--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月15日 (金) | Edit |
藤田紘一郎著 50歳からは「炭水化物」をやめなさい
~病まない・ボケない・老いない「腸」健康法~より(18)


高度に発達した文明社会での生活は、体内に活性酸素を発生
させますが、もう一度裏を返して世の中をみれば、不老長寿
を実現しやすい環境にあるともいえます。

第一に、食が豊かです。人間の消化機能を超えるほどの飽食
にはしることもできれば、食品添加物にまみれた安価な食品
で食事を終わらせることもできる一方、体が必要とするもの
を上手に選んで食卓を彩ることもできます。

活性酸素は、食によって発生すれば、食によって消すことも
できます。食事は、寿命の回数券の使い方決める、最も重要
な要素だと考えてください。

50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~
(2012/09/21)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


活性酸素を発生させる食事とは、食品添加物を含む食品をと
ることです。また、食べ過ぎも体が悲鳴を上げ、活性酸素を
出させます。

「今日くらい、食べ過ぎてもよいだろう」と、自分の消化機
能を超えるほどの食事をすれば、一日でテロメアをグッと減
らすことになります。

一方テロメアの短縮をゆるやかにする食とは、どんなもので
しょうか。

一つは、50歳を過ぎたら、糖質の摂取を極力控えることで
す。糖質制限食は、体内から発生する活性酸素の量を減らす
ことができます。

もう一つ重要なのは、活性酸素の働きを抑えるような抗酸化
力のる食品を食べることです。抗酸化力のある食品とは、す
べて植物性の食品です。

植物は、炭酸ガスを吸収して、酸素を排出しています。酸素
は、活性酸素に変質しやすく植物にとっても危険な物質です。
そこで、植物は、自分自身の身を守るため「フィトケミカル」
と呼ばれる抗酸化物質を大量に持つようになりました。

「フィト」とはギリシャ語で植物、「ケミカル」は化学物質
の意味です。フィトケミカルには、活性酸素を無害化する働
きがあります。

それは、どんな植物かといえば、ネギやにんにくをはじめと
する植物の持つ独特の色素・香り・辛み・苦みの成分です。

こうした植物成分が、強力な抗酸化力を持っています。
そうしたものを毎日の食卓に進んで並べることで、活性酸素
の害は大幅に消し去ることができるのです。


次回につづく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
恥ずかしい話なんですが、生活に困っていて…
絶対に知っておいて損はないはずです。
仕事がみつからず、お金も友達もなくなりました。
こんなものがこの世にあるなんて衝撃的でした。
苦しかった生活が一変しました。
借金を一括で全額返済できるんです。
本気で知りたいという人だけに教えます。
もし知りたい人は、banana_ayako@yahoo.co.jpまでメールしてください。
メールもらえたらすぐに教えます。
2014/08/21(Thu) 22:37 | URL  | 瀬田 #27Yb112I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。