2016年01月01日 (金) | Edit |
ティク・ナット・ハン著「微笑を生きる」春秋社より (55)


ある日、秋の公園で、
小さなハート型をした美しい木の葉を見つめて、
観想に浸っておりました。

その葉はすっかり紅葉し、
あやうげにえだからぶらさがっていたのです。

私は長いあいだ、
その一枚の葉のところにとどまって、
この小さな葉にいろいろな質問を浴びせかけて
いました。

そうしているうち、
木の葉はその木にとって母親だと思いあたりました。

普通は木が母親で、
葉は子どもにすぎないと私たちは考えます。
しかしこの葉をじっと見つめていたら、
葉のほうが木にとって母親だと気づいたのです。

木の根が吸い上げる樹液は水とミネラルで、
それだけでは木は育ちません。

その樹液が葉のところまで来ると、
葉はその樹液を太陽の光と炭酸ガスの助けを借りて、
豊かな養分に変えて、木に返してくれるのです。

だから葉は、木にとって母親のような存在でもあるのです。
そして木と葉は葉柄(茎)によってつながれているので、
茎を見れば、木と葉の関係がよくわかるのです。

私たち人間は、お母さんの胎内にいるときには、
長い茎のような臍の緒でつながっていますが、
この世に生まれでてからは、
もう母親とつながる茎を持っていません。

胎内では、胎児が必要とする酸素や栄養分は、
この茎をとおって流れてくるのです。

けれども産み落とされると同時にこの茎を切られるので、
母親から独立して、一人前になったような幻想を持って
しまいます。しかし本当はそうでありません。

私たちはいまでもずっと母親に頼っているし、
ほかにもたくさんの母親を持っています。

この地球は私たちの母親です。
この母なる地球に私たちを結びつけている茎は、
ほかにも数えきれないほどたくさんあるのです。

空の雲と結びつけている茎もあります。
もし雲がなければ、私たちが飲む水はなくなります。

私たちの体の、すくなくとも七十パーセントは、
水からできているのをご存じでしょう。
雲と私たちの体はつながっているのです。

川も、森も、木こりも、農夫も、みんなわたしたちと
つながっているのです。この地球のあらゆるものと
私たちはつながっているのです。

この宇宙のあらゆるものと私たちはつながっているのです。
何百何千という茎でつながっているのです。




次回につづく

スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック