2010年04月28日 (水) | Edit |
J・クリシュナムルティ 中川吉晴訳「瞑 想」星雲社より(4)



瞑想は きびしい作業です

それには

もっとも高度な規律がもとめられます

ただし それは

順応することでも

模倣することでも

服従することでもありません


ao01


その規律は

たえまない気づきをとおしてうまれてくるものです

自分の外側でおこっていることだけでなく

内側でおこっていることにも

たえまなく気づいている ということです

だから瞑想は

世間から隔絶していく行為ではなく

日常の生活のなかでおこる活動です

日常の生活のなかでは

協調性と感受性と知性が必要とされます

ただしい生活をしっかり築いていないと

瞑想は ひとつの逃げ道になり

まったく価値のないものになってしまいます

ただしい生活とは

社会の道徳にしたがうことではありません

ねたみや 貪欲さや 権力の渇望などから

自由になることです

それらはすべて 憎しみをうみだします

しかし 意志のはたらきによって

それらから自由になれるのではありません

自分を知ることをとおして

それらに気づくことによって

自由になれるのです

自分がなにをしているのか 気づくことがなければ

瞑想は 感覚の昂揚をもたらすだけの

ほとんど意味のないものになってしまいます



次回につづく


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)
(1992/06)
J. クリシュナムルティ

商品詳細を見る



あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:哲学/倫理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
恥ずかしいとき
子供たちとの対話の「商品詳細を見る」をクリックす
ると7件のカスタマーレビューを見ることができます。
その最後のレビューの一部を次にコピペさせて頂きま
した。

ぼくが初めて読んだときから印象的で、
よく思い出す質疑応答のひとつがある。
ぼくは「恥ずかしいとき」、
今ぼくはどうだろうとよく思う。
ほとんど恥ずかしいですね(笑)。

Q. 恥ずかしさとは何でしょう。

君は知らない人に会う時、恥ずかしくはないですか。
この質問をした時、恥ずかしくはなかったですか。

もしも私のようにこの台に座って、ここで話をしなく
てはならなかったなら、恥ずかしくはないでしょうか。

美しい樹や優美な花、巣に止まっている鳥にふいに
出会うとき、恥ずかしくはないですか。
ちょっとぎこちなくなって、立ちつくしたくならない
ですか。

恥ずかしがるのは良いでしょう。 
しかし、私たちのほとんどにとって恥ずかしさは
自意識を意味しています。

そんな人物がいるとして、えらい人に会うときには、
自分を意識してしまいます。
「なんて彼は偉大なんだろう。こんなにも有名だ。
しかし、私は何でもない」と考えます。

それで恥ずかしくなりますが、それは自分を意識して
いるということなのです。

しかし、異なる恥ずかしさがあって、
それは本当は優しいということなのです。
それは自意識ではありません。

2010/04/29(Thu) 21:53 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
紹介の本の小さな文字の文
というのは「子供たちとの対話」のボディコピー
のつぎの言葉のことでしょうか。

考えてごらん

なぜ君たちはそんなに黙っているの?
なぜ私と話し合わないの?
どんなに下手でも、
自分の考えと感情を表現することは重要ですよ
なぜなら、それは君にとって
大きな意味を持つからです。

2010/04/29(Thu) 21:40 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
本気でない言葉は人には響かない
クリシュナムルティほど物事を真剣に考える人を
わたしは知りません。

彼の言葉には頭がさがるばかりです。

ときどきはこうして、
沢山の気持ちにふりまわされている
じぶんのこころを見つめるために
ここに戻ってきます。

2010/04/29(Thu) 21:28 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
隅から隅まで見ること!
このろくろくブログは宝探しににています。
うっかりしてみていると、大切なものを見逃してしまいます。たとえばこのテンプレートの一番下にカエルさんが右から左へぴょんぴょん跳ねているとか^^^^

今日も見逃すところでした。

それは紹介の本の小さな文字の文でした。

やまんばはこのブログを見ておられるもっとたくさんの方々のお話が聞きたいです。

群青色のガラスのような写真…みんないつでも壊れそうな心をもってけなげに生きている。そんな波紋が広がっていく・・・
2010/04/29(Thu) 06:37 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
気持ちの良い朝です。
目を覚まし本を読んでいたら、ヒノキの間から、いきなり右目に朝日が飛び込んできました。

おはよう!って声が聞こえるようでした。


「自分を知ることをとおして 自由になれる」

この言葉が一番印象に残りました。


2010/04/29(Thu) 06:17 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/28(Wed) 22:47 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック