2010年07月11日 (日) | Edit |
谷川俊太郎さんがNHKの番組
「100年インタヴュー」
6月24日(木)午後8:00~9:29 BShi

で、ご自身の詩「さよなら」を朗読されている
のを鑑賞させて頂いて、とても印象的だったの
で、さっそくネットで「さよなら 谷川俊太郎」
を検索したところ、「ゆうぐれ」というなんだか
びっくりするような詩を見つけたり、


ゆうぐれ   谷川俊太郎
  
ゆうがた うちへかえると
とぐちで おやじがしんでいた
めずらしいこともあるものだ とおもって
おやじをまたいで なかへはいると
だいどころで おふくろがしんでいた
ガスレンジのひが つけっぱなしだったから
ひをけして シチューのあじみをした
 
このちょうしでは
あにきもしんでいるに ちがいない
あんのじょう ふろばであにきはしんでいた
となりのこどもが うそなきをしている
そばやのバイクの ブレーキがきしむ
いつもとかわらぬ ゆうぐれである
あしたが なんのやくにもたたぬような



「さようなら」という詩はあるのですが


さようなら   谷川俊太郎
 
 
ぼくもういかなきゃなんない
すぐいかなきゃなんない
どこへいくのかわからないけど
さくらなみきのしたをとおって
おおどおりをしんごうでわたって
いつもながめてるやまをめじるしに
ひとりでいかなきゃなんない
どうしてなのかしらないけど
おかあさんごめんなさい
おとうさんにやさしくしてあげて
ぼくすききらいいわずになんでもたべる
ほんもいまよりたくさんよむとおもう
よるになったらほしをみる
ひるはいろんなひととはなしをする
そしてきっといちばんすきなものをみつける
みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる
だからとおくにいてもさびしくないよ
ぼくもういかなきゃなんない




でも、「さよなら」は見つかりませんでした。

その検索の、ネットサーフィンの途中に見つけた
のが「さよなら絶望先生」でした。


これが私の優しさです 谷川俊太郎詩集 (集英社文庫)これが私の優しさです 谷川俊太郎詩集 (集英社文庫)
(1993/01/20)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


懺・さよなら絶望先生 第一集【特装版】 [DVD]懺・さよなら絶望先生 第一集【特装版】 [DVD]
(2009/09/30)
神谷浩史野中藍

商品詳細を見る


『さよなら絶望先生』(さよならぜつぼうせんせい)は、久米田康治による日本のギャグ漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2005年22・23合併号から連載中。通称「絶望先生」。単行本は2010年6月現在、第二一集(21巻)まで発刊中。

2007年(平成19年)度(第31回)講談社漫画賞少年部門受賞。2007年にアニメ化され、平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品となっている。

あらすじ
始まりの季節、春。希望に胸を膨らませた「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香は、桜の木で首をくくる「何事もネガティブにしかとれない男」糸色望と出会う。出会ってはいけない2人だったが、望は可符香の高校の新しい担任の先生だった。

望が受け持つ2のへ組は、望や可符香に負けず劣らず癖の強い問題な生徒ばかり。レトロ調の世界の中、些細なことで「絶望した!」と嘆く望と、へ組の生徒達が、日々騒動を巻き起こす。

作品解説
ほぼ一話完結式。特定のキーワードや事柄に焦点を当て、時事ネタ[1]・あるあるネタ・自虐ネタ・メタギャグなどを展開する。伏字や羅列も多用し、分かる人には分かる小ネタやパロディを盛り込む。純粋なギャグ漫画というよりは、ストーリーギャグ・ブラックコメディ・学園コメディの形式を取ったツッコミ系コラムといえよう。

さよなら絶望先生 - Wikipedia より


さ よ な ら 糸色 望 先 生 第 1-1話


さ よ な ら 糸色 望 先 生 の 1-2 話


さ よ な ら 糸色 望 先 生 の 1-3 話



つい最近まで「希望をもって、目標をかかげて精進、
努力すれば、願いは必ず叶う」という考え方という
か信仰が日本のつつうらうら(津津浦浦)にまで浸
透していましたからね。

「物事をポジティブに考えないのは悪だ」という教
えにハマりきっていましたからね。その反動がここ
にきて出てきたのではないでしょうか?

ろくろくはなにも、ポジティブなプラス思考が悪い
と言っているのではなく、マイナス思考は全部ダメ
といった極端に走るのは間違いのもとだと思ってい
たのです。

そんな折も折「さよなら絶望先生」に出会って
大いに喜んでいるのであります。

登場人物の中に「何事もポジティブにしかとれない
少女」風浦可符香がいて、彼女の両親はおそろしく
ネガティブなところが面白いですね。

この絶望先生の名前は糸色望(いとしき・のぞむ)
というのがなんともろくろく好みです。ろくろくの
ペンネームに拝借したいです。(;^_^A アセアセ・・・


さよなら絶望先生 特装版3 [DVD]さよなら絶望先生 特装版3 [DVD]
(2007/11/21)
神谷浩史野中藍

商品詳細を見る


さよなら絶望先生(21) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生(21) (少年マガジンコミックス)
(2010/05/17)
久米田 康治

商品詳細を見る


さよなら絶望先生 キャラクターソングアルバムさよなら絶望先生 キャラクターソングアルバム
(2007/11/21)
TVサントラ小林ゆう

商品詳細を見る


あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
やまんばは桜の絵を描き終え、今、アトリエの掃き清め、アトリエさんに感謝の意を表しました^^^^^

感謝の意はろくろくさんに、一番に伝えなければなりません。
「余命一年として生きる」・・・・ブログに本が紹介され、ろくろくさんにも、そのように生きることを誘われたお陰で、課題だった絵を、描き終えることができました。

余命一年・・・昨日のろくろくさんのコメントの中の、「死は特別のことではなくありふれたことだったのだ・・・・やまんばも今ではそう思います。が、死を通過すると、失うものがある。それはこの体。
この体があるからこそ、さまざまな感情を味わい、様々な体験をすることが出来るということ。
やまんばは「余命一年・・」を実際に体験し、もっと先でないと到底無理と思ってたことが、出来たということ(レベルは別ですが^^^)これは大切な体験をさせていただいたと思いました。
①この体とはいずれ本当に本当に別れる日がくるということ。
②自分を縛っているのは他でもない自分であるということ。

余命一年は終わっても、このまま生きていきます。
ありがとうございます。

ひろぼうさん、ありがとう。
よだかの星、いえ、賢治のお話はみんな
いつ、何回読んでも、涙があふれてまいります。

2010/07/14(Wed) 06:31 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]

魂をお金に変えて、 みんな苦労して生きているけれど…

必ず、死ぬなら…

生きる喜びに感謝…

自分も魂をお金に変えて醜く生きる者…

ならば…

せめて、命掛けで
生み育てて下さった 両親が喜んでくれる ように…

大声で笑い
大声で泣いて

想いやりと忍耐を忘れず…

ただただ感謝して

全てに感謝して
生きていきたいです
今日もお疲れ様

おやすみなさい
2010/07/13(Tue) 22:29 | URL  | ひろぼう #2ySkFsy6[ 編集]
ゆうぐれ
ゆうがた うちへかえると

とぐちで おやじがしんでいて
だいどころで おふくろがしんでいて
ふろばであにきがしんでいた

それなのに
「いつもとかわらぬ ゆうぐれ」だと
言う。

おやじやおふくろやあにきの死は

となりのこどもが うそなきをして
そばやのバイクの ブレーキがきしんで
シチューのあじみをするのと同じくらい

ありきたりの ことなのだ

死は「いつもとかわらぬ ゆうぐれ」
のように特別のことなんかではなく 
ありふれたことだったのだ・・・・・



2010/07/13(Tue) 12:40 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
よだかの星
確かに宮沢賢治さんの話に似ていますね
悲しくも温かいお話
『よだかの星』
好きな宮沢賢治さんの話です。ご存知と思われますが、ご紹介させて頂きます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/473.html
2010/07/12(Mon) 14:06 | URL  | ひろぼう #2ySkFsy6[ 編集]
さようなら・・・の詩
谷川さんの詩を読んでいくと
宮沢賢治と似てる人だと感じる。

・・・・そしてきっと いちばんすきなものをみつける
みつけたら たいせつして しぬまでいきる
だからとおくにいてもさびしくないよ

ぼく もう いかなきゃなんない・・・

ここ、好きです。 
2010/07/12(Mon) 12:54 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
希望と絶望は一対にして不可欠

おはようごさいます
作品作りは必ず、絶望からより良い物が生まれるんです(笑)
何事も絶望無しには気づきません。特に人間関係などなど
しかしながら、やまんばさんの…

希望から希望に繋がる…
絶望は絶望を呼ぶ…
のコメントに救われましたぁ~o(^-^)o

只今、引っ越し準備でほぼ絶望的な状態
しかし、成せばなる 何事も…V(^-^)Vですよね♪♪♪

2010/07/12(Mon) 09:29 | URL  | ひろぼう #2ySkFsy6[ 編集]
おはようございます^^^
絶望先生・・・・見させていただきましたよ。

なるほど~~~~
ものすごく絶望することと、希望に満ちていることは、
一つことなんだなあと朝のお白湯をちびちび飲みながら思いました。
絶望先生の名前がどうやって成り立ったか・・・ホント、なるほど~~^^^^すごい着眼点!おかしいやら、気の毒やら・・・・・・
希望を持つと、絶望の味を知るし、とことん絶望すると、希望が見えてくる。

登場人物のセリフに耳を傾けていると、一緒に側にいて楽なのは、やはり、希望を持っている人だと感じた。

心の奥底に絶望があっても、希望のある方の音を口から出す方が、自分も周りの人も心地よいかもしれない。

案外、希望が希望を次々に生み出していくのかもしれないなあと思いました。もちろん、絶望は絶望を・・・

しかし、この二人の組み合わせは人生をバランスよく生きるためには、互いに必要なんだと思いました^^^^^

絶望的な世の中だからこそ、この漫画は、みんなの心に共感するのでしょうね。

がっくりきたのは、今描いてるやまんばの桜の絵のこと。この漫画の桜のほうが、数段美しい。。。あれ~~~~絶望しそう^^^^



2010/07/12(Mon) 07:09 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック