--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月01日 (日) | Edit |
J・クリシュナムルティ 中川吉晴訳「瞑 想」星雲社より(16)


瞑想は

世界から逃避することではありません

瞑想は

孤立し 自分を閉ざすような活動ではありません

むしろ それは 

世界を理解することです

世界がどうなっているか 広く理解することです


世界は

食べものや 服や 住まいのほかには

ほとんどなにも あたえてくれません

その快楽は 大きな哀しみをもたらします


ki

瞑想とは

そのような世界から離れることです

ひとは 完全に外に立つ部外者でなくてはなりません

そのとき 世界には 意味がみちます

天と地の つきせぬ美しさがあらわれます

そのとき 愛は

快楽とはまったくちがうものになっています

このような瞑想のなかから

あらゆる活動がはじまります

それらの活動は

緊張や矛盾からうまれてくるものでも

自己満足のためになされるものでも

自分の力を誇示するためのものでもありません



あなたが 瞑想をするために

わざわざ なんらかの心構えをし

瞑想のポーズをとるなら

それは心にとって

ひとつの遊び道具となります

こころのおもちゃになってしまいます

あなたが 人生の混乱や みじめさから

自分を救いだそうと決心するとしましょう

そうした決意にもとづく瞑想は

一種の想念の体験にはなりますが

瞑想ではありません

意識的な心であろうと

無意識的な心であろうと

瞑想のなかでは

心が ひとかけらも はたらいてはならないのです

心が 瞑想の広がりや美しさに気づくことすら

あってはなりません

もし そうなるぐらになら

空想小説を買いにいったほうがましです



瞑想の完全な注意ぶかさのなかでは

知るということも

認識するということも

なにかが記憶に残ることもありません

時間と思考は

すっかりなくなってしまいます

というのも 時間と思考は

視野を限定する中心にあるものだからです


瞑想瞑想
(1998/06)
J.クリシュナムルティ

商品詳細を見る



次回につづく


あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
忘れっぽい天使
ブログを開けて、一番楽しみなところは「忘れっぽい天使」になりました。

美しい。
可愛い。
発想がおもしろい。

どれも素敵です!!!


2011/05/04(Wed) 19:32 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
忘れっぽい天使
喜んでくださってありがとうございます。

ていっ!
は、子猫が犬の鼻の頭に
タッチしてる写真ですね。

ぼくは犬も猫も好きですが
このタンブラーは猫の方が
圧倒してしていますね。

ねこを飼いたくなってしまいます。

2011/05/02(Mon) 12:43 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ていっ!
一番気に入りました^^^^
2011/05/01(Sun) 09:55 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
忘れっぽい天使
先日から時々目にし、素敵だなあと思っていました^^^

ろくろくさんがまとめておられていたのですね!

やまんばにとって目の保養になります。ありがたいことです^^^

2011/05/01(Sun) 09:47 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。