

なにはともかく、みなさんのおかげで日々学び続ける
ことができます。


2006/06/26(Mon) 17:08 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
うれしいな 
昨日のコメント、ろくろくさんにほめられた。Aを三つもいただいた。なんで誉められたのか今日のブログでわかりました。喜びで体がふくらみ、得意満面、鼻の穴まで膨らんできました。それから、錬金術者さんの{みえないものが、死んでみえるものになる。だから、この世には、日々死しかありません}昔、夜空の美しい星の光はもうだいぶん前の光だと知らされて、やまんばは心底驚いたのですが、その時の感覚を再び体感しました。あー、頭がおかしくなりそう。流れる水はつかめません。今、この一瞬は、、、あー、すでの過ぎ去った。疲れた。寝ます。
2006/06/26(Mon) 14:48 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
やまんばさん ろくろくさん
ご挨拶があとになりまして申し訳ありません。
いつぞやの、お2たかたのコメント大変嬉しかったです。これからも、プログ、拝見させて頂きます。
2006/06/26(Mon) 11:25 | URL  | マリア #-[ 編集]
「お陰様で」は、数ある日本語の中でも、最も好きな言葉のひとつです。最近、「ありがとう」のブーム(?)のせいかあちこちで、「ありがとう!」の嵐が吹き荒れてるように(私には)おもえます。、勿論、言葉だけにせよ、言わないより言ったほうがいいに決まってますが、その根底に、やれ、波動がどうのとか、本来、相手や物に対する心からの感謝の気持ち以上に、まるで幸せの呪文のように使ってる、手合いが増えてるように感じるのは、単なる私のやっかみでしょうか。。。錬金術者さんが、いつだかコメントしてらしたように、「その言葉を発する気持ち、心構えの方が重要(違ってたらごめんなさい!)」っておもいますね。最近、つくずく!
2006/06/26(Mon) 11:14 | URL  | マリア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。