2011年02月11日 (金) | Edit |
十四世ダライ・ラマ著「ダライ・ラマ[死の謎]を説く」より(2)


「明日が来るのが当たり前だと思っていたから」

TVドラマ「冬のサクラ」で石川萌奈美を演ずる
今井美樹の言うセリフ。萌奈美は脳に腫瘍があり、
余命数カ月と医師から宣告された。

不孝な人をほっておけない男、稲葉祐は草剛。
萌奈美の夫で嫉妬深い脳外科医を高嶋政伸。
その母に江波杏子など豪華キャスト。

萌奈美が祐と再会し、別れ際にいう言葉が上記の
「明日が来るのが当たり前だと思っていたから」
だった。

萌奈美に限らす私たちは「明日が来るのが当たり
前」だと思って生きている。今までずっと一貫し
て明日がありましたからね。でも実際には明日は
わからない。

さて「ダライ・ラマ[死の謎]を説く」のつづきを
どうぞ

ダライ・ラマ「死の謎」を説く (角川ソフィア文庫)ダライ・ラマ「死の謎」を説く (角川ソフィア文庫)
(2008/07/25)
ダライ・ラマ

商品詳細を見る


誰も明日を見通すことはできない。
そのため、
常に明日は不安に満ちている。

未来は神秘そのものである。
これは死の恐怖と同じ種類の不安である。

人が死を恐れる理由の一つは
死後を見通すことができないからだろう。


だが、人は過去の経験から、
明日を、未来を、推しはかる術を
身につけているではないか。

今日の存在の基盤に立てば、
明日はおよそかくあるであろう、
と、推量を働かせることは可能だ。

実際に、人間はそのようにして
毎日の日常を生きている。

明日がわからないからといって、
その不安のために明日を
迎えられない者などいない。

同様に、
この〈現世〉から来るべき〈来世〉が
ある程度は見えてくるはずだ。

ならばことさら、
死に恐れおののく
必要はない。


次回「〈現世〉しか認めぬ者は、死を思うな」につづく


あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クリシュナムルティが熱く語ります。
生は、多くの複雑で素早く変化する問題を内包しながら、
決して静止することなく、毎日毎分、新鮮なアプローチを要求しているのです。

だから、我々がこの生に出会うとき、そこには条件づけられ固定化された心と、
絶えず動いてやまない生との間の絶え間ない葛藤があるのです。


直観といえども
「条件づけられ固定化された心」
に違いないのですから、

「絶えず動いてやまない生」に対しては、
毎日毎分のなりゆきに身をまかせて
決然と生きることなのだと思います。

2011/02/13(Sun) 19:36 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
直感はあてにならないことがままある^^^
確かにそうですね。
やまんば、時々直感が外れますが、それを楽しんでいるところがあります^^^^

ろくろくさんはいつも平常心で、揺るぎないので、やまんばは安心して毎度好き勝手なことが言えます^^^^(ごめんなさい)

 しかし、その時その時は、正直な気持ちで答えているのです。が・・・長続きがしないようです。ころころころころ心が変化するのです^^^^^

やまんばはここに来るまで、自分は真面目な人間だと思っていましたが、自分の行動をみるようになって、結構いい加減な人間だとわかるようになりました。

だから、生きるのがたいそう楽になりましたよ。

2011/02/13(Sun) 09:32 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
Re,直感で行動する
そうですね。
結局は直感で行動することに
なるのですが・・・

直感の中身は自分のこれまでの体験や
学んだことの統合されたものといいますから
これがあてにならないことがまま
あるのです。

直感といえども
観察をおこたることがないよう
にしたいものです。


2011/02/12(Sat) 14:11 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
直感で行動する。
確かに余命一年・・という意識を持って暮らすと、いままでよりは早く物事に対処できたけど、病気などで、もう自分の命が長くないと解るのは、これくらいの意識状態とは雲泥の差なのだろうなあと思います。

昨日、密葬(うちのおばあちゃんと同い年のおばあちゃん)を済ませて帰ってきたという親戚の人のところへ、お参りに行ってきました。途中、両親のお墓参りができ、うれしかったです^^。

思い立ったら・・・・で、すぐに行ってきましたよ。
昨日行ってよかった。今朝は寒く、外は雪景色でとても外出する気分になれません。

とにかく、やまんばが出来ることは、直感で感じたことは行動に移していくということです。
そうしたら、後悔の少ない人生が送れるような気がします。
2011/02/12(Sat) 07:48 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック