2013年04月01日 (月) | Edit |
J・クリシュナムルティ 中川吉晴訳「瞑 想」星雲社より(39)



The death

that meditation brings about

is the immortality of the new


瞑想がもたらす死によって

不死なる新しいものがあらわれます


tanpopo


あなた自身が それに出会うなら

それが もっともすばらしいことです

わたしは そのなかに入ってゆくことができます

しかしそれについて語られていることは

語られるそのものと同じではありません

あなたが

あなた自身を見つめることによって

これらすべてのことを学ぶのです

どんな本も

どんな教師も

それについて あなたに教えることはできません

ひとをあてにしてはなりません

宗教団体に加わってもなりません

ひとは そのすべてを

自分自身から

学ばなくてはならないのです

こころは そこで

信じられないものを発見するでしょう

そこには

バラバラに引き裂かれているものは

なにひとつありません

だから そこには

はかりしれない落ち着きがあり

軽やかさがあり

流れるような動きがあります

そのような心には

時間は存在しません

それゆえ

生きることは

まったくちがった意味をおびるのです





J・クリシュナムルティ 中川吉晴訳「瞑 想」完了



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック