2012年11月13日 (火) | Edit |
蓮村 誠著「毒を出す食ためる食」(16)
食べてカラダをキレイにする40の法則より
   

A、本当です

苦いものは食事の最後に

食事の最後は少し苦いものや渋いもので終わらせると、
こころにもからだにもよい効果があります。

緑茶には苦味や渋みがありますから、その点で食後の
一杯が健康によいのは本当です。

ここで、食事のよいとり方(味の順番)を簡単にご説明
しましょう。

毒を出す食 ためる食毒を出す食 ためる食
(2008/12/20)
蓮村 誠

商品詳細を見る


最初は重いもの・脂っこいもの、甘いもの、こってりし
たものから食べます。食事のはじめのうちは、いちばん
おなかが空いていて消化力が強いので、消化しにくいも
のからいただくというわけです。

食べ進むと、消化力はだんだん落ちてきますから、中間
で辛いもの、しょっぱいものを少し食べて、食欲をあお
ります。

そして最後は苦いものや渋いもの、スープのような軽い
物で終わらせます。すると満足感を持って静かに食事を
終えられるので、食べ過ぎを防ぎ、消化しやすくなりま
す。満足感は心を穏やかにするので、精神的にも良いで
すね。

また、食事のあとに水分をたくさんとると消化を悪くし
てしまうので、飲み過ぎは避けてください。

1口メモ

○こうやって食べて
食事の最後に少量飲みます。

○ここに気をつけて!
お茶は飲み過ぎると消化を悪くするので、
適量をこころがけましょう。

○ちょっと裏話
苦味はピッタやカパを下げ、ヴァータを上げるので、
ピッタやカパ体質の人にはおすすめの味です。苦み
や渋みをもつ緑の野菜も、食べると良いでしょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昼のタンブラーより
人間が自信をなくす原因は、自信の持ちすぎである。

自分が「この程度の仕事サクッと終わらせられる」と思っているのに、実際にやるとうまくいかないとき、人は自信をなくす。

「抜群のスピーチをしよう」と思って、実際にはうまく喋れなくて、自信をなくす。

妄想の中の自分が事実に反して素晴らしすぎるから、その「妄想の中の素晴らしい自分」が振る舞うように振舞おうとして、できないので苦しむ。

「自分の仕事に自信がない」というのは、奇跡的な成功を頭で妄想しているせい。現実の自分ができるようにしかできない。できることをすればよい。「自分は精一杯やった」と思える状態を目指すのがよい。

” — 「自信がない」は自信の持ちすぎ - 西尾泰和のはてなダイアリー
2012/11/16(Fri) 12:17 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
今朝のタンブラーより
“あわてない、あわてない。あとまわし、あとまわし。”




2012/11/16(Fri) 09:59 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
おはようございます^^^
やまんばはしばらく家を留守していました。

ろくろくさんもみなさんもお元気のことと思います。

田舎のねずみのやまんばは、日常とまったくちがうリズムで生活していたので、体がびっくりしたらく、腸の調子がくるい、むくみが出たりしました。
緑茶などの摂取量も 普段よりはうんと少なく 食事もおいしいけど塩分はかなり多いと感じました。

しかし、人間の体は不思議なものらしく、旅の後半はそういう環境にも適合していったように思います^^^^

家に帰ると庭の紅葉が真っ赤に染まって迎えてくれ、何もかも、サイズがぴったり合う洋服を着たようで、やっぱり 家はいいなあ・・・と思いました^^^^^^
2012/11/14(Wed) 05:19 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック