2010年05月28日 (金) | Edit |
先生の娘を殺したのは、誰?

湊かなえ著「告白」読みました。

オリコン2010年05月17日付の文庫本ランキングでは
推定売上部数 116201部 推定累積売上部数 562632部
のダントツ1位。単行本は180万部を超えるベストセ
ラーを記録、今なお売り上げを伸ばし続けている。

第6回(2009年)本屋大賞受賞
第一章「聖職者」が小説推理新人賞を受賞。
2008年度の週刊文春ミステリーベスト10で第1位。
松たか子の主演で映画化、2010年6月5日公開予定。

以前から気になっていた本でしたが、教え子に娘を殺さ
れた中学校の教師の話だというので、尻込みをしていま
した。

教え子の殺人者に女性教師が復讐するという前代未聞の
ストーリーに、作者の湊かなえさんは「誰もが持つ負の
感情を、思いっきり膨らませた作品です。ミステリーで
もホラーでもない、今まで観たことのない感覚を味わえ
ると思います」と語る。

ありえる話ですよね。娘を殺された母親の気持ちをスト
レートに表現したところが共感?を呼んだのかもしれま
せん。が、どうも批判的な感想の方が多いようです。ま
あ当たり前ですけど・・・・・

アマゾンには309件もの感想が寄せられていて、

「悪いレビューが目立つが、理由として共通しているの
が HIV、科学への間違った解釈を読者に与える。非現実
的。陰鬱、後味が悪い。というものだけれど、あくまで
小説なのだから多少の誇張はゆるすべきだと思う」とか

「教壇に立つ教師の語りから始まり、自分の生い立ち、
未婚の母となり育ててきた娘の死。その真相と、それに
まつわる悪意。冷静な口調と、入念な論理で、逃げ場な
く責めてこられる。迫力あるわあ。モノローグで構成さ
れてるので、目の前でこんな事言われたらたまらんな。
最後に明かされる真相とオチも強烈ですぱっと終わる」

などが代表的な感想。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


あらすじ

第一章「聖職者」
市立S中学校、1年B組。3学期の終業式の日、担任・森口悠子は生徒たちに、間もなく自分が教師を辞めることを告げる。原因は“あのこと”かと生徒から質問が飛ぶ。数カ月前、学校のプールで彼女の一人娘が死んだのだ。森口は、娘は事故死と判断されたが本当はこのクラスの生徒2人に殺されたのだと、犯人である少年「A」と「B」を(匿名ではあるがクラスメイトには分かる形で)告発し、警察に言うつもりはないが、彼らには既に復讐を仕掛けたと宣告する。

第二章「殉教者」
2年に進級したB組の空気はどこか陰鬱だった。「少年A」こと渡辺は変わらず学校へ来ていたが、「少年B」こと下村は一度も姿を見せていなかった。その後のクラスの様子と、一年でB組に何が起きたか一切知らない新任教師の「ウェルテル」こと寺田良輝の愚かな行いを、クラス委員長の美月が悠子へ綴った手紙の形で語る。

ちらし01


第三章「慈愛者」
母親を殺してしまった下村の姉・聖美が、弟が起こした事件の背景を知ろうと、母親の日記を読み始める。そこには、弟が母親を刺殺するまでの出来事が、息子を溺愛する一方的な母の思いと共に綴られていた。

第四章「求道者」
母を刺殺した下村は、刑務所の中で壁に映る幻覚を見ていた。彼が共犯者である渡辺と出会い、愛美を殺し、さらに母親を殺害するまでの苦痛の生活を記憶のフラッシュバックという形で追っていく。

第五章「信奉者」
主犯である渡辺が、愛美を殺すに至った過去の経緯が、母親への手紙という形で語られる。

第六章「伝道者」
第五章から直接続く形で、森口悠子から渡辺へ携帯電話の電話口で救いようのない最後の宣告が行われる。

ちらし02


文庫本には、
“中島哲也監督インタビュー「告白」映画化によせて”
が特別収録されていました。その中で特に次のところが
興味深かったです。

「本作は全編モノローグで構成されていますから、一見、
全員が自分の真情を吐露しているようにみえます。しかし、
彼らが真実を話しているという保証なんかどこにもない。
・・・・・
最初は単純に、書かれている言葉をなんとなく信用しなが
ら読んでいましたが、再読した時に、「あ、このあたりは
うそなんじゃないか」とか、「この人はずっと言い訳して
いるだけだな」などというのが見えてきたんですよ。

そういう風に考え始めると、彼らが語る内容のどこが信用
できるのか、どの辺は嘘なのかを推理しながら読むことに
なる。全員がものすごい勢いで「あの時私はこうだった、
どうだった」としゃべっているけど、その中には本人がわ
ざと嘘を言ったり、本人すら気づかない嘘がまじっている
こともあるわけです。・・・・・」



あらすじは「告白 (湊かなえ) - Wikipedia」から、チラシは
シネマトゥデイから転載させていただきました。

映画公式サイト


あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
安心しました(;_;)

ろくろく先生は、てっきり高校の校長先生と思い込み(-.-;)
胴月先生と言う名前と勘違いしました

本当に本当に…

失礼を重ね重ね
心よりお詫び申し上げますm(_ _)m

トロすけ より f^_^;
ろくろく先生の電車の件は最後まで思い込みであって欲しかったですね(*^o^*)

残念…無念…(≧∇≦)
2010/06/01(Tue) 23:36 | URL  | ひろぼう #2ySkFsy6[ 編集]
思い込みと勘違い
ひろぼうさん
人生のほとんどの出来事は「思い込みと勘違い」に
よって出来上がっていると思いますので、さほど心
配するには及びません。

最近は鳴りを潜めているやまんばさんの思い込みは
ほんとにすごかったですよ。そもそも自分の判断は
正しいと思い込んでいますからね。そういう人は。

やまんばさんどころか、わたくしの思い込みの強さ
も天下一品ですから・・・・・

今朝のことです。
沿線の火災により電車のダイヤが大幅に乱れて、
すし詰めの電車に乗るはめになりました。
やっとの思いで、乗り込んだところ、私の前には
髪がショートで白のブラウスを着た清楚な感じの
女性がいるではありませんか。

電車が走り出すと、ものすごい力で押しつぶされ
そうになるそのうら若き清楚な感じの女性を助け
んとてろくろくは満身の力で支えていたわけです。

しかしながらついに矢折れ力尽き、支えきれなく
なってしまい、ついに彼女の横顔に接吻を余儀な
くさせられる羽目になったところ、なんとその横
顔に髭がはえているではありませぬか・・・・・

気が付けば、白のシャツを着たただのおじさんが
そ知らぬ顔して電車にもまれているばかりだった
のであります。


2010/06/01(Tue) 17:34 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
m(_ _)m

あぁ勘違いでした…

月洞先生を胴月先生と完全に間違って書いてしまいました
思い込みと勘違いが多いおっちょこちょいな、ひろぼうを、どうか、お許し下さいませ(>_<)(;_;)

ろくろく先生の熱心なブログをキチンと学ばせて頂きます。
[新しい芽]は凄い参考に成りました。人間的幅が広がりました☆

ストラブァリウスは最高ですね☆一挙に大ファンに成りました♪\(^ー^)/
ありがとうございます!!(^w^)

最近見た娯楽映画で 『GOEMON』は楽しめました!『CASSHERN』の監督の2作目で、娯楽としては世界に通用するワーナー配給です。日本の映画界も中々頑張っていますね♪

今日も良い一1日でありますように☆
2010/06/01(Tue) 09:00 | URL  | ひろぼう #97crC6/A[ 編集]
月洞 譲?
以前、ご紹介した「老子の読み方」祥伝社NON-BOOK
の著者が月洞 譲(つきほらゆずる)さんだったです
が、今回の方は「胴月校長先生」ですか?知らない
ですね。

以前へき地手当が出ていた小さな島の中学校の教員
として教壇に立ったことがありました。でももう
40年くらいも前のことですし・・・・・

グーグルで「胴月高校」を検索してもそういう名の
高校はなさそうですよ。


ひろぼうさんのお父さんとウォルト・コワルスキー
(クリント・イーストウッド) とが内面的には全く同じ
なんだということはよくわかりました。


http://lokulog.blog43.fc2.com/?q=%B7%EE%C6%B6%A1%A1%BE%F9

2010/05/29(Sat) 14:22 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
ごめんなさいm(_ _)m

ろくろく先生の事は以前から校長先生だと書かれてありましたので、胴月校長先生へのコメントを拝見して…

ろくろく先生=胴月先生だと勘違いしました???

胴月高校の元校長先生 と言う事だったのでしょうか???

いずれにしても、余計なコメントをしてしまいましたm(_ _)m
心より深く深くお詫び申し上げます。

父は、本質的に頑固で観察力と洞察力と男義があり単純で怖いもの無しで、ついつい世話を焼いてしまうウォルトの様であり…

みんなに好かれ、写経や園芸や料理や日曜大工や生き物の世話をするのが好きで基本的には一人が好きなのに、社交的で人には、いつも笑顔を絶やさない部分もウォルトとは違った形の男義ですが…内面的には全く同じなんですよ(^w^)

しか~し!嫌いな人には、徹底的にウォルトそのもの(-"-;)
だから…
『グラントリノ』は 後、少しで幕を閉じる父の肖像画的映画♪
生涯で一位の映画になるのは、私には当前なのです☆(^_^)v

悪しからずm(_ _)m



2010/05/28(Fri) 17:42 | URL  | ひろぼう #2ySkFsy6[ 編集]
Mozart Ave Verum Corpus
アヴェ・ヴェルム・コルプスは、
モーツァルトのほかに、フォーレやウィリアム・バードの
作曲によるものが有名だが、モーツァルトのそれは彼の
晩年の傑作とされている。

ろくろくのお葬式の時にかけて貰いたい曲のひとつに
勝手にノミネートしているが、自分の死んだ後の事など
まあ、どっちでもよいかとも思っている。

ともかくろくろくお気に入りの曲の一つです。

Ave verum corpus natum de Maria Virgine.
めでたし、乙女マリアより生まれ給いしまことのお体よ。
Vere passum immolatum in cruce pro homine:
人々のため犠牲となりて十字架上でまことの苦しみを受け、
cujus latus perforatum fluxit aqua et sanguine.
貫かれたその脇腹から血と水を流し給いし方よ。
Esto nobis praegustatum mortis in examine.
我らの臨終の試練をあらかじめ知らせ給え。
O Iesu dulcis, 優しきイエスよ。
O Iesu pie, 慈悲深きイエスよ。
O Iesu Fili Mariae. Amen.
マリアの子イエスよ。アーメン。


Mozart Ave Verum Corpus por Leonard Bernstein
http://www.youtube.com/watch?v=6KUDs8KJc_c&feature=related

Mozart, AVE VERUM CORPUS, Sopran + Orgel
http://www.youtube.com/watch?v=fy1WpsVPMkk&NR=1

W.A.Mozart, Ave verum corpus (KV 618)
http://www.youtube.com/watch?v=rSaV6HViW3w&feature=related


2010/05/28(Fri) 17:32 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
レディオヘッドの「ラスト・フラワーズ」
映画『告白』の主題歌は
Radiohead - Last Flowers なんだそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=WDdleGysNys&feature=related

ろくろくといたしましては、
モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」
ニ長調、K.618 あたりがよいのではないかと
思ったのですがいかがでしょう。

Ave Verum Corpus - Mozart
http://www.youtube.com/watch?v=G52Rs5CQfug&feature=fvst

2010/05/28(Fri) 15:41 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック