2012年05月13日 (日) | Edit |
蓮村 誠著「毒を出す食ためる食」(10)
食べてカラダをキレイにする40の法則より


A、うそです

目と皮膚の病気の原因に

ゴマ油を食用として多くとると、
目と皮膚の病気を引き起こしてしまいます。
ゴマ油は、ピッタを増やす質を強く持つからです。

ではゴマ油を全く使わないのがよいかというと、
そうではありません。

ゴマ油は肌に塗ったり、
マッサージに用いたりします。

毒を出す食 ためる食毒を出す食 ためる食
(2008/12/20)
蓮村 誠

商品詳細を見る


ピッタが多いゴマ油をマッサージに使うと
体が良く温まるからです。

とても不思議なのですが、
ゴマ油は食用にすると目に良よくないのに、
頭のオイルマッサージに使うと
目の疲れをとる効果があります。

でも、まぶたに塗ってはいけません。
目に入れてもダメ。

ゴマ油が目に入るとびっくりするほど
痛いのです! ご注意ください。

1口メモ

○こうやって食べて
食用としては使いません。

○ここに気をつけて!
目に入れないように注意しましょう。
瞼にも塗りません。

○もし、ゴマ油が目に入ってしまったら、
すぐにギーを入れてください。
ギーを入れた瞬間に痛みが消えます。


次回につづく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ごま油
やまんばはゴマ油は好きです。
料理にも使います。

特に香りが好きです。

上等のゴマ油には、あまり香りがありません。
だから、料理に香りがほしい時には、市販の普通のゴマ油のほうを使います。

マッサージに使うという発想はありませんでした^^^^
上手な方なら、是非一度やっていただきたいものです。

想像するだけで、気持ちよくなり、眠くなってきました。
2012/05/13(Sun) 10:30 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック