2011年07月01日 (金) | Edit |
J・クリシュナムルティ 中川吉晴訳「瞑 想」星雲社より(18)



すばらしい朝だった

こんな朝は これまでになかった

太陽が昇り始めていた

ユーカリと松のあいだに

その姿がみえる

太陽は 水面を照らし

黄金に輝いていた


hinode
フォートラベルさんからお借りしました

そのような光は

山と海のあいだだけに存在する

とてもすみきった朝だった

息をすることも忘れてしまった

ふしぎな光にあふれていた

眼だけでなく ハートでも

その光がみえた

それを見ているとき

天は 大地のすぐ近くにあった

あなたは その美しさに

のみこまれたいた




ひとは

けっして公衆の面前で瞑想したり

ほかのひとと一緒に瞑想したり

グループの中で瞑想したりすべきではありません

ただ 独りであるときに

夜の静寂のなかや

すべてがまだ寝静まっている早朝に

瞑想するべきです

あなたが独りで瞑想するときでも

瞑想は 独りだけのものでなくてはなりません

あなたは 完全に独りにならなくてはなりません

瞑想の方式や方法にしたがったり

言葉を唱えたりしてはいけません

あなたの望みどおりに

思考をかたちづくったりしてはなりません


瞑想瞑想
(1998/06)
J.クリシュナムルティ

商品詳細を見る



次回につづく


あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます^^^
夜明け前です。

やまんばの大好きな時間帯です。

ろくろくさん、コメントありがとうございます。
やまんばは、怒ったりしません。むしろ、きちんとコメントしてくださったことに、喜んでいます。ありがとうございます。

前回も書きましたように、ある時、やまんばの世界を囲んでいる膜がはがれたように感じた時から、「いま、ここに、生きている」という実感があり、それがとてもうれしいのです。
瞑想がどんなものかも、わからないのですが、ろくろくさんがそうだといわれたら、そうなんだろうなあ^^と思います。でも、やまんばにとって、大切なのは、瞑想が迷走であろうとも、こうして、ろくろくさんや、真っ白なカサブランカに、(そしてすべてのことに)真心で触れ合うということに、生きている実感や喜びが増している・・・という事実なのです^^^

こうして、魂と肉体をいただいている時間帯に、様々なことが起こり、それに伴う感情をきちんと味わうことは、幸せな、貴重なことだと、心から感じているのです。




2011/07/02(Sat) 05:08 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
真っ白なカサブランカ
やまんばさん怒らないで下さいよ(^_^;)アセアセ...

ろくろくが理解したところの、
クリシュナムルティが語っているところでは・・・・

やまんばさんがどっかり腰をおろし
緑の庭に、真っ白なカサブランカが咲いて
いたのを見つけ「その美しさに息をのみました 」
ところまでが無垢な瞑想状態。

そして、
「カサブランカと友達になろう!!!! 」
からが、苦しみの始まりであり、願望や欲望
であるということですね。



2011/07/01(Fri) 09:46 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
追伸
先ほど、かっこよくコメントしましたが、やまんばは常時そうではありません^^
しょっちゅう、怠けています^^
怠けているときは「今、怠けている・・」と観ています^^^^
2011/07/01(Fri) 07:12 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
やまんばの瞑想^^^^
やまんばはむつかしいことはわからない。

しかし、何年前かの やまんばの世界を囲っていた膜がはがれた瞬間の感動は忘れることはできない。

それは突然やってきたのです。

世界がくっきりと鮮やかで美しく、すべてがいきいきと息をしている感覚でした。「今、ここに いる!」

後から思うに、あの時は、小さいころからのこびりついた「ある思いこみ」から、完全に開放された瞬間だと思います。

思考は、この「今という瞬間」に・・・「あるがまま」に・・・薄い膜をはり、思考の程度で視力が落ちて、世界を見えなくさせているのだと感じます。

今は、、、、そんなもの、もうやまんばはいらない ポイ!^^^^ではなく、やまんばは思考と友達になっている

生きていくには、思考は大切な役割をして助けてくれてる

だから、やまんばは時々立ち止まり、「いま、考えてる」と観る

なんらかの役割をしているときは「今、愛してる」と観ながら、喜んでその時を過ごす

しかし、思考は追っかけていくと、どんどん増えたり、迷路に成長したりして 穴に落ちてしまうことがあるので、使ったら、未練は残さず ありがとう、さようなら^^^^

きのう帰宅し どっかり腰を下ろすと、驚いた。
緑の うっそうとした庭に、ニョキッ。
真っ白なカサブランカが咲いていたのです
その美しさに息をのみました

カサブランカと友達になろう!!!!

やまんばはすぐに二階に駆け上がり、スケッチの道具をもち、一気に写生をしたのです。結果は・・・^^^
でも、その時間帯、カサブランカとやまんばは密接になり
一つとなりました^^^^^^
2011/07/01(Fri) 07:04 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック