2011年10月25日 (火) | Edit |
山崎龍明著「親鸞に人の生き方を学ぶ」中経出版より

人間は、さまざまな欲望や「はからい」の中にしか
生きられない存在です。

そのことに気づいたとき、
親鸞の生きる道はもはや
「他力」(仏中心)の道しか
ありませんでした。

精神科医の神谷美恵子さんは
『人間を見つめて』(朝日新聞社刊)
の中で、こう書いています。

宗教には、自力宗と他力宗というのがあるが、
これもこの見地からみれば、
そうはっきり区別できないもののようになってくる。

もちろん人間は意識的に、自分の力で自分を統制して、
出来るだけ自他にとって有益無害な
生活をおくるべく努力すべきであろう。

これはいまさらいうまでもないことだ。
しかし、自力による修養や瞑想によっても
どうしようもない自己というものが、
人間の奥底にはひそんでいる。


親鸞に人の生き方を学ぶ―「他力」と「浄土の思想」がよくわかる本親鸞に人の生き方を学ぶ―「他力」と「浄土の思想」がよくわかる本
(2004/08)
山崎 龍明

商品詳細を見る


人間をみつめて (神谷美恵子コレクション)人間をみつめて (神谷美恵子コレクション)
(2004/11/16)
神谷 美恵子

商品詳細を見る


利己的で、わがままで、でたらめの原始的な自己は、
おそらく<古い脳>のなせるわざであろう。
もしそうした自己を直視するならば、

それをありのままみとめ、
----これが宗教でいう<ざんげ>とか<告解>
とかいうものではなかろうか----
最終的には<人間を超えるもの>に
身をゆだねるほかないのではないだろうか。

いわゆる<さとり>とか<見神>とか<回心>
とかいう宗教的境地は、
自力の精進の結果あらわれることもあれば、
他力の前に自己をなげ出すことによって生まれることもある。

自力といっても、自分ひとりの力であるはずはなく、
自分では意識したくないたくさんの内外の条件が
そなわって初めて成就することなのだから、
結局は大きな意味でやはり
他力というべきではないかと思う。 

tariki


親鸞の「悪」と「愚」に対する深い認識は、
必然的に「他力」によらなければ人間の救済はない、
といった世界に結びついています。

一般に「罪」というと、殺生とか、盗みとか、
よこしまな異性関係などですが、
親鸞のいう「罪」の世界は、
もっと人間の深層を問題にしています。

親鸞はそれを「自力のはからい」
(自己中心性)といいます。

その心とは「どこまでいっても自分を
中心に立てずにはおかない」心です。

独占欲、支配欲のとりこになり、
自分以外のすべての人、物を、
自分の支配下に置かなければ
満足することのない心です。

それを親鸞は「自力のはからい」
といったのです。

自力とは、どこまでも自己の全能力をあげて
ことにあたる世界のことです。
立派な世界です。

他力とは、どんなに懸命に事にはげんでも
不可能のこともあると自覚し、
不可能を不可能と認め、受容して
立ち上がっていく世界のことです。

自力はもの(能力など)を握りしめる世界、
他力は握ったものを離していく世界です。
そこには安らぎがあります。
人間の解放があります。


次回につづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
忘れっぽい天使より
*人生の教訓
 同感 多々ありました。
*クリムトの絵・・・たくさんの色が使ってある。そこがまた美しいと感じます。
やっぱり、やまんばはクリムトが好きなんだと思う。
ただ、きれいだけではない。スケールがでかい!
今日の午後九時からNHK BSでクリムトが放映されるという。みたいと思っています。
でも、やまんばはいいかげんな人間だから・・・
2011/10/31(Mon) 13:39 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
昨日のコメントです。
忘れっぽい天使を途中までみたら、コメントを書く時間がありませんでした。
*話し方のお話が記載されていました。
 1・これから何を話すかを話す(序論)
 2・内容を話す(本論) 
 3・何を話したかを話す(結論)
今後は意識してみます。

*たくさんの絵をみさせていただき、色の研究をしないといけないなあと今更ながら思いました。
好きな絵には、共通のリアルさ、装飾性、デザイン性があるのに自分で気が付きはじめています。
とにかく、ますます、観察(内外)をしていかねば・・と感じています。

*ある記載の中の一節
   ライバルは「昨日の自分」!
2011/10/29(Sat) 07:04 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
おはようございます^^
やまんばが投稿を拒否されたのも、忘れっぽい天使の中の、その記載に関するものでした。

かいつまんでお話させていただくと、それは、たくさんの「忘れっぽい天使」の中で、やまんばの意識を新たにしたからです。「うそですよ~~~」と教えていただいても、やまんばの感動(畏怖)は消えませんでした。
 
今回のブログの記載の中の
「自力といっても 自分ひとりの力であるはずもなく
自分では意識したくない たくさんの条件がそなわってはじめて成就することなのだから 結局は大きな意味でやはり他力というべきではないかと思う」

の箇所の
「意識したくない」を
「意識できない」に変換したら、やまんばのいいたいことにより近づくのではないかと思います。

自分の体といっても、たくさんの微生物や血、リンパ、筋肉、などなどの集合体で、その働きは実に精妙で、決してやまんばが操作できるものではない。
奇跡のようなドラマがやまんばの体の中で日常に起きているんだ!すご~~~~い

そう気が付くと、「自分のものなんて どこにもない」
みんな他力。****おかげで生きている*****

そういう感動(畏怖)を、あの記事は私に運んできてくれたのです!
2011/10/27(Thu) 06:18 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
おかしいね
「あのせいしがさかなになる」
ということばも
「不正な投稿だと判断されました」

となって、コメントできませんでした。
これもコメントできないかもしれません。

やまんばさんのコメントもなにかの言葉が
引っかかったのかもしれませんね

でも何の権限で誰が、言論の自由を
妨害するのでしょうか??

2011/10/26(Wed) 17:24 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
あれっ?
送信出来ましたね^^
ここ二回、長いコメントを書いて送信しましたが、
「不正の投稿だと判断されました」という文字が出て、受け付けていただけませんでした^^
ではその長文なのですが・・・・
あんまり長いのと、食べるタイミングが遅かったインスタントラーメンみたいで^^止めました。

それより、今見せていただいた、忘れっぽい天使の中の「ブルーベリーのパイ」が食べたい^^^

あ~~~無常ですね^^^^
2011/10/26(Wed) 10:38 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
実験です
このメールが送信可能か?実験します。
2011/10/26(Wed) 10:28 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック