2012年05月07日 (月) | Edit |
YouTubeで音楽の旅(17)

朝、目が覚めたらいつも
枕元に置いてあるiPodをオンにする。

一万曲ほどがシャッフルされていて
次にどんな曲が流れてくるかは
わからない。

今朝、最初に流れてきた曲は
井上陽水の「目が覚めたら」だった。


目が覚めたら  井上陽水



永遠のシュール永遠のシュール
(2009/03/25)
井上陽水

商品詳細を見る

井上陽水のアルバム「永遠のシュール」の最後の曲がこれ。

目が覚めたら  井上陽水

目が覚めたら恋は夢
気がついたら朝の夢
森の中から聞こえてくるのは小島の歌

目が覚めたら恋は夢
瞬いたらただの夢
窓の外からのぞいているのは あのお日さま

青い夜が星を散りばめ
あなたとわたしは見つめ合い いだき合う

目が覚めたら恋は夢
ふりむいたら朝の風
庭の小川を流れてゆくのは落葉の船

青い夜が星をにじませ
あなたとわたしは口づけを いつまでも

目が覚めたら恋は夢
気がついたらすべて夢
部屋の扉をたたいているのは
いつものママ
私のママ
あの あのママ


あんなに夢中になった恋も
真剣に取り組んだ仕事も

気がついたらすべてのことが
夢だった、だなんて、ホントすぎて
幸せな気分になりませんか?


この時期、この季節になると聴きたくなるのが
「水無月の夜」。曲のイントロの部分はちょっと
ビックリされるかもしりませんが、一分ほど
ご辛抱ください。

水無月の夜 井上陽水


水無月の夜 井上陽水

螢狩りから もどった君は
足も洗わず 籐椅子に

川むこうには たくさんいたと
ゆかたのすそをぬらして
水無月の夜 送り火の前

夏帯解いて ゆかたを着がえ
たけの長さを 気にして

君の作った 砂糖水には
かげろうゆれて 動いた
水無月の夜 迎え火の前

蚊帳をくぐって 螢かごあけ
笹の葉を持ち とまれと

灯りを消せば 螢も見える
夜具とゆかたのふれ音
水無月の夜 螢火の中


招待状のないショー招待状のないショー
(2001/05/30)
井上陽水

商品詳細を見る

水無月の夜はアルバム「招待状のないショー」の中の8番目の曲です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
夢から覚めるということ
ドアを開けたら、次のドアがある。
また開けたら、次が・・・また開けたら・・と、永遠にドアが続いていく。

草間弥生さんの鏡を使った作品の「奈落の底」みたいですね。

ろくろくさん、コメントありがとうございます。
でも、やまんばにはむつかしかったです。

どうやら、生涯「夢の中」・・・ということになりそうです^^
2012/05/10(Thu) 10:49 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
螢狩り
いつ
どこで
だれと
螢狩りに行ったのか
記憶がないのですが

夢中になってカメラの
シャッターを切り続けていた
ような気がします。

その時撮った写真は
どこに行ったのだろう


2012/05/09(Wed) 18:36 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
夢から覚めた今?
やまんばさん
まだ「夢から覚めた」とは言えないのです。

夢から覚めたと言える時とは
ノンレム睡眠の夢の中ではっきりと夢を見ていると
自覚している意識があること。

深い眠りのレム睡眠の時にも、ハッキリ意識があること
だとラマナ・マハリシは言います。

わたしたちはレム睡眠の時はまったく意識がありません
から、覚醒したとはいえないのです。

ラマナ・マハリシは眠りから覚めた状態と
夢見の状態とは違いがないと言っていますから

わたしたちの目覚めた状態は夢を見ているのと
同じなのです。

ですからホントのホントに

「目が覚めたら恋は夢
気がついたらすべて夢」

気がついたことすらすべて夢
だということなのです。




2012/05/09(Wed) 18:18 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
おはようございます。
目が覚めたら 恋は夢

水無月の夜

やまんばは、いままでの人生のほとんどを、夢の中で生きてきたようなものですから、夢から覚めた今、クリアに今を生きていきたいと思っています。

たとえ、そのこと自体が夢の続きであったにせよ・・・・^^

井上 揚水さんの歌そのものが、夢の中で聴いているような音楽ですね。


ホタルは小さな時、暗くなると、姉や兄に手をつないでもらい、近くの河原まで見にいってました。
橋の上からみる乱舞するホタルの光に魅せられ、採って帰ってはいけないと何度言われても、網かごをを持って河原に走り降り、その中に草をいれ、夢中になって、光をいっぱい集め持ち帰り、枕元であきずに眺めていました。
翌朝の虫かごをみて、いつもいつも悲しい思いをしました。やまんばをあんなに魅了した光は消え失せ、黒い小さな塊がいくつも転んでいるだけ・・・

こういう感覚って、まさに、夢から覚めた・・・みたいというのでしょうね。

2012/05/09(Wed) 07:24 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック