2010年03月16日 (火) | Edit |
ろくろくマイブームのアーユルベーダ健康法の続き
です。今回も蓮村誠著「毒を出す生活 ためる生活」
から興味深いところをピックアップしてご紹介した
いと思います。

■スタミナ食は、疲れを倍増する!?(40頁~)

「疲れやすいので、食べてスタミナをつけよう」
というのは、危険な考え。

疲れやすさは、栄養が足りないせいではなく、
アーマ(未消化物=毒素のこと)がたまっているから。
アグニ(消化力)が追いついていない証拠でもあります。

そんなときに、コッテリ、ズッシリした食事を摂った
らアーマをますます増やしてしまいます。


毒を出す生活 ためる生活毒を出す生活 ためる生活
(2009/07/24)
蓮村 誠

商品詳細を見る
本書で扱っている知識は、アーユルヴェーダと呼ばれる、インドで数千年以上前から伝承されてきた医学に基づいています。とくに、本書で扱うアーユルヴェーダは、最新の物理学や神経科学の視点で検証し、再編再統合したいわば最古で最新の健康法であり、通常「マハリシアーユルヴェーダ」と呼ばれています。



大切なのは、アグニとアーマの手当て。

「消化の負担の少ない軽いメニューを選ぶ」
「温かいものを食べる」
「お白湯やショウガを摂る」

などのシンプルな方法で、弱ったアグニを上げて
いくことができます。また、たまってしまったアーマ
も適切な食事の摂り方をすることで、ちゃんと取り除
いていくことができます。


■「食後3時間は食べない」が基本

アーマをためないためには、食事を摂ったあとに、
消化のプロセスを邪魔しないように注意すること
も、大切なポイント。

それには、「食後3時間は何も食べない」。

いったん食事を摂ると、胃が働き始めます。
そして、消化のプロセスが、ひとつひとつ順番に
進んでいきます。これが終わって胃がカラッポに
なるのに、だいたい3時間かかるのです。

その途中、まだお腹に食べ物が入っている段階で次の
食事を摂ってしまうと、あとから食べたぶんはアーマ
になってしまいます。

これは、洗濯機を思い浮かべると、わかりやすいかも
しれません。洗濯機は、洗濯⇒すすぎ⇒脱水⇒乾燥と、
決まった順で作業を進めていきます。ところが脱水を
しているところに、また新しく汚れものを入れたらど
うなるでしょう?

あとから入れた洗濯物は、もちろん汚れたまま、先に
洗濯をしていたものも、途中から入れられた汚れもの
のせいで、完全にきれいになることができません。

そんなことにならないように、原則として、食事は
お腹がカラッポになってから。食事のあとの3時間は、
白湯などの温かい飲みもの以外何も口にしません。

そして、次の食事の前にはお白湯を飲んで、お腹の中
をきれいにすると同時に温め、アグニを上げておくと
GOODです。


●ここに気をつけて!

疲れやすいとき、タップリと量のある食事や焼き肉、
ウナギ、とんかつなどのいわゆるスタミナ食はタブー。
食間を3時間あけることもポイント。3時間あければ、
おやつを食べてもOKです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
3時のおやつ
昼の12時にごはんを食べると
3時間後は調度3時のおやつの時間になります。
その3時間後はぴったしの夕食の時間です。

でも朝10時のおやつはダメです。
12時までに2時間しかありませんからね~

朝10時におやつを食べたら、昼食は13時にしましょう。
そして午後のおやつは1時間後の4時に。
夕食は7時すぎにしましょう。




2010/03/16(Tue) 19:56 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
おやつ
食事のあと三時間は何も食べない・・・・・・やまんばはかならずおやつを食べて
 
います。三時間も何も食べないことは余りありません^^

できるかなあ・・・・・でも理屈が通っていますね^^^。おなかも常におそうじしてあげないといけないのですね。ちょっと試してみましょう。


2010/03/16(Tue) 08:08 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック