2012年03月13日 (火) | Edit |
蓮村 誠著「毒を出す食ためる食」(8)
食べてカラダをキレイにする40の法則より

A、うそです。

ねっとり、ネバネバは花粉症をまねく

ねっとり、ネバネバしていると、何となく体に良さ
そうというイメージを抱きがちですが、実はこれは
嘘です。

日本人が一般的に好きだと言われる食べ物にはネバ
ネバ、もっちり、ねっとり、脂っこい物が多いです
よね。

納豆、山芋、餅、新米、マグロのトロ、ウニ、脂の
乗った焼き魚、霜降り肉・・・等々。 他にプリン、
ヨーグルト、バナナ等のトローリ系も好きな人が多
いのではないでしょうか。

natto

これらねっとり、ネバネバ系の食べ物は、みんなカ
パという質が多い物です。カパには重い、粘り気が
ある、油っぽい等の特徴があり、カパの多い食べ物
を長く摂り過ぎると、カパが体の中で増え過ぎ、あ
ちこちのシュロータス(体の中の管)を詰まらせ、
病気を引き起こす原因になります。

カパの増え過ぎで引き起こされる典型的な病気は花粉症。
アトピー性皮膚炎、慢性副鼻腔炎、気管支喘息、糖尿病
もそうです。特に子供はカパの病気になりやすいと言わ
れています。

子供は一般的に甘い物が好きですが、砂糖もカパの質が
大変多い食べ物なのです。

アトピーや糖尿病に苦しむ子供が増えているのも、カパ
の増え過ぎのせいと言えるかもしれません。大人がカパ
を摂り過ぎると、上記の病気のほかに、脳梗塞や心筋梗
塞などの血管が詰まることで起こる病気になる危険性も
あります。

特に塩気のあるものは要注意。カパと同時にピッタも強
いので、摂り過ぎると高血圧にもなります。カパが悪化
すると下の血圧を上げ、ピッタが増え過ぎると上の血圧
を上げるからです。

もちろん、ネバネバ系を一切食べるなということでは
ありません。好きなものなら適量を時々食べるのは良
いことです。唯、ねっとり、ネバネバ系の食べ過ぎは
意外に怖いということを、覚えていてください。


1口メモ

○こうやって食べて
毎晩夕食に食べるというのはいただけません。食べる
なら毎日は避けて、適量を食べるようにしましょう。

○ここに気をつけて!
塩気の多い物と一緒に食べると、カパを余計に増やし、
ピッタも上げてしまうので避けましょう。甘味もカパ
が多いです。甘くてトロッとした物の食べ過ぎには注
意して。

毒を出す食 ためる食毒を出す食 ためる食
(2008/12/20)
蓮村 誠

商品詳細を見る


次回につづく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック