--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月15日 (土) | Edit |
藤田紘一郎著 50歳からは「炭水化物」をやめなさい
~病まない・ボケない・老いない「腸」健康法~より(4)


少し前、若い人の間で「炭水化物抜きダイエット」が大変に
流行ったことがありました。

「炭水化物を一切とらなければ他は何を食べてもいい」とい
う手軽さが魅力に聞こえたようですが、実際これをやった若
い人に聞いてみると、ふらふらになって、3日ももたなかっ
たと言っていました。

それもそのはず、若いときに体を動かす燃料となるのは「糖」
なのです。

50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~
(2012/09/21)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


そして、「糖」とは甘い物だけでなく、炭水化物を分解して
作られているのです。炭水化物をとらなければ、他の栄養を
とっていたとしても、エネルギーが湧かないのは当然のこと
です。

疲れたときに甘いもの(糖質)を少し口にすると、「さあ、
がんばろう」瞬間的に気持ちが動くのも、「解糖エンジン」
がすぐに動いてエネルギーが作られるからです。

38億年の進化の歴史をたどれば、私たちの祖先となる生物は
無酸素と低温の環境に生きていた単細胞生物でした。強力な
放射能に地球がさらされ、生物は深海でしか生きられないと
いう、過酷な環境の中で作り出されたのが「解糖エンジン」
です。

ですから、「解糖エンジン」は低酸素・低体温の環境でよく
作動します。

「解糖エンジン」では、糖質を分解する化学反応によってエ
ネルギーを作り出します。特徴は、必要に応じて瞬間的にエ
ネルギーを生み出すことです。

若く活動的なときには、瞬発力に長けた「解糖エンジン」が
よく働きます。ですから、「解糖エンジン」の原料となるも
のを食べる必要があります。

ご飯やパンなどの穀類やいも類には炭水化物が豊富に含まれ、
炭水化物にはでんぷんなどの糖質が多く含まれます。

「炭水化物は太る」というイメージを持つ人が多いようです
が、若い体は毎日きちんと食べる必要があります。若い人が
「炭水化物抜きダイエット」を長くやるべきではありません。
全体のエネルギー量が減り、活力を保てなくなります。



次回につづく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ツイッターが表示されない
(゚Д゚)ノあらー
いつの間にかツイッターが表示されなく
なってますね。
残念です。

2013/06/20(Thu) 15:04 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。