2011年08月16日 (火) | Edit |
YouTubeで音楽の旅(14)


映画「インセプション」の中で、
夢からの覚醒を促す時に流されるあの印象的な音楽・・・

エディット・ピアフの「水に流して」
(“Non, Je Ne Regrette Rien)
だった。

手元にあった「シャンソン名曲大辞典」全200曲を
iTunesに入れて、聞き流しているとき、たまたま
聞きつけたというか見つけることができた。

シャンソンが200曲もあると、ほとんど知らない曲
ばかりだろうと思って聞いていたが、知らない曲の
方が少なくて8割方聞きおぼえがあるのに驚いた。

でも「水に流して」は映画「インセプション」を観る
までは知らなかったなあ。

Edith Piaf - Non, Je ne regrette rien


エディット・ピアフエディット・ピアフ
(1997/12/10)
エディット・ピアフ

商品詳細を見る


歌詞も気になって、どんな歌詞だろうと思って調べて
みました。いろんな訳があって、まずは岩谷時子訳詞
から。


水に流して   岩谷時子 訳詞

もういいのもう後悔しない
昨日のことは全て水に流そう

もういいのもう後悔しない
みんな今じゃ過ぎた昔の事

過去は全部焼き捨てたわ
思い出にも用はないわ
恋もすべてきれいにした
ゼロからまたやりなおそう

もういいのもう後悔しない
昨日のことは全て水に流そう

もういいのもう後悔しない
新しい人生が今日から始まるのさ


誰の訳詞かわかりませんが、次のものも
ネット上にありました。


水に流して

♪いいえ、ぜんぜん
  いいえ、私は何も後悔してない
  私に人がしたよいことも
  悪いことも
  何もかも、私にとってはどうでもいい
  いいえ、ぜんぜん
  いいえ、私は何も後悔していない
  私は代償を払った、清算した、忘れた
  過去なんてどうでもいい

  私のいろいろな過去を束にして
  火をつけて焼いてしまった
  私の苦しみも、喜びも
  今となっては必要ない
  私は過去の恋を清算した
  トレモロで歌う恋を清算した
  永遠に清算してしまった
  私はゼロから出発する

  私の人生も、私の喜びも
  今は、あなたといっしょに始まる♪


越路吹雪、美輪明宏、岸洋子、石井好子、クミコなど
多くの人がカバーしてますが、エディット・ピアフには
遠く及ばないように感じてしまうのはろくろくだけでし
ょうか。

次にろくろくの好きなシャンソンを3曲ご紹介します。

Edith Piaf - mea culpa 夜は恋人


Edith Piaf - Padam Padam パダン・パダン


Edith Piaf-Milord ミロール



あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
芸術家には性格破綻者が多い、
というのはよく聞きます。

人間はだれでも多かれ少なかれ
様々の問題を抱えて
この世に生まれてくるのだろう
と思いますが、クリエイターは
一際なのでしょうね。

母子家庭、父子家庭だったりす
ることで、一般的な常識が育た
なかったりすることが、

つまり”欠損”が芸術家には
“宝物”だというのですから
人生捨てたものではないですね。

そういえば、坊主達にも曲者が
多いですね。

瀬戸内寂聴さんは、結婚して娘
もいるのに年下の男と不倫して
そのあげくに、駆け落ちしそこ
なったりして、とうとう尼さん
になってしまった。

でも、そうした波乱万丈の人生
が良い作品を生み、宗教家とし
ても成功することとなった。

だからまあ人生どんな生き方だ
っていいんだということなんだ
と思います。

2011/08/17(Wed) 19:36 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
エディット・ピアフ
聞かせていただきました。
 
水に流して・・・
二つの訳に共通する 再出発の言葉
   「ゼロからまたやりなおそう」
   「私はゼロから出発する」
やまんばは絵に対して今、そう思っている。
掲載されている歌を順番に聞いていくうち、ピアフの過去が伺えるようだった。その時代時代に それぞれの味があり、年を重ねるのもいいなあ・・・と感じました。


忘れっぽい天使の中の村上 春樹さんの言葉に共鳴しました。

「何かを創り出そうというタイプには、多かれ少なかれ、精神的な”欠損”があります。その”欠損”を埋めようとするところに、何かをクリエイトしたいという欲望や要求が生まれてくることが多いのです。・・問題はその”欠損”をどこまで”普遍的なもの”にまで高めていけるか…欠損の欠損性にいつまでも拘泥している人もいます。それでは本当の芸術にはなりませんよね。そのためには・・・・
ゆっくりとしっかり息をしながら、前に進んでいってください。」
こう書かれていました。
この方の人生の中から、生まれた言葉たちだ。
村上春樹さんとの距離がグンと近づいたように感じた。
2011/08/17(Wed) 06:24 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック