2011年06月26日 (日) | Edit |
ティク・ナット・ハン著「微笑を生きる」春秋社より (6)


では、だれがこのようなテレビの番組をつくり、
子どもたちにまで見せているのでしょうか。

それは私たち自身です。

画面に映し出されるものを、
あまりに容易に、
考えもなく見てしまい、

あまりに怠惰で孤独なので、
自分の生活を創りあげようとする気力を
失っているのです。

テレビをつけっぱなしにして、
だれかほかの人に自分の生活をつくったり導いたり
してもらい、あげく、だいなしにされているのです。

tv
カオスな情報始めました」さんからお借りしました。

このように無責任な他人の手にすべてを委ねて
しまったら、いつのまにか自分というものが
わからなくなってしまいます。

私たちは自分の神経や頭やこころをすり減らして
しまう番組と、潤いを与え、育ててくれる番組を
見わける力を持たなければいけません。

もちろん、テレビのことだけには限りません。
身のまわりを見渡してみると、自分自身を含めて、
まわりの人々がどれだけ多くの誘惑を仕掛けて
いるかわかるでしょう。

一日のうち、いったい何時間、このような誘惑に
われを忘れ、自分を見失っているのでしょうか。

自分の運命、自分の幸福は自分で守らなければなり
ません。私はすべての窓を閉ざせといっているのでは
ありません。「外界」には多くの奇跡があります。

外の世界の奇跡には、窓を開いて、気づきをもって
見つめていかなければなりません。

澄んだせせらぎのそばに坐っていても、
美しい音楽を聞いていても、
面白い映画を見ていても、
いつもこころをひらいて気づいていれば、

川の流れや音楽、映画の画面にこころをすっかり
奪われて自分を見失うことはありません。いつも
自分のこころや息に気づいていればよいのです。

……
瞑想の練習をはじめたばかりの人ならば、
都会を離れて田舎へ行き、こころを乱す窓を締め
切っておきたいと思うでしょう。

しずかな森のなかでなら、自然と一体となり、
「外界」の混乱を離れて自分を見つけ、
本来の自分を回復することができます。

しずかな森のきれいな空気のなかでは、
気づきの状態に入りやすいからです。

気づきの生活がしっかりとあなたのなかに
根づいてきたら、街へ帰っても大丈夫です。

でも、ときには離れるわけにはいかず、
いそがしい毎日の生活のただなかで、潤いを
取り戻してくれるものを捜さざるをえません。

こころの通い合う友だちに会うとか、
公園に散歩に出かけて、木や涼しい風に出会う
のもよいでしょう。

街にいても、田舎、あるいは荒野にいても、
どこにいても自分の環境を注意ぶかく選んで、
気づきのこころを育てながら生活してゆくこと
が大切です。



次回につづく



微笑みを生きる―“気づき”の瞑想と実践微笑みを生きる―“気づき”の瞑想と実践
(2002/02)
ティク・ナット ハン

商品詳細を見る



あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
茂木さんの「音楽」の記事とゴルフ
脳の中の神経細胞の活動も また音楽である。

外から入る「音楽」はもともと脳内にある「音楽」を補完するにすぎない

これらの言葉にうなずきました。

やまんばは相変わらず、下手なゴルフをしています。
ちっとも、スコアはのびませんが それでも ときたまコースに連れていってもらうと、心が広々として機嫌がよくなります^^^

しかし、下手ながら、最近、上達に希望が持てるようになった言葉に出会いました。
「自分のリズムを口に出して 打つ とよい」
・・・これはやまんばには活気的にわかりやすい言葉でした。
「1・2・3」と声を出し、打つのです。今はドライバーだけ、体内リズムを見つけました。飛距離も伸び、まっすぐに飛ぶのです。自分でもビックリしました。
練習をしながら少しずつそれぞれのクラブに合ったリズムを見つけていきたいと一人喜んでいます^^^^^

それと子供に指摘されたのですが、子育てのときのコミュニケーションや、一人で走ったり、歩いたり、カーブを曲がったりするときは、「テケテケテケテケ」とか「キュウ~~~ン」とか言いながら、手もそれに合わせて動かしているそうです。(無意識)子供たちもそれを見ながら成長したせいか、いつの間にか身についていたそうです^^^^ええ~~ほんと???^^^^気が付きませんでした。。。。

機嫌のよいときには、必ず決まった独特なリズムを口ずさむようで、夫に「機嫌がいいんだね^^」と言われます。
しかし、そう指摘されても、さてはてどんなリズム曲だったのか?ちっとも思い出せないのが不思議です。

どうも、自分の動きを時々に口に出しているようです。
ヘンなおばさんだと思います。

ブログの下のカエルさんのように飛びながら動くときは「ギョイン ギョイン・・」と口ずさみながら飛んでいることでしょう^^^
またまた朝から、馬鹿げた話をしてスミマセン^^^^^^
2011/06/30(Thu) 07:38 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
そういえば、最近テレビを見なくなった。

で、なにをやっているかというと
タンブラーですね。
これはやばいです。(;^_^A アセアセ・・・

「Tumblrの1日でのページビュー数は
なんと4億に達しているとのことだ。
1秒間に約5,000ビューとなるようだ。」

ビューという単位がどういうものなのか
いまいちわかりませんが
ウナギ登りの人気なのでしょうね。

智太郎さんのブログは迷惑メールではなさそうですが
最初のページ以外にはつながりませんね。

削除しましょう。

2011/06/29(Wed) 09:56 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
テレビのつけっぱなし
確かにやまんばの怠惰の友達ですね^^^^
しかし、自分が孤独というのは、ここにきて、自分から滅多に友達に連絡とらなくなってからというもの、電話がこなくなり気づきました^^^やまんばはさみしいから 自分から電話をし、用事を作り、忙しい忙しいと言ってにすぎないのだと気づきました。

でも、それも無駄ではありませんでした。

自分の内部の声を聞きながら、ゆっくり生活できるのは、ありがたいことなのだとも気づいたからです。

しかし、テレビは安易にやまんばの時間を使ってくれます。簡単に笑わせてくれるし、電気代さえ払えば、いつでも軽い友達でいてくれます。いやなら、スイッチを切れば、さよならです^^^上手な友達関係でいれば、こんな有意義な友達もいません^^^

しかし、テレビとこのような良い関係を結ぶのは、よほど、自分の行動や思いを意識しておかねばなりません。自分を律するということは、むつかしいことだと毎日思い知らされますから・・・^^^^^^
2011/06/28(Tue) 07:11 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック