2013年09月01日 (日) | Edit |
A・スマナサーラ著「意のままに生きられる」ヴィパッサナー瞑想法 国書刊行会より(5)


瞑想には基本知識が必要です。
初心者や仏教をよく知らない人たちにとって、
瞑想というと、魂の浄化とか、

クンダリーニの上昇とか、
チャクラの開発とか、
訳の分からないことなどよく聞きます。

神との一体化という人もいます。
仏教でも如来と一緒になる
という人がいますね。

ヒンドゥー教のヨガでは、
我々の尾てい骨の辺にクンダリーニという
エネルギーが出ているのだと言います。

意のままに生きられる―ヴィパッサナー瞑想法 (シリーズ自分づくり“釈迦の瞑想法” (2))意のままに生きられる―ヴィパッサナー瞑想法 (シリーズ自分づくり“釈迦の瞑想法” (2))
(1997/09)
A・スマナサーラ

商品詳細を見る


そんなに大事なものだったらなぜ
お尻のところに隠れて寝ているのですか。

そんなに大事なものだったら、
勝手に上がってこいというのです。
ばかばかしいことでしょう。

……
瞑想をしていると、
自分の浮のエネルギーとでもいうか
軽いとでもいうか、

そういうエネルギーが、
どんどん下から上へあがってきます。
それは当たり前なのです。

それは、座っているときに
一番重さを感じているのは
お尻や足なので、

心が軽くなってくると、
お尻も足も軽くなってくる
という理屈なのです。

その軽くなった状態がまとまってきて、
どんどん上にきて上にきて、
頭のてっぺんまでくるのです。

すると何だか自分自身がぜんぶ消えたような、
実にいい気持ちになるのです。

その感覚を、ある宗教ではクンダリーニの上昇
とか言って説明しているだけなのです。
たいしたことのないことを大げさにしてしまう。

・・・・・・
仏教ではそういう訳の分からない
言葉は使わないのです。

ただ身体には沈静化する働きを持つ
エネルギーがあるというだけです。
そして、心によって身体が変化すると説明します。

そういう知識をもった上で瞑想をします。
瞑想と言ってもいままでの瞑想のイメージと違うので、
皆さんは、これがほんとうに瞑想なのかなと
おもわれるかもしれませんが、

我々の瞑想では最初からよけいな判断を
やめることにチャレンジします。

瞑想をはじめた瞬間から、
悟りの第一段階にチャレンジするのです。


では具体的にはその瞑想は
どうするかという話に移りましょう。
まず歩く瞑想を説明します。

・・・・・・
まずしっかり立つ。
しっかり立ってからしっかり歩く。
歩くときは、下を向いて歩くのではなくて、
まっすぐ前を見て歩く。

・・・・・・
歩くときも何も判断しない。
ただ歩くことに集中するのです。


次回につづく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック